安心な老後を★あなたの不安は本当にお金の問題?3000万円預貯金残高があれば大丈夫!?40代以降のあなたと高齢ご家族の老後(=未来)を安心へ転換する3つの鍵【~2018.8】


♠♠お知らせ♠♠2018.8~「老後安心倶楽部」でupdateします


人生折り返し地点以降、未来(=老後)の不安の正体は?。。。

老後/未来に不安感じるのは、
あなたが自分の不安の正体見破っていないからです。

でも、大丈夫!あなたの不安は、あなたが一番解決できるはずなんです。
不安の正体を見破って安心に変換する鍵は、


♣鍵1.「実生活の安心」
♣鍵2.「気力を支える身体の健康」
♣鍵3.「心・マインド・思考の健康」
の3つ、です。

 

以下、安心老後を叶える3つの鍵
を順番に網羅していきます。

気になる箇所を読んでいけば、
不安迷路から抜け出すヒントが見つかります☆


そうは言ってもやっぱり、老後資金が気になる・・・方は、
まずこちらの♣鍵(老後資金)からどうぞ

【♦項目別MENU-画像をクリックすると該当テーマにジャンプします♦】


%e8%80%81%e5%be%8c%e8%b3%87%e9%87%91

%e4%bb%8b%e8%ad%b7

%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87

%e7%9b%b8%e7%b6%9a


%e4%bf%9d%e9%99%ba

%e4%bf%a1%e8%a8%97

%e7%94%9f%e6%b4%bb%e8%a8%ad%e8%a8%88

%e5%81%a5%e5%ba%b7


%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%83%ad

%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af

 


目次(クリックするとup済み記事に飛びます)

1.老後、高齢者の実生活の安心
1-1.老後、高齢者とお金
1-1-1.老後資金
1-1-1-1.老後資金の必要額は?3000万円の怪?
1-1-1-2.老後資金シミュレーション
1-1-1-3.夫婦の老後資金
1-1-1-4.お一人さまの老後資金
♥1-1-1-5.3人さま~(夫婦+成人子供)の老後資金
1-1-1-6.脱!老後〔難民・破綻・貧乏〕・貧困女子
1-1-1-7.老後資金の不足を補う方法
1-1-2.老後、高齢者と現金、預貯金
1-1-2-1.マイナス金利
1-1-2-2.複利のマジック
1-1-2-3.簡易相続手続
1-1-3.確定拠出年金(老後資金の一原資)
1-1-4.老後の現物・信用取引の各株式
1-1-5.投資信託
1-1-6.各種ローン
1-1-7.年金(老後資金のメイン原資)
1-1-7-1.公的年金とは
1-1-7-2.国民基礎年金
1-1-7-3.厚生年金
1-1-7-4.障害年金
1-1-7-5.遺族年金
1-1-7-6.私的年金
1-2.介護(老後、高齢者の生活を助ける)
1-2-1.老後、高齢者の介護と健康保険
1-2-1-1.介護保険認定
1-2-1-2.介護保険料
1-2-1-3.健康保険料
1-2-1-4.介護休暇
1-2-1-5.介護保険料の改正
1-2-1-6.予防給付の改正
♥1-2-1-7.介護・健康保険の自己負担費用が高いとき
1-2-1-7-1.高額療養費制度
1-2-1-7-2.高額介護サービス費用制度
1-2-1-7-3.社会保障費圧縮策
1-2-2.住宅改修(老後、高齢者の生活を助ける)
1-2-2-1.住宅改修総論
1-2-2-2.住宅改修の値段の相場
1-2-2-3.住宅改修時の要注意事項tips(youtube有)
1-2-2-4.住宅改修の改正
1-2-3.福祉用具(老後、高齢者の介護を助ける)
1-2-3-1.福祉用具とは
1-2-1-2.福祉用具の改正
1-2-4.疾患別の福祉住環境
1-2-4-1.脳血管障害(麻痺が残った場合)
1-2-4-2.アルツハイマー型認知症
1-2-4-3.パーキンソン病
1-3.認知症(老後、高齢者の悩みところ)
1-3-1.認知症一般
1-3-1-1.認知症とは
1-3-1-1-1.アルツハイマー型認知症
1-3-1-1-2.脳血管型認知症
1-3-1-1-3.レビー小体型認知症
1-3-1-1-4.前頭側頭型認知症
1-3-1-2.スマホで認知症チェック?他
1-3-1-3.認知症サポーター
1-3-1-4.認知症カフェ
1-3-1-5.認知症の徘徊対策
1-3-2.成年後見(判断能力補完)
1-3-3.保佐(判断能力補完)
1-3-4.補助(判断能力補完)
1-3-5.任意後見 (老後、高齢者の自己決定権尊重)
1-3-6.財産管理契約
1-4.老後、高齢者には欠かせない知識、相続
1-4-1.法定相続人とは
1-4-1-1.ケースバイケース法定相続人
1-4-1-2.戸籍謄本等(法定相続人把握)の入手
1-4-1-3.同時死亡の推定とは
1-4-1-4.争続にしないために
1-4-1-5.相続関係の民法改正、判例変更
1-4-2.準確定申告
1-4-3.遺産分割
1-4-3-1.遺産分割協議
1-4-3-2.遺産分割調停
1-4-3-3.遺産分割審判
1-4-4.相続放棄・限定承認
1-4-5.相続、気をつけたい落とし穴(youtube有)
1-4-6.相続税
1-4-7.相続財産管理人
1-4-8.不在者財産管理人
1-4-8-1.不在者とは
1-4-8-2.失踪宣告
1-4-9.贈与(老後、高齢者のお金の循環)
1-4-9-1.贈与総論
1-4-9-2.死因贈与契約
1-4-9-3.遺贈
1-5.遺言(老後、高齢者の想いを遺す)
1-5-1.エンディングノート
1-5-1-1.いわゆるエンディングノート
1-5-1-2.処理一覧表作成のススメ
1-5-2.公正証書遺言
1-5-3.自筆証書遺言
1-5-4.秘密証書遺言
1-5-5.死亡の危急に迫った者の遺言
1-5-6.遺言信託/遺言代用信託
1-5-7.老後、高齢者の終活ナウ
1-6.老後、高齢者と生命保険(個人向け)
1-6-1.死亡保障
1-6-2.入院・通院保障
1-6-3.老後の貯蓄保障
1-6-4.家計圧迫保険料を下げる(youtube有)
1-6-5.認知症治療保険
1-6-6.相続対策としての生命保険
1-6-7.老後、高齢者と保険の課税関係
1-7.老後、高齢者と損害保険(個人向け)
1-7-1-1.自動車保険
1-7-1-2.高齢者と交通事故
1-7-2.住まいの保険
1-7-2-1.火災保険
1-7-2-2.地震保険
1-7-3.傷害保険
1-7-3-1.自分や家族のため
1-7-3-2.他人に加えた損害のため
1-7-4.旅行・レジャーの保険
1-8.老後、高齢者と少額短期保険
1-9.信託(老後、高齢者の想いを活かす)
1-9-1.高齢者と信託
1-9-2.家族信託
1-9-3.ペット信託
1-10.老後、高齢者の生活設計
1-10-1.ライフプラン
1-10-2.住宅ローン
1-10-3.特定空き家 (老後、高齢者の遺したもの)
1-10-4.高齢者になった後の住まい
1-10-5.老後の生き様-没イチ・卒婚
1-11.突然の災害等に使える制度
1-12.葬儀サービストラブル
1-13.老後、高齢者の生活マメ知識
1-13-1.冠婚葬祭
1-13-2.各種法事

2.老後、高齢者の気力を支える身体の健康

2-1.アロマテラピーの基礎
2-1-1.芳香浴
2-1-2.手作りアロマ
2-1-2-1.手作りできるもの
2-1-2-2.手作りにあたって気をつけたい点
2-2.アロマテラピーの応用
2-2-1.アロマボディトリートメント
2-2-2.アロマハンドトリートメント
♥2-2-3.老後、高齢者向けアロマ
2-2-3-1.認知症と嗅覚の関係
2-2-3-2.ブレインクリア精油
2-2-3-3.安眠にオススメ精油(youtube有)
2-3.老後、高齢者とサードメディスンチェック
2-3-1.サードメディスンとは?
2-3-2.サードメディスン4つのタイプ
2-3-2-1.右上タイプ(エレクトロンメンタル)
2-3-2-2.右下タイプ(プロトンフィジカル)
2-3-2-3.左上タイプ(エレクトロンフィジカル)
2-3-2-4.左下タイプ(プロトンメンタル)
2-3-2-5.サードメディスン実例
2-3-3.老後、高齢者のパートナー:ペットへの利用
2-4.サードメディスンチェックの応用
2-4-1.老後、高齢者の食事の工夫
2-4-2.老後、高齢者の行動の工夫
2-5.HOW TO 健康寿命 アップ!
2-5-1.なぜ、今「健康寿命」に注目なのか
2-5-2.フレイルとは
2-5-3.免疫力
2-5-4.肺非結核性抗酸菌症
2-6.高齢者とアレルギー
2-6-0.高齢者とアレルギー概論
2-6-1.高齢者の皮膚
2-6-2.大人アトピー
2-6-3.高齢者と花粉症
2-6-4.アトピーと誤解しやすい皮膚疾患
2-7.高齢者とストレス
2-8.シックライフの観点から健康を斬る

3.老後、高齢者の心・マインド・思考の健康
3-1.心と身体の関係
3-1-1.呼吸法
3-1-2.ヨガ
3-1-3.ストレッチ
3-1-4.人の幸せを決定づけるもの
3-1-5.ユマニチュード
♥3-1-5.高齢者カラダの使い方
3-2.心・マインド・思考のよい状態を作る〔定番編〕
3-2-1.瞑想
3-2-2.マインドフルネス
3-2-3.瞑想とマインドフルネス
3-3.心・マインド・思考のよい状態を作る〔番外編〕
3-3-1.クリアリング
3-3-2.ヒーリング
3-3-3.アクティベーション
3-3-4.MAP
3-3-5.レイキ
3-4.老後、高齢者とスピリアル
3-4-1.スピリアルとは
3-4-2.スピリアルコーチングとは

4.番外-弁護士費用と依頼時の注意点

◆お役立ちサイトへのリンク集◆

1.老後、高齢者の実生活の健康

◆1-1.老後、高齢者とお金

%e8%80%81%e5%be%8c%e8%b3%87%e9%87%91

◆◆1-1-1.老後資金

◆◆◆1-1-1-1.老後資金の3000万円必要は噓?

(1)そもそも「老後」とは?

そもそも「老後」っていつのことを指すのでしょうか?

現在、日本の統計調査では、
前期高齢者と後期高齢者に分けています。

・前期高齢者とは・・・65歳から74歳までの人
・後期高齢者とは・・・75歳以上の人

なので、老後=高齢者ではないのですが、
一応65歳以上を目処に
ここから先のお話を進めていきますね。

(2)老後資金と言うけれど・・・

そもそも、「資金」って聞くと
なんだか大きなプロジェクトとか立ち上げるお金
というイメージないですか?

「老後資金」って要は老後の生活費
(単純に生きていくためのお金+遊興費など)ってことなんです。

単純に生きていくためのお金としては、
家賃・食費・水道光熱費・日用品・医療費などが含まれますね。

遊興費は文字通り、旅行・趣味・外食費などに加えて
年齢を重ねると増えてくる冠婚葬祭費も生活費に含まれます。

(3)平均寿命?平均余命?健康寿命?

老後のことを語るときに、
上の3つの言葉ってよく出てくるのですが、
案外ごちゃごちゃしているかもしれません。

「平均寿命」とは

人が0歳の時点における平均余命のことです。

「平均余命」とは

その年齢の人が、平均してあと何年生きるかという統計値

「健康寿命」とは

健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のことです。
平均寿命との間は、男性で約9年、女性で約13年と言われています。

(4)老後資金3000万円の怪
ア)「老後資金として3000万円は用意すべし」

聞かれたことがある方多いかもしれないですね。
この根拠って何だかご存知ですか?

この数字、実は最低ラインの老後資金ではないんですね。

60代以上の夫婦2人の世帯の支出の平均は24万円程度です。
この数字の内訳は次のとおりです(1000円未満は四捨五入)。

内訳:食費62000円、住居18000円、水道光熱20000円、
家具・家事用具9000円、被服7000円、保険医療15000円、
交通・通信27000円、娯楽26000円、
交際費30000円、その他15000円

ここをクリック:総務省統計局 平成27年標準生活費データ速報値

皆さんの生活と比較して、どうお感じになるでしょうか?

まず、住居費の低さが目立ちますよね。
今シニア世代と言われる方のデータですから、
持ち家の比率が多いんですよね。

ということは、賃貸で暮らし続ける場合には、
18000円との差額を上乗せするか、他の部分を削る必要が出てきます。

一方、水道光熱費は高いと感じませんか?
これは、引退すると自宅で過ごす時間が増えるからですね。

また、思ったよりも被服費が少ないと感じました。
お洒落大好き奥様だとこの数字は軽くオーバーしますよね。

一方収入については、月あたり17~18万円が平均なので、
支出との間が7万円ぐらい不足します。
年間にすれば84万円ですね。

女性の平均寿命は今約87歳だから、65歳からカウントして
22年分は、84万円×22年=1848万円です。
あれ?3000万円じゃないんだ?

そうなんです。
最低ラインって各世帯、家族関係、年金といった収入額、
支出の平均値、健康状態などによって大きく異なるのです。

イ)では、なぜ「老後資金として3000万円」

と言われているかですが、統計から割り出した
このぐらいあれば、まずなんとかなるだろうという数字です。

受け取る年金が思っていたよりも少ない場合、
医療や介護にお金がかかることを想定される場合、
子供や孫に一定の小遣いを渡したいという高齢者の心理、
自分たちも旅行や趣味に一定のお金を使いたいという要望・・・

こうした最低ラインに加え、生活の質を踏まえた数字なんですね。

ウ)この老後資金の余剰資金的な部分は

潤沢に使おうと思ったら際限がないわけです。

確かに、生命保険文化センターの調査では、
ゆとりある老後生活費の平均金額は、月35.4万円となっています。

ここをクリック:平成25年度「生活保障に関する調査」

このゆとりある生活費用と前述の平均収入17万円の
不足額が22年間であれば幾らになるか計算すると
(35.4万円-17万円)×12ヶ月×22年4857.6万円
なんと4900万円ぐらいになります。

しかも、この数字は物価上昇も考慮には入れていませんから、
3000万円でも足らない!というような事態は
確かに起こりうるわけです。

このような分析から、
「老後の資金には1億円必要だ!」と主張する人もいます。

年金として受給できる金額を考慮せず、
現役時代と同じような出費の暮らしをしたくて、
物価上昇にも完全対応となれば、
確かにそのぐらいないと不安かもしれないですね。

でも、実際には一応年金がありますし、
一定額の貯蓄、勤務形態によっては退職金、
さらには親から財産を受け継ぐ、
という形で不足部分が補えることも多いです。

貯蓄は●円あるけど、退職金がない、とか、
退職金はそこそこもらえそうだけど、
親からの財産は期待できないなど、

ご自身の状況で不足部分を補えるものはあるか、
もし補ってくれるとすれば、大まかな金額は幾らか?
こうした数字を把握することが大切です。

エ)重要なのは、やっぱり現状把握!

このサイトでも簡単なエクセル表を
ダウンロードできるようにしていますので、
とりあえずざっくり今の生活費っていくらなの?
という把握からしてみましょう。

そして、年齢を重ねると医療費、
場合によっては介護費がかさむことも事実です。

今の現状から数字を増やしたり減らしたりしてみて、
自分の生活として現実的な数字の限界はどこか?
などシミュレーションで体感してみるのがオススメです。

オ)老後の生活資金が黄色信号点滅なのは

賃貸にすんでいて家賃が高額な世帯、
住宅ローンを定年後に何年も残っている世帯、

さらに、お子さんの教育に熱心なあまり
高額な教育ローンを組んでいる世帯、

転職が多く時に非正規雇用で年金額が不十分な世帯、
40代とか50代で結婚してまだお子さんが小さい世帯、
宵越しの金は持たないという江戸っ子な方、などです。

カ)老後資金については、日本FP協会のサイト

とっても簡単にぽちぽちしていくだけで
ライフプランの診断が出来ます。

ここをクリック:日本FP協会の自分で出来るライフプラン診断

また、本格的に家計診断する!の方にはこちら。
同協会で家計の収支確認表、家計のバランスシート、
ライフイベント表、家計のキャッシュフロー表などを
自分で作成できるエクセルシートも
ダウンロードできるようになっています。

ここをクリック:日本FP協会のダウンロードサイト

ただ・・・やれ物価の変動率を考慮してみましょうとか、
住宅ローンの借り換えも考慮してみましょうとか、
子供が●歳になった時、妻がパートを再開するとどうなるかとか、

子供の学校が公立・私立の両方のパターンを知りたいとか、
金融商品の運用成績をいくつかのパターンで試したい、など

様々なシミュレーションを絡めていくと複雑になっていくので、
作成途中で挫折する可能性も・・・。

そんなときには、FPの力を借りて
現状把握と老後資金計画を立てていくのもひとつの手です。

ここをクリック:日本FP協会/CFPの検索サイトはこちら

◆◆◆1-1-1-2.老後資金シミュレーション

(1)孫子の兵法

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」

まずは、一般的な家計の数字をチェックして、
その数字と自分の家計を比べてみましょう。
2人以上世帯の家計(2016_7速報)
%e5%ae%b6%e8%a8%88%e8%a1%a8%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%8d%e3%81%ab%e6%95%b0%e5%80%a4%e3%82%92%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
ここをクリック:★エクセルシートダウンロードできます
(↑ご自分の家計が入力できる
簡単なエクセルシートがダウンロードできます)

(2)老後資金シミュレーションができる各種サイト
ア)JAバンクのサイト

ここをクリック:JAバンクのシミュレーションサイト

ここでは、夫婦二人世帯の老後資金のシミュレーションができます。

他にも同じサイトで、住宅ローン、マイカーローン、積み立て計画
運用計画の各シミュレーションができるようになっています。

イ)OCNマネーのサイト

ここをクリック:OCNマネーのシミュレーションサイト

このサイトでは、夫婦二人世帯の老後貯蓄理想額の
シミュレーションができます。

他にもこのサイトでは、キャッシング返済、住宅ローン返済、
運用計画、積み立て計画、
住宅ローン借り換え、公的年金受給額の
各シミュレーションができるようになっています。

◆◆◆1-1-1-3.夫婦の老後資金

(1)夫婦の老後資金-基本

1000万円~2400万円の資金を持っていれば一応OKかと。

その理由は・・・
60代以上の夫婦2人の世帯の
支出の平均は24万円程度でしたから、
夫婦とも比較的年代が近い場合、
前期高齢者(=65歳)になってから
約20年分の老後資金は必要ということになりますよね。

ご夫婦の年金額次第で不足額は大きく異なるわけですが、
厚生年金をもらえるご夫婦であれば、
年金-最低生活費=不足額4~10万円
に収まる人が多いと思います。

不足額の20年分を用意しておけば、一応生活は可能。
そういうカラクリです。

(2)夫婦の老後資金-問題点

3600万円~5000万円用意した方が安全です。

その理由は・・・
じいじ/ばあばと慕われて出費がかさむ可能性が高い
という幸せな問題点があるからです。

お子さんのいないご夫婦であれば関係ないですが、
通常お子さんを1~3人
もうけられている可能性が高いですよね。

しかも、ご夫婦が晩年まで寄り添ってあるわけで、
素敵モデルがいるということで、
そのお子さんも既婚者
お子さんがいる可能性も極めて高い。

そうなりますと、お孫さんも1人ではなく、
2~4,5人という可能性も高まります。

入学祝い、発表会、コンクール、スポーツetc…
お孫さんが活躍すればするほど何かと物入りな可能性も。

また、家族で集まるという機会も多いでしょうし、
自分達も夫婦で出かけたりしたい・・・
となると、ゆとりのある生活費=35.4万円/月額
ほしいですね(というより使ってしまう?)。

ゆとりのある生活費と年金の差額は
月額15万円~21万円程度になってしまうことも。

それの20年分を用意しておくと、
お孫さんの活躍もドンとこい、というわけです。

ただ、ここには自分達の有料老人ホーム入居費とか
含まれていませんのでご注意を。

◆◆◆1-1-1-4.お一人さまの老後資金

(1)単独世帯、構成メンバーに高齢者がいる世帯の上昇

実は、単独世帯ってどんどん増えています。
平成26年7月現在で全体の26.8パーセントで、
全体の4分の1以上を占めています

ここをクリック:厚生労働省 平成27年国民生活基礎調査の概況

そして、65歳以上の人(=高齢者)がいる世帯は、
全世帯の47.1パーセントというのですから、
2つの世帯に1つは
高齢者がメンバーに含まれる、ということになります。

2016.10.27の報道で、2015年の国勢調査の
確定値が報道されていました。

75歳以上の人は、総人口で比較すると、
8人に1人の割合になっています。
初めて、14歳以下の子供の数を上回ったんですね。

さらに、単独世帯がどんどん増えていて、
男女65歳以上の6人に一人がひとり暮らしなんですね。

今後は、さらにお一人さまに向けた
情報提供も重視したいと考えています。

(2)お一人さま-男性編

  • ア)いつまでサラリーマンができるか

    起業している人以外は、
    シニア世代以降の収入を得る方法が気になるところです。

    高年齢者等の雇用の安定等に関する法律
    (以下「高年齢者雇用安定法」)第8条によって、
    定年年齢は60歳を下回ることはできません。

    また、事業主には、高年齢者雇用安定法法律第8条で、
    65歳までの高年齢者雇用確保措置が義務付けられています。

    だから、もし65歳未満の定年制度を設けている場合、
    定年の引上げ/継続雇用制度の導入/定年制度の廃止
    のいずれかの措置を講ずることが求められています。

    勤めている会社が存続している限り、
    という限定つきになりますが、
    65歳までサラリーマンができる、というのが一般的です。

    イ)では、平均余命は何歳でしょうか。

    厚生労働省の平成26年の推計では19.26年なので、
    20年としてみましょう。
    ここをクリック:平成26年簡易生命表

    公的年金額とのにらみ合わせになりますが、
    何らかの形で
    20年分の生活費の不足分を補う必要があるわけです。

    シミュレーション表では、夫婦二人の金額が27.8万円でした。
    さすがに一人で暮らせば半分ですむというわけではないので、
    節約して6割、一般に7割程度(約19万円)でしょう。

    では、サラリーマンの場合、
    公的年金はいくらぐらいもらえるでしょうか。

    2015年のサラリーマンの平均年収が440万円ですから、
    その年収で38年間厚生年金加入していたとすれば、
    基礎年金と合わせてざっくり170万円程度
    ここをクリック:簡単に年金の試算ができます

    月あたり14万円程度となりました。
    そうなると、月々約5万円、年間60万円が不足する形になります。
    平均余命が20年ですからトータル1200万円です。

    最低ラインの生活はいやだ!ということであれば、
    貯蓄、それまでの投資の運用益、私的年金、
    定年退職後も何らかの収入を得る手段を設ける、
    親の相続でカバーする等の方法で、

    この1200万円をカバーしなければ、
    相当タイトな生活費となることが予測されます。

    これは物価の変動、インフレなどは考慮してませんから、
    そうした点も踏まえると単純に預貯金で備えるだけでいいのか?
    という話もありますが、それは別の箇所で検討いたしましょう。

    ウ)高齢者の男性の一人暮らしの場合

    お金の問題は何とか出来るかもしれないですね。
    むしろ、問題は身体と心の健康だと思います。

    まず、定年退職後は社食もなくなりますから
    栄養の偏りが心配です。

    高齢者の男性の料理教室が流行っているのも納得です。

    また、会社で行っていたようなコミュニケーションは
    激減するので、うつ病や認知症の危険が高まります。
    町内会、ボランティア、趣味など外に出る機会を
    増やしていただくことが重要です。

    このように、お金だけの問題ではなく、
    人生の後半をどう組み立てていくか、
    男女問わずお一人さまは特に問われていると思います。

    (3)お一人さま-女性編
    ア)お一人さまが高齢者女性であっても

    日常生活費の金額は男性お一人さまと
    劇的に変わるというものでもありません。

    お洒落や旅行にお金を使うのは女性の方ですが、
    お金のかかる趣味をお持ちなのは男性だったりします。

    少し古いデータですが、
    2014年の女性の平均年収は354万円です。

    この金額で前述の男性と同じ方法
    (国民年金40年、厚生年金38年)で計算すると、
    月当たりの年金額は13万円弱です。

    老後資金の計算では、
    女性の方が平均余命が長い点に注意が必要です。

    ここをクリック:平均余命の統計

    平成26年の簡易生命表で
    女性65歳の平均余命は24.18ですから、
    24年間の老後資金の準備は考えておく必要が出てきます。

    24年間をベースに考えてみますと、
    男性のところで計算した生活費19万円との差が6万円、

    もう少し切り詰めて5万円の差でも1400万円不足します。

    貯蓄/投資/私的年金/何らかの収入/親からの相続etc..で
    準備しておく必要があります。

    ただ、60歳以上の女性単身世帯の消費支出平均額は
    1カ月当たり約15万円という
    2014年の家計調査結果もあります。

    節約して年金との差を少なくする
    (月当り2~3万円の不足まで圧縮)ことも現実的な方策です。

    女性はどうしても男性よりも年収が低くなりがちですが、
    その低い中でもやりくりして貯蓄をすることも得意です。

    ここをクリック:総務省統計局の貯蓄額等の分析

    子育てによる教育費の支出がない点で
    お一人さまは必要額の最低ラインを貯めておく
    準備自体はできる可能性が高いですね。

    イ)高齢者の女性は健康寿命が短い

    という点に気をつけなければなりません。

    ここをクリック:厚生労働省の調査結果

    この調査結果からも明らかですが、
    女性の場合健康寿命が尽きる平均が74歳辺りです。

    ということは、その後の12年~15年間、
    何かしらの健康面の不具合を抱えて生きていくことになります。

    お一人さまの場合、
    近所に住む子供に買い物や病院への付き添い、
    入院の準備などを頼むということはできません。

    身体の調子が悪く自分で出来ないことが増えれば、
    人にお金を出して頼まなければなりません。

    また、一人で暮らしていますから、
    お一人さま男性編のところでも書いたように
    人との交流を自分で作り出していく必要もあります。

    お一人さま女性の場合、老後資金を余分に用意しておくこと、
    自分の健康寿命をしっかり伸ばしていくということ、

    既婚でお子さんがいる女性よりもさらに重要になります。

    また、女性は資金を貯める手段として、
    預貯金ベースが多い傾向にあるので、
    物価の変動、インフレなどに備えることも必要です。

    (4)お一人さまの身元引受人
    身元引受人とは

    入院とか入居する人と連帯して入院費、
    施設利用料等の支払い義務を負う人、
    また、何かあったときの身柄の引き取りを行い、
    死亡時には残置財産の撤去等も行う人のことです。

    身元引受団体と問題点

    この「身元引受人」が用意できないと、
    入院とか施設入所を断られることがあります。

    お一人さま、一人っ子の人は
    老後の身元引受人を用意できないこともしばしばです。

    そこで、身元引受団体と契約を結んで、
    身元引受人を用意するという方法があります。
    「身元引受 サービス」などで検索するとでてきます。

    株式会社形態のところ、NPO法人のところ、
    一般社団法人、一般財団法人、公益財団法人など、
    いろんな形態があります。
    全国で100以上の事業者があるとされています。

    ・日本ライフ協会の破綻
    身元引受サービスの中でも大手だった
    公益財団法人の「日本ライフ協会」が
    2016年3月に公益認定が取り消されて
    破綻が決定的となりました。

    2500人ほど会員がいたそうで、
    8億8000万円の預託金のうち
    2億7000万円ほど不足が生じていたといいます。
    ※預託金は、その団体に預けているお金のことで、
    年会費とか身元引受サービス料金に充当されます。

    公益財団法人という公益認定までされていれば、
    安心だと思うのが一般的な感覚です。
    でも、日本ライフ協会みたいなこともあります。

    パッケージサービス(身元引受+死後の処理+α)などで
    高額な預託金となっている団体と契約する場合、
    預託金の管理がどうなっているのか?について確認する、
    ぐらいしか対処できないのが現状です。

    他の解決策は?

    身元引受を専門にしている団体で不安が残る場合、
    任意後見制度を利用するという手もあります。

    任意後見とは・・・こちらをクリック
    施設や病院が身元引受人を要求するのは、
    何かあったときに残務を処理してくれる人がいないこと、
    費用の滞納について対応する人がいないこと、
    これを心配するからです。

    そこで、任意後見制度を利用していれば、
    いざというときに言っていく先があるということで、
    病院や施設が安心してくれることが多いです。

    また、事前に施設や病院に数か月分の費用を
    預けておくという方法とのあわせ技も考えられます。

    家族がいる場合は、家族に頼むことが多い任意後見ですが、
    身元引受の代役の視点からの任意後見制度利用なら
    専門職団体やNPO法人の利用が考えられます。

    専門職団体等の主なものはこちら↓

    ここをクリック:(公社)成年後見センター・リーガルサポート

    ここをクリック:(公社)権利擁護センター ぱあとなあ

    ここをクリック:任意後見に関するNPO法人検索結果

    ◆◆◆1-1-1-5.3人さま~(夫婦+成人子供)

    coming soon

    ◆◆◆1-1-1-6.脱! 老後難民/貧困女子

    (1)自助努力

    65歳になって、困りましたね~と言って出来ることは限られます。
    まずは、ここに記載した方法で、やれそうなことをやりましょう。

    老後資金の不足を補う方法

    (2)自助努力が尽きたとき

    高齢者になって、高齢者になるまでの間、
    自助努力が尽きることだって、どんな人にもありうるのです。

    そんなときは、まず生きることを考えましょう。
    セーフティネットとしての「生活保護制度」
    これを利用すべきです。
    私たちには生存権というのが憲法で保障されています。

    生存権というのは

    健康で文化的な最低限度の生活を営む権利です。

    生活保護制度とは

    対象者が持っている資産や労働者として収入を得る能力
    扶養義務者※からの扶養の見込みの程度、他に利用できる制度、
    こういうのをまずは使いましょう、が基本です。

    上記のいろんな方法を全部使っても、
    国が定める保護基準(最低生活費)に達しない場合に、
    困窮の状態に応じて必要な保護を行う
    というのが生活保護制度です。

    扶助の種類としては、生活扶助、住宅扶助、教育扶助、
    医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助、
    というのがあります。

    対象者の人に足らない部分を支給するので、
    上の全部をいつも支給されるわけではありません。

    生活扶助金額の算定表はこちらで計算できます。

    ここをクリック:生活扶助額の算出方法(2016年度)

    生活保護制度についてかなり詳しく解説されています。

    ここをクリック: NPO法人自立生活サポートセンター・もやい

    ※扶養義務者とは・・・
    民法877条1項所定の範囲の人で、配偶者、兄弟姉妹、
    父母・祖父母といった直系尊属、子・孫といった直系卑属という
    絶対的扶養義務者と、それ以外の三親等内の親族という
    相対的扶養義務者という概念があります。

    生活保護の申請先など

    生活保護の場合、相談先が福祉事務所というところになります。
    「生活保護担当」というところで相談をします。

    全国の福祉事務所が探せるサイトをリンクしておきます。

    ここをクリック:福祉事務所一覧

    申請書はもちろん福祉事務所にあるわけですが、
    まずは自分でやれるとこまで頑張ってください、とか
    親御さん、御兄弟に頼ってください、とかって
    申請書をくれないことも無きにしもあらず。
    ということで、申請書がダウンロードできるサイトをご紹介。

    ここをクリック:申請書by NPO法人自立生活サポートセンター・もやい

    申請書を作って持参しても「水際作戦」ということで、
    申請書の受け取りをやんわり?断られることもあります。
    (この申請書じゃぁ、通りませんよ・・・とかね)

    そのため、一人で行かないというのも非常に有効な手法です。
    NPO法人でも申請に同行するサポートをしているところがあります。

    ここをクリック:NPO法人自立生活サポートセンター・もやいの相談

    ここをクリック:NPO法人posseの生活相談窓口

    また、法テラス(ここにリンクしています)の相談で
    弁護士の窓口同行という支援を受けることも考えられます。

    ここをクリック:法テラスの生活保護相談のサイト

    ◆◆◆1-1-1-7.老後資金の不足を補う方法


    さて、皆さんは、老後資金がどの程度不足しそうな
    シミュレーションになったでしょうか?
    いくつか不足を補う方法を紹介していきますね。

    (1)高齢者(65歳)突入前
    ア)老後資金としての預貯金

    とりあえず枝豆・・・ではなく、預貯金。
    これが一番簡単ですね。

    ただ、貯め癖がついている方はいいのですが、
    「お給料もらった分だけ全部使っちゃう!」
    ということをもう何年も続けているという場合、
    まず貯めるという癖をつけることから
    スタートする必要がありますよね。

    勤務先が給与天引きによる「社内預金」とか
    「財形貯蓄」とかっていう制度を設けてくれている場合は
    ラッキーですね、強制的に貯蓄ができます。

    でも、そんなの勤務先にないですもん!の場合

    給与が振り込まれる金融機関で、
    給与が振り込まれる日に合わせて
    「自動振替サービス」を利用し、
    定期預金(定期積金、オート定期など)を行っていく
    というのがオススメです。

    イ)老後資金としての国債や金の積み立て

    国債といえば、「個人向け国債」が
    一番なじみの金融商品かもしれないです。

    他にも「利付国債(2年)」や
    「長期国債金利が固定の利付国債(10年)」、
    一定期間、一定の条件で募集を行う
    「新型窓口販売方式」の国債などもあります。

    募集期間というのがありますから、
    いつでも思い立ったら購入できるとか、
    貯められるというようなものではない点に注意が必要です。

    個人向け国債には、
    変動10年、固定5年、固定3年と3パターンあります。

    ここをクリック:財務省の個人向け国債のサイト

    「有事の金」と呼ばれるように、
    世界情勢に何か大きな変動があったときに力を発揮するのが金です。

    ただ、金は、これ単体で老後資金を貯める
    という性質のものではなく、
    株も投資信託も貨幣価値も下がった・・・というときに
    心強い切り札的な存在です。

    純金積立てをするなら、証券会社で消費寄託の形態で行うか、
    貴金属取扱い会社で特定保管の形態で行うか、
    大別するとこの2つの方法があります。

    消費寄託で行う場合、
    取扱会社が運用して利益が出れば運用益をもらえますが、
    倒産したときに金が引き出せないリスクがあります。

    一方、特定保管の場合には、購入手数料が割高ですし、
    運用益というのは発生しません。

    ただ、特定保険ですと、取扱会社が倒産しても金はそのまま
    積立てを行っている人に戻ってくるというメリットがあります。

    ウ)老後資金としての株や投資信託といった投資

    ・現行NISA
    平成26年1月からスタートしたNISA(ニーサ)を
    使っている方も多いのではないでしょうか?

    当初年間100万円まで利用できるとして開始しましたが、
    今は年間120万円になっています。

    NISAの魅力は、配当や譲渡益が出ても課税されないという点です。

    政府も自助努力を推進していますので、
    恒久的な制度になる可能性が高いと思っています。

    ただ、NISAにも問題がありまして、損が出ても、
    NISA以外で持っている株や投資信託の利益との
    損益通算ができないし、
    損失の繰越控除もできないということ。

    老後資金のために行う投資なのですから、
    NISAのもつマイナスをうまく回避できるような商品選びが重要ですね。

    その他、65歳までかなり時間に余裕があって、
    資金にも余裕があるのであれば、信用取引も含めたところで
    NISA以外の株や投資信託の運用を行うというのもアリです。

    ・積立NISA
    現行NISAは、税金がかからない期間5年であるのに対し、
    積立NISAでは20年と4倍に伸ばされます。

    もともと20年ぐらいのスパンがないと
    長期投資とは呼べないですしね。

    当初60万円と予定されていましたが、年間40年円と決まりました。
    開始は、2018年1月からです。

    現行NISAとの選択制で、20年間売却益や
    配当に対する税金がかかりません。

    対象商品が積み立てに向く投資信託だけでなので、
    株式とかリートで運用して非課税メリットを享受したい場合は
    現行NISAの方を使うことになります。

    エ)個人年金などの私的年金

    実は、私的年金といっても実は種類が豊富です。

    ・国民年金基金
    ・厚生年金基金
    ・確定給付企業年金
    ・個人年金保険
    ・確定拠出年金(オ)からリンクジャンプします)

    に大別されます。

    (a)まず、国民年金基金とは、老齢基礎年金に上乗せする年金です。
    自営業の人などに関係してきます。

    掛金の上限は、月額6万8000円です
    (個人型確定拠出年金と合わせてこの額になります)。

    ここをクリック:国民年金基金公式サイト

    (b)厚生年金基金とは、特別法人である基金が
    老齢厚生年金の報酬比例部分の年金を代行して、
    それに加えて企業の実態に応じた
    独自の上乗せ給付を足した年金給付が行うという制度です。

    加入者は2015年3月現在201万人ぐらいです。

    お勤め先が制度として導入していない限り
    自分でどうこうできる制度ではないのがネックです。

    ここをクリック:企業年金連合会のサイト

    (c)確定給付企業年金とは、
    お勤め先の会社独自の企業年金を受けられる制度で、
    現在日本でもっとも多く利用されている企業年金制度になります。

    2016年3月現在で795万人が加入しています。

    こちらも、お勤め先がお勤め先が
    制度として導入していない限り
    自分でどうこうできる制度ではないのがネックです。

    (d)個人年金とは、自分で保険料を積み立てることで、
    将来、年金を受け取れるという制度です。

    年金という名前になっていますが、
    一時金で受け取ることも可能です。

    年金として受け取る方法としても
    「終身」「確定」「有期」の3パターンがあります。

    これとは別で「夫婦年金」という
    一方が存命している間、というタイプもあります。

    「返戻率」、つまり払込み保険料総額に対して
    どれだけの年金が受け取れるかの割合ですが、
    これが高いものがお勧めです。

    2016年9月現在、よく検討対象とされているのは次の商品です。

    ここをクリック:「住友生命たのしみワンダフル」

    ここをクリック:「明治安田生命年金ひとすじ」

    ここをクリック:「明治安田生命年金かけはし」

    ここをクリック:「ソニー生命変額個人年金保険」

    ここをクリック:「アフラック個人年金保険」

    ここをクリック:「東京海上日動あんしん生命個人年金保険」

    オ)確定拠出年金(日本版401k)

    後述の4-1-3.確定拠出年金で詳述します。
    ここをクリック確定拠出年金についての説明

    カ)積み立てタイプの生命保険

    いわゆる「貯蓄型保険」です。

    老後資金の側面に加え生命保険も兼ねたい、
    ということであれば低解約返戻金型終身保険になります。

    生命保険を兼ねない場合は、前述の個人年金保険が
    所得税の控除が別途ありますし、ベターです。

    他にも、利率が高い外貨建保険や変額保険なども
    積み立てタイプの生命保険に含まれますが、
    マイナス金利の影響で、運用が悪化していて
    販売停止になっているものが多いです。

    キ)不動産賃貸収入(アパートや駐車場の経営)

    a) ワンルームマンションやアパート経営(一棟)の賃貸

    ワンルームやアパートを賃貸して
    その賃貸収入で老後資金を貯めるという方法です。

    【一棟経営】
    そういう物件を相続した、という場合以外は、
    そもそも一棟のアパートを建築・購入する原資がない、
    ローンでやろうとすると、空室を埋められず、
    ローンの返済が苦しい・・・ことも起こる可能性が。

    老後資金を貯めるつもりが、減ってしまう・・・
    という本末転倒は避けましょう。

    【ワンルーム】
    投資金額が安いので始めやすいです。
    他のメリットとして
    止めようと思ったとき、比較的流動性が高いので
    売却して手放すことも出来ます。

    また、1室とか2室なので、経営管理が楽です。

    デメリットとしては、
    投資金額が少ないためリターンも少ない、
    マンションなので、建物しか資産とならない、
    その1室ないし2室が空室になったとき
    次が見つからないと収入がゼロ、という点です。

    b)駐車場経営

    更地に駐車場を設営して、月極やコインパーキング収入で
    老後資金を貯めよう、という方法です。

    【メリット】
    ビルのような駐車場を建築しない限り、
    投資額が小さくて済みます。

    人が住むわけではありませんから、経営的な労力は小さいですし、
    止めようと思ったときに、
    撤退や転用も簡単にできる、という点があります。

    【デメリット】
    場所によっては、需要が減少して、
    利用者が少なくなる可能性も否定できません。
    (繁華街の駐車場は、
    飲酒運転の取締りで極端な減収が起こったなど)

    また、利用者間のトラブル(物損、人損)、
    修繕不備が原因の修理に関する損害賠償、
    浸水などの災害対策にも注意が必要です。

    (2)高齢者になってからの老後資金不足対策
    ア)公的年金と私的年金

    特に、公的年金は、老後資金の基本です。
    私的年金の重要性も上がる一方です。
    ここをクリック:私的年金についての説明

    【公的年金の変更点】

    ・その1:老齢基礎年金の受給資格期間短縮
    受給資格期間が25年から10年へ
    短縮されることが閣議決定されました(2016/9/26)。

    平成29年(2017年)9月分の支給から変更です。

    (注意:10年かけてりゃそれでいいってことではなく、
    カラ期間とかも含めて25年最低必要なところ
    10年と短縮されただけで、10年なら
    相応に年金も低いのでご注意を!!)

    当初、消費税を10パーセントにアップするのと
    連動させる形でと計画されていたのですが、
    消費税10パーセントアップが平成31年10月まで
    再延期されたことから先行開始です。

    この改正の背景は、65歳以上の無年金者の約6割は
    保険料を納付した期間が10年未満という
    統計調査結果を受けたものです。

    〔2016.11.16続報〕
    9月26日に閣議決定されていた
    「改正年金機能強化法」が成立しました。

    改正年金機能強化法とは?

    年金を受給できない人を減らすべく、
    年金の受給に必要な保険料の納付期間を
    25年から10年に短縮する法律のことです。

    新たに約64万人が支給対象者となります。

    基礎年金額は、25年の納付期間があれば、
    月割りにして4万円程度なのですが、
    10年だと、1万6000円です。

    当然この金額だけで暮らすことは出来ませんが・・・

    今まで10年納付期間があっても、
    年金を受給できなかったことを考えると
    死亡するまで2か月に1回この金額が
    受給できるのはやっぱり大きいです。

    ただ、改正年金機能強化法が成立しても、
    なお無年金者が26万人残るとか。
    無年金問題の闇は深いということですね。

    ・その2:老齢年金生活者支援給付金

    老齢年金生活者支援給付金とは、
    一定の基準※を下回る所得しかない
    老齢基礎年金の受給者に、支給されるものです。

    この制度も、消費税10パーセントと連動です。

    基準額(月額5000円)×保険料納付月数/480、と
    老齢基礎年金の1/6相当の額(保険料免除期間に対応)
    を足した額です。

    ※一定の基準とは、
    住民税が家族全員非課税で、且つ
    前年の年金収入+その他の所得の合計額
    =老齢基礎年金満額以下、になります。

    ・その3:障害年金生活者/遺族年金生活者の支援給付金

    障害年金生活者支援給付金/遺族年金生活者支援給付金とは、
    一定の基準※※を下回る所得しかない
    障害基礎年金または遺族基礎年金の受給者に支給されます。

    支給額は、いずれも月額5000円
    (例外は、1級の障害基礎金受給者月額6250円)

    ※※扶養親族等の有無および数に応じて決められた金額ですす。

    イ) リバースモーゲージ

    リバースモーゲージとは、自宅を担保にして
    老後資金を借りることができるローン商品のことです。

    借りた人が生きている間は返済しなくていいのです。
    (利息が借り入れ残高に組み込まれるタイプと
    利息だけ毎月支払うタイプとあります。)

    死亡したときに自宅が売却されて「一括弁済」となります。

    自宅が失われるので、推定相続人の同意が必要です。
    (推定相続人とは、借りる人が
    今死亡したと仮定したら相続人になる人です)


    リバースモーゲージを提供している
    主な金融機関のリンクは次のとおりです。

    ここをクリック:東京スター銀行

    ここをクリック:みずほ銀行

    ここをクリック:三井住友銀行

    ここをクリック:三井住友銀行

    ここをクリック:三井住友信託銀行


    実は、社会福祉協議会も
    リバースモーゲージを行っています。
    「不動産担保型生活資金」という名称です。

    社会福祉協議会とは・・・
    社会福祉法に基づいて、各都道府県/市区町村で、
    地域住民、社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関の
    参加と協力によって、地域住民が安心して生活できる
    「福祉のまちづくり」の活動を行っている団体のことです。

    各県(指定都市)の社会福祉協議会はこちら

    ここをクリック:社協リンクサイト

    ウ)シルバー人材センター

    シルバー人材センターとは、高齢者が働くことを通じ、
    収入と生きがいを得て、さらに地域社会の活性化にも
    貢献することを目的とする組織です。

    ここをクリック:あなたの町のシルバーセンター検索

    時給は仕事によってバラバラですし、
    事務経費を徴収されるセンターもありますが、
    800円~1000円当たりにはなるお仕事が多いです。

    エ)ファミリーサポートセンター

    ファミリーサポートセンターとは、
    育児や介護の援助を受けたい人と行いたい人、
    それぞれ登録して助け合う会員組織です。

    (一財)女性労働協会という団体ですが、男性も登録できます。

    ここをクリック:サポートセンター検索サイト

    オ)海外ボランティア

    高齢者がこれまでのキャリアを活かして、
    海外でその能力を発揮するものです。

    主なものは以下のとおりです。

    ここをクリック: JICAシニア海外ボランティア

    ここをクリック:プロジェクトアブロード

    カ) 年金担保融資

    年金担保融資とは、年金を担保にして
    一定の金利で貸付融資を受けるものです。

    「独立行政法人福祉医療機構」というところだけが行えます。

    様々な問題点があること、
    社会福祉協議会の各種貸付制度も充実していることから、
    制度を廃止する方向性は決まっています。

    2016年度中に廃止時期が決まる予定です。

    2016年現在の融資スケジュール等はこちらです。
    ここをクリック:2016年度年金担保融資概要

    ◆◆1-1-2.老後、高齢者と現金、預貯金

    ◆◆◆1-1-2-1.マイナス金利

    金融機関が日銀にお金を預けると、
    利息をもらうんじゃなくて、利息分を払わにゃならんという
    なかなかにびっくりな政策です。

    日本銀行(日銀)とそれ以外の金融機関の間で行われる
    お金のやり取りについてのことです。

    で、そんなことなら日銀には預けんぞ!!
    消費者の方にお金を回す方がいいわ!!
    という気持ちに金融機関はなるはず。

    こうやって景気を刺激しようという政策です。

    今後は。。。。私達の利息の金利も下がったり(泣)、
    各種ローンの金利も下がるかもよ(喜)?

    ご自身が利用されている銀行からのお知らせ、
    ポイっと即時に捨てずに気をつけてくださいませね☆

    ローンの借り換えなんかも検討の余地があるかもです。
    実際、住宅ローンの固定金利が結構下がって
    使い勝手良くなっています。

    ◆◆◆1-1-2-2.複利のマジック

    複利のマジック、数字で見るのが一番です。
    皆さんがお手持ちの50万円を
    年間2パーセントで10年運用したとしましょう。

    毎年の利益1万円(税引前)をそのまま使った場合は
    10年間の儲けは1万円×10年の10万円ですが!

    もし複利で運用したらいくらでしょう?

    1.02×・・・×1.02(10回掛けますね)≒1.219
    50万円×0.219=10万9500円になりますね。
    なんと、1万円弱オトクです。

    これは、年数が経てば経つほど
    (もちろん利率いい/元金が大きいほど)、効果絶大なんですね。

    上の例で20年後だとその違いは
    20万円vs24万2974円になります~☆侮れませんですよ。

    ◆◆◆1-1-2-3.簡易相続手続

    (1)簡易相続手続とは

    少額な残金であれば、通常の相続手続きを踏まずとも
    代表相続人一人で被相続人(=亡くなった方)の
    預貯金を解約等して引き出せる制度です。

    (2)簡易相続手続でいう「少額な残金」は

    金融機関によって異なっていて、概ね20万~100万円です。

    ◆◆1-1-3.確定拠出年金(老後資金の一原資)

    (1)確定拠出年金の種類
    ・企業型年金
    ・個人型年金

    に大別されます。

    (2)企業型と個人型の主な共通事項
    (a)運用商品

    預貯金、公社債、投資信託、
    株式、信託、保険商品等様々です。

    (b)「運用指図」

    自分でやります。
    つまり、どの商品で運用するかを自分で決めなければいけません。

    (c)給付の形態

    老齢給付金、障害給付金、
    死亡一時金、脱退一時金に分けられます。

    メインの老齢給付金は、原則60歳到達した場合に
    受給することができます。

    ただ、拠出を開始した年齢が遅く、
    60歳時点で加入者期間が10年に満たない場合、
    支給開始年齢を引き伸ばすことになります。

    8年以上10年未満 ・・・61歳~開始
    6年以上8年未満 ・・・62歳~開始
    4年以上6年未満 ・・・63歳~開始
    2年以上~4年未満・・・64歳~開始
    1月以上~2年未満・・・65歳~開始

    (d)確定拠出年金の税制

    ・拠出する際:
    全額所得控除の対象となります
    →所得税と住民税を引き下げる効果があります。

    ・給付を受ける際:
    年金として受給する場合は「公的年金等控除」が、
    一時金で受給する場合には
    「退職所得控除」が適用されてお得です。

    ※公的年金等控除とは
    税法上、雑所得に計上される年金は、
    公的年金等控除の対象となります。

    65歳以上の人は最低120万円が
    65歳未満の人は最低70万円が
    公的年金等の収入金額から控除される、
    その仕組みのことです。
    ※退職所得控除とは
    退職金も所得税の対象となるのですが、
    お給料などとは異なる計算です。
    20年以下・・・
    40万円×勤続年数(80万円に満たない場合には、80万円)
    20年以上・・・
    800万円+70万円×(勤続年数-20年)
    を差し引けるという仕組みのことです。

    (3)企業型と個人型で異なる主な事項
    (a)企業型確定拠出年金は

    制度を採用している企業に勤務している人しか加入できません。

    (b)個人型確定拠出年金は
    個人型確定拠出年金の加入対象者拡大

    2017年1月から個人型確定拠出年金が拡大されるのは、次の方々です。

    ・専業主婦・主夫の方
    ・公務員の方
    ・企業年金に入っている人

    ここをクリック:大和証券の確定拠出年金解説サイト

    来年からの拡大に向けて、全国の証券会社で
    無料セミナーが盛んに行われています。

    課税においてお得な部分があり、追い風が吹いている制度です。

    投資信託のように金額の上下があるものが嫌なら
    定期預金も選択できます。
    絶対に加入しない!と決めつける前に、
    是非無料セミナーなどに足を運んでみて下さいね。

    あなたが新規加入対象者になるかはここでチェック!
    ここをクリック:新規加入対象者判定bySBI証券

    (c)掛け金を拠出

    するのは企業型の場合事業主ですが、
    個人型は自分で拠出することになります。

    (d)拠出限度額

    ・企業型・・・確定給付型年金がある・・・27500円/月
    ・確定給付型年金がない・・・55000円/月
    ・個人型・・・自営業者・・・68000円/月
    確定給付型年金のない
    国民年金第2号被保険者・・・23000円

    (4)所得控除の優遇が類似する制度・・・小規模企業共済

    確定拠出年金が所得控除の点でメリット大と書きましたが、
    これとは別枠で所得控除が受けられるのが
    「小規模企業共済」です。

    これは、国が作った経営者のための「退職金制度」です。

    従業員20人(サービス業などは原則5人)以下の個人事業主とか
    会社役員が加入できる制度です。

    掛け金の月額は1000円から7万円までの範囲で選べて、
    全額が所得控除となります。運用は確定利回りです。

    商工会議所や金融機関などで申し込みます。
    退職や事業を廃止したときなどに受け取るのですが、
    受け取り方法は
    「一時金」「年金」「2つの併用」の選択ができます。

    一時金であれば、退職所得控除、
    年金なら公的年金等控除の税制優遇がある、
    という点も確定拠出年金と似ています。

    ◆◆1-1-4.老後の現物・信用取引の各株式

    (1)現物株式
    ア)現物株式とは、

    証券取引所に上場している企業の株式を取引することです。

    イ)現物株式の魅力

    キャピタルゲインと呼ばれる「値上がり益」を得ること、
    インカムゲインと呼ばれる「配当」を得られること、
    株主優待を受けられること、があげられます。

    高齢者に限らず、自分がよく利用しているお店の
    株主優待を目当てにしている人も多いですよね。

    (2)信用取引での株式
    ア)信用取引での株式とは

    担保として預ける現金とか株式の
    約3.3倍の金額まで取引が出来ます。

    イ)信用取引の魅力

    少ない金額で大きな取引が出来ることから、
    レバレッジ効果がある、と言われます。

    また、現物では不可能な
    下げるだろうという相場で売りという
    下げると利益が得られる取引が可能になります。

    自分が持っている現物株式のリスクを
    ヘッジ(反対の取引をすること)もできます。

    (3)現物も信用取引も

    リスクは伴います。退職金を全部つぎ込んで
    老後資金を稼ぐぞ!なんてやるべきありません。

    振り込め詐欺・オレオレ詐欺・還付金系の詐欺も
    結局この心理を突かれていますからね。

    高齢者になると取引をできる残り年数が
    短く、挽回の機会が少ないですから、
    限定的な余剰資金で取引を行う必要があります。

    ◆◆1-1-5.投資信託

    Q:「投資信託って~基準価格が安い方がお得じゃない?」

    A:答えは、YES、ではございません。

    A投資信託・・・基準価格が8888円になっているので、
    今1万円分買ったら1.125口

    B投資信託・・・基準価格が11111円になっているので、
    今1万円分買ったら0.9口

    こんな2つの投信でどっちにする~ってなった場合、
    確かに、安い方がオトク、
    何だかそんな気がしますよね?

    !!注意!!実際そう謳って某金融機関で
    勧誘されたってな話もあります(汗)

    投資信託って、分配金が出ると基準価格が下がるんですが、
    (まぁ、分配金って、儲けを分けてもらうみたいな感じです)

    高齢の方に人気の「毎月分配型」の投資信託なんかだと
    毎月分配金出すから、基準価格ってすぐ下がっちゃうわけです。

    そうなると、販売する側が
    お得感を演出しやすかったりして、宣伝文句に使う。。。

    ですが!基準価格って、いつその投信が設定されたかで
    変わっちゃうものなので、お得度と関係なかったりします。

    いろんな投資信託で迷うとき、
    「安かろう、悪かろう」なことがあります。
    気をつけてください。

    Q:投資信託って分配金が多いってことは、
    儲けてるってことだから、成績がいいんでしょ?

    A:これも違うんですね。

    分配金って、実は、別にもうけから出さなくてもいいんですね~。

    「元本取り崩し」って奥の手があるんです。。。

    例えば、次のようなA投信とB投信があったとしましょう。
    A投信:分配金2000円 基準価格12000円→9000円
    B投信:分配金1000円 基準価格8000円→8000円

    A投信は、▲1000円の運用成績ってことなんですね
    (カラクリは、基準価格は9000円に下がってるので
    前の基準価格12000円との間で3000円の差が出てるのに、
    2000円しか分配されてないんです)

    でもB投信は、+1000円の運用成績ってことなんですね。
    (分配したのに基準価格はそのまま、でも分配金
    もらってるから+1000円ってことですね)

    金融機関で「オススメ♪」的に書かれているものを
    くれぐれも鵜呑みになさいませんように!

    ◆◆1-1-6.各種ローン

    おまとめローン便利ですよね?

    最近の消費者金融は。。。皆さんもご存知の、
    「払いすぎていませんか?取り戻せます!!」
    の過払い訴訟で力尽き、
    だいたい大手銀行の傘下に入っております。

    それはそれで別にビジネスだから、いいんですけど。

    御利用の銀行でもありませんか?
    「○×おまとめローン」的なサービス。

    これって便利は便利ですよね、利率も制限内だし。
    どこにいくらで、いつまでに支払わなきゃ!!
    もうワケ分かんなくなってきたー!
    あー、引落し分入れておくの忘れたー!
    なんて、イチイチ気をつけておかなくて済む。

    しかしですね、落とし穴もございます。

    どんな時に落とし穴か?というとですね。。。
    どんな利率が低くても、
    やっぱり支払いがきつくなっちゃうことってありますよね。

    そういうとき、抜本的なのは「自己破産」なんですけど、
    「個人再生」といって
    自分の借金のかなりの部分を割り引いた金額
    (軽く60%以上オフ)だけ支払うという
    自宅を守りたい人とか破産はNO!な方向け制度があります。

    「個人再生」は
    「給与所得者」と「小規模」の2つに大別されます。

    「給与所得者」は「給与所得者」を使えばいい。
    そうなんですが、独身で比較的給与が高い方、
    すっごい金額になるんです、

    「可処分所得」っていって
    弁済額を計算するときに算定する金額が。。。

    だから、「小規模」にしましょう、ということになりますが。
    「小規模」というタイプだと、
    債権者の同意ってのがいるんですね。

    ここで、例のおまとめローンが、ボディブローになる。
    ギリギリ額だと同意しないことがあるんです。

    同意を得ないと再生できないんで、本当だったら
    20パーセント弱の弁済でよかったのに、
    予想よりもしんどい弁済になってしまうってことも。

    ずっと支払っていけるから大丈夫!の場合はいいんですが、
    そうでない可能性が出てくる場合、気をつけたいところです。

    ◆◆1-1-7.年金(老後資金のメイン原資)

    ◆◆◆1-1-7-1.公的年金とは

    公的年金とは・・・国が行う年金で、
    戦後すぐは、「積立方式」でスタートしました。

    ただ、国民皆年金が導入された 1961 年(昭和36年)以降、
    政治的圧力により、
    現役世代が納めた保険料を原資として
    老齢年金受給世代に給付されるという
    「賦課方式」に移行しました。

    ◆◆◆1-1-7-2.国民基礎年金

    (1)国民基礎年金とは・・・

    日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の
    すべての人が加入する年金で(国民皆年金)、
    老齢・障害・死亡により
    「基礎年金」を受け取ることが出来ます。

    国民年金には、

    ・「第1号被保険者」
    ・「第2号被保険者」
    ・「第3号被保険者」

    と3種類があります。

    (2)第1号被保険者とは・・・

    次に説明する
    「第2号」でも「第3号」でもない人は
    全てここに分類されます。

    第1号被保険者独自の給付に、
    「付加年金」「寡婦年金」「死亡一時金」があります。

    付加年金とは・・・

    定額の年金保険料に付加保険料(月額400円)を
    プラスして納付すると、老齢基礎年金に
    付加年金が上乗せされるというものです。

    寡婦年金とは・・・

    第1号被保険者として
    夫が、年金保険料を25年以上納めた
    期間(免除期間を含む)があって、

    その人が亡くなった時に、
    10年以上継続して婚姻関係にあり、
    生計を維持されていた妻が
    60歳から65歳になるまでの間支給される年金のことです。

    死亡一時金とは・・・

    国民年金の第1号被保険者として
    年金保険料を納めた月数が36か月以上ある方が、
    老齢基礎年金・障害基礎年金を
    受け取ることなく亡くなったときは、

    その人と生計を同じくしていた遺族
    (配偶者→子→父母→孫→祖父母→兄弟姉妹
    の中で優先順位が高い人(左が優先順位が高い))
    が受けとれる金員のことです。

    (2)第2号被保険者とは・・・

    国民年金の加入者のうち、
    民間会社員や公務員など厚生年金、共済の加入者を指します。

    (3)第3号被保険者とは・・・

    国民年金の加入者のうち、厚生年金、共済年金に加入している
    第2号被保険者に扶養されている
    20歳以上60歳未満の配偶者(年収130万円未満)の人のことです。

    (4)国民年金保険料の納付が困難なとき

    免除制度と猶予制度があります。

    保険料免除制度

    自分、配偶者、世帯主の前年所得が一定の金額より少ない場合
    失業した場合などに免除の申請ができます。
    (申請を1~6月の間に行うときは前々年の所得ですよ)

    免除される額は全額、3/4、半額、1/4があります。

    保険料納付猶予制度

    猶予の方は20歳~50歳未満の方しか使えません。

    自分か配偶者の前年所得(申請時期では前々年所得)が
    一定額以下のときに申請できます。

    実は、2016年6月までは30歳未満までしか
    認められていなかったのが、年金があまりに低額な層を
    少しでも減らしたいということで50歳未満まで拡大されました。

    申請書とか提出先

    免除/猶予の申請書はこちらで入手できます。

    ここをクリック:免除/猶予の申請書

    申請先・・・住民登録をしている地域の
    市役所・区役所・町役場の国民年金担当窓口へ
    (持参でもいいし、郵送でもOKですよ)

    制度の詳細は日本年金機構のサイトでご確認くださいね。

    ここをクリック:日本年金機構のサイト

    電話で確認する場合、近くの年金事務所がいいです。
    ここで検索できます。

    ここをクリック:年金事務所検索サイト

    ◆◆◆1-1-7-3.厚生年金

    厚生年金とは・・・
    日本で雇用されている人が加入する公的年金で、
    厚生年金保険法等に基づいて
    日本政府が運営しています。

    厚生年金保険に加入している人は、
    厚生年金保険の制度を通じて
    国民年金に加入する第2号被保険者に分類されます。

    そして、国民年金の給付である「基礎年金」に加えて、
    「厚生年金」を受け取ることになります。

    ※なお、共済(組合)年金とは・・・
    厚生年金の公務員版と考えてもらってよいです。

    共済(組合)制度は、国家公務員、
    地方公務員や私立学校の教員等で
    常時勤務している人が組合員
    (私立学校教職員共済では加入員)でした。

    ただ、平成27年10月からは、公務員等も
    厚生年金に加入するように一元化されています。

    ◆◆◆1-1-7-4.障害年金

    障害年金には、

    ・障害基礎年金
    ・障害厚生年金

    があります。

    障害基礎年金とは・・・

    国民年金に加入している間、
    法令により定められた障害等級表(1級・2級)
    による障害の状態にある間に限り受け取れる年金です。

    障害厚生年金とは・・・

    厚生年金に加入している間に
    病気やケガで障害基礎年金の
    1級または2級に該当する障害の状態になったとき、

    障害基礎年金に上乗せしてこの年金も支給されます。

    また、障害の状態が2級に該当しない
    軽い程度の障害のときは3級の障害厚生年金があります。

    障害年金については、いずれも各保険に加入している時期と
    初診日との関係が重要になります。

    他にも「特別障害給付金制度」

    という救済的措置もあります。

    ◆◆◆1-1-7-5.遺族年金

    遺族年金にも、

    ・遺族基礎年金
    ・遺族厚生年金

    があります。

    遺族基礎年金・・・

    国民年金に加入中の方が亡くなった時、

    その方によって生計を維持されていた
    「18歳到達年度の末日までの間にある子
    (障害者は20歳未満)のいる配偶者」か
    「子」に支給される年金です。

    遺族厚生年金・・・

    厚生年金に加入中の方が亡くなった時
    (加入中の傷病がもとで初診日から5年以内に亡くなった時)、

    その方によって生計を維持されていた
    遺族(配偶者または子→父母→孫→祖父母の中で
    優先順位の高い方(左が高いです))に支給される年金です。

    ◆◆◆1-1-7-6.私的年金

    ここをクリック:こちらに記載しています

    ◆1-2.介護 (老後、高齢者の生活を助ける)

    %e4%bb%8b%e8%ad%b7

    ◆◆1-2-1.老後、高齢者の介護と健康保険

    ◆◆◆1-2-1-1.介護保険認定

    財政逼迫、かなり深刻ですよね。。。
    特に超高齢社会の日本、社会保障分野の費用はうなぎ上りです。

    そこで、在宅介護支援(=ケアマネジメント)で
    介護サービス計画というケアプラン作成も
    一部自己負担させよう!!という話が出ています。

    ケアマネジメントにかかる費用って、
    一人14000円/月ほどらしいんです。

    その1割って案が出てるので、一人1400円/月。
    そんなもん?って金額ですが、
    ケアプラン作成費用が介護サービス全体に占める割合は
    5%なので4022億円なんですね。
    (ってことは、全体8兆0440億円なんですよね)

    しかも、2025年には、
    全体が19.8兆円になるって試算されているらしいです。

    4022億円の1割だから、400億円は利用者から徴収ってことで。
    たいがい大きな額やん!!という話です。

    もともと自分でも作れるケアプラン、
    雛型もネットで入手できる時代ですが。
    やっぱりもちは餅屋、なんだとは思うのですけど、
    馬鹿にできない金額です。

    ◆◆◆1-2-1-2.介護保険料

    周知の事実といえるのでしょうが、
    「介護保険財政の悪化」深刻です。

    平成27年12月の暫定統計情報を調べてみたんですけど、
    介護保険の第1号被保険者数は3359万人
    (第1号被保険者の方は65歳以上の方)

    そのうち、要介護(要支援)の認定を受けている人が618.9万人
    なんと、18%を占めるに至っています。

    金額に至っては、もはや実感のない数字で、
    介護保険給付の総額、7743億円だとか。。。

    5年前の平成22年12月の統計では、
    6179億円だったので、この5年で約1.25倍ってことですね。。。

    こんな調子で上がり続けてますから、
    保険料については、
    「大手企業の社員から多めにとろう!」という案とか、
    「今40歳から保険料とってるけど、35歳からに下げよう!」
    という案とか、出ています。

    一方、介護給付については、介護の程度が低い人が
    清掃や料理のサービスを受ける場合

    「今の原則1割負担から10割にしちゃえ!」とか
    「自己負担月額上限も引き上げよう!」そんな話も出ています。

    現役世代の(高所得者の)介護保険料を
    さらにアップさせ、リタイア世代の高齢者の介護負担もアップさせる、
    こういう路線は必至、という様相です。

    やはり、自己防衛の手段として健康寿命をいかに伸ばすか、
    目指せピンピンコロリ!です。健康寿命の話はこちら。
    ここをクリック:健康寿命についてのお話

    ◆◆◆1-2-1-3.健康保険料

    (1)介護保険の破たんもさることながら、
    問題はむしろ、医療保険かもしれません。

    2025年問題(※下記参照)っていうのも、
    一番人口の多い団塊世代がドカっと
    後期高齢者年代に突入することから懸念されています。。

    今一番言われているのが、「単なる寿命」ではなく、
    「健康寿命」を伸ばしましょう!!ってことですが、
    やはり一定の年齢になると、
    どうしても医療のお世話になる確率は上がります。

    医療保険と切り離せないので、結構統計上の調査がされています。

    いわゆる、「終末期医療費」とか、
    「死亡前1年間の医療費」とかどうしても高くなりがちなんです。

    概略でいいますと、
    ・70代になると平均医療費の2倍、
    ・80代になると平均医療費の3倍と
    激増してしまうんだとか。

    2025年になると、国民の3人に1人が65歳以上、
    5人に1人が75歳以上!という人類が経験したことのない
    「超・超高齢社会」に突入!です。

    70代に入ると医療費が2倍っていうなら、
    今のペースなら現在の医療制度は破綻しかないかも?
    そりゃ当然、ですよね。。。

    自己防衛手段は現預金、保険、他の国で生活etc...
    色々あろうかと思いますが、
    ハッピーへの貢献度合いからすると、
    「いかに健康寿命を延ばすか」も極めて重要です!

    (2)「健康を維持・管理する」

    これは、老後の安心は、一つの大きなテーマですが、
    それとは別に、どの健康保険(生命保険ではなく)に入るか、
    これも大きなテーマです。

    少なくとも現在は、日本は国民皆保険制度なんで。。。
    (まぁ、私が高齢者になる20年ちょっと後に
    皆保険制度が維持されているか、分からないですが。。。)

    定年退職後の健康保険、これ結構複雑でして、
    しかも制度によって負担金額に大きな差が。
    (家計の圧迫度が変わりマスからね!)

    大別しますと、

    ★現役時代みたく、会社でバリバリ
    ★定年後仕事してません
    ★再雇用で仕事しているが、月収は相当減った

    まず、現役時代みたく、会社でバリバリ→
    このタイプだと多分厚生年金に加入って可能性大だから、
    定年前とあんまし変わりません。

    変わるのが、定年後仕事してませんとか
    再雇用で仕事してるけど、月収は相当減ったってパターン。

    まず、定年後仕事してません、ってパターンなら、
    一応、家族の扶養家族として
    健康保険加入っていう選択肢もありますね。

    仕事しなくなっても、月収が減ったって場合でも
    どちらのパターンでも使えるのが、
    元の勤務先の健康保険を「任意継続」するって方法。

    ただ、これ保険料が労使折半じゃなくなるので、
    自腹度がキツイかもしれません。

    任意継続しなかったら、
    「国民健康保険」に加入ってことになりますが、
    これは、お住まいの地域で差があります。

    試算してみないと、任意継続とどっちが家計に負担大か、
    判断つきかねるのです。。。

    是非、インターネットの試算サイトとかに
    載っている計算式で試算してみて頂きたいところ。

    加えてやっかいなのが、バリバリ勤務の場合。
    厚生年金保険料も給与天引きされますし、
    働きながら年金を受け取る「在職老齢年金」で
    年金の受給額が減らされるって点。。。

    某社労士さんは、50代から定年後どうするか
    計画立てておくのががベスト、とアドバイスされてます。
    この分野は制度も変わっていく可能性大ですから、
    流動的な計画ってことは否めません。

    だけどお金に換算できない自分の生きがいなども考慮して
    どんな定年後を描くか、第1、2候補ぐらいまでは
    持っておくとアタフタしないって思います。

    (3)基準収入額適用申請
    基準収入額適用申請とは

    後期高齢者の医療保険自己負担額を
    1割(2割)に戻してもらう申請のことです。

    現役世代の医療費の自己負担は3割ですよね。

    でも、
    70歳以上からは、2割負担、
    75歳以上からは、1割負担
    というのが原則です。
    (もろもろ改正が入りそうですけどね-2017年度以降)

    ただ、現役世代並みに収入がある方には
    自己負担を多くしてもらうということで、
    3割負担になることがあるのです。

    ちなみに、統計上
    現役世代並みとされる被保険者の割合は、
    今のところ、後期高齢者の10%に満たないぐらいです。

    医療機関を頻繁に受診するようになる高齢者にとって、
    自己負担が1割なのか3割なのか、死活問題となります。

    そこで「3割負担になりました」と通知がきても
    1割(2割)負担に戻してもらえるよう手続きをする、

    それが、「基準収入額適用申請」です。

    どんな人が申請できるの?

    夫婦などの世帯・・・
    70歳以上の国保加入者が2名以上
    →合計収入が520万円

    単身世帯・・・
    70歳以上の国保加入者が1名
    →合計収入が383万円未満

    あくまで「収入」ベースで考えますので、
    税とか社会保険料とかが
    源泉徴収される前の年金額等なります。
    源泉徴収後の金額ではない、という点に注意が必要です。

    また、上に該当しない場合でも、
    1割(2割)になる可能性があります(参考※の箇所参照)。

    申請に必要な書類は?

    所定の申請書に記入して、
    被保険者証、印鑑、収入がわかる書類、
    本人確認のできるもの(個人番号カード、運転免許証等)
    個人番号のわかるもの(個人番号カード、通知カード等)
    を持参・郵送して手続きを行って下さい。

    ※参考※
    前年中の収入額が383万円以上であっても
    後期高齢者医療保険の被保険者は一人で
    70~74歳の他の世帯メンバーとの合計収入が520万円未満の場合

    ◆◆◆1-2-1-4.介護休暇

    大きい企業にお勤めの方なんかは、
    福利厚生として設けてある、「介護休暇」。

    私は2016年9月現在個人事業主のところで働いてて、
    自分も将来個人事業主、になる予定、ですが。。。

    皆さんのお仕事はどんな環境でしょうか?

    介護が必要になった親族が近場で住んでいれば、
    なんとか半休とか、1日だけ休んで、
    役所手続諸々をバタバタ済ませるとか、
    しのげるかもしれないですが。。。

    県外や交通の便が悪い市外などに実家がある場合、
    介護認定やら、ケアマネ/サービス事業者との打ち合わせやら、
    とても、往復の交通にかかる時間込みで1日では無理ですよね。

    今、介護を理由にした離職者、年間10万人なんです。

    雇用者数からすると約0.2パーセントの人が
    毎年介護を理由に辞めている。

    一応国も「介護離職者をなくそう!」ってスローガンで、
    施策が展開されてるので、
    利用できる制度(包括支援センターとか自治体の制度)は
    出来るだけ利用してください。

    そして、遠距離介護でもやりがいを持っている仕事を
    辞めなくていいよう、工夫いたしましょう。

    介護関係の情報提供で充実しているのは、
    WAM NET(ワムネット)ってサイト、です。
    都道府県別で事業者とか施設を検索できます。

    ここをクリック:ワムネットのサイト

    homesでも介護施設であれば探せます。

    ここをクリック:homesでの介護施設検索

    ◆◆◆1-2-1-5.介護保険料の改正

    もともと介護保険、制度創設以来ずっと、
    サービスを利用する人は、1割だけ負担でやってきました。

    直近の改正で、一定の所得以上の方は2割の負担になりました。

    ただ、この2割負担をすることになるのは、
    所得上位20%に相当する方。

    合計所得160万円以上=年金収入だと280万円、
    大半の介護保険サービスを受ける年代の方には関係ない話です
    (注意:2017年に向け上限の改正が検討事項に挙がっています。)

    ご夫婦でバリバリの共働きだった、とか、
    旦那さんが経営者だった(今も)、とか
    公務員同士のご夫婦などは
    2割負担の所得を得ている人に該当、という感じです。

    要介護認定を受けている方、申請中の方は、
    介護保険の「負担割合証」というのが届いて分かります。

    介護保険は、年齢で2つの被保険者層に分かれますが、
    第1号被保険者(65歳以上)の方は、
    納める保険料の体系が標準で、
    6段階から9段階に変更されました。

    これって、市区町村の判断で更に細分化できるんですよ。
    実際、私が住む福岡市を調べてみましたら、13段階です。

    ちなみに、松山市は13段階、高松市は14段階、
    太宰府市は12段階です。

    こんな風に、保険料については、細分化されているので、
    低所得者層の負担を軽減すること自体は、強化されています。

    制度創設後10年で介護費用は3倍になったといいますから、
    2025年問題を見据えると、
    今回の費用面での改正、やむをえない改正ですね。

    ※2025年問題とは
    団塊の世代が75歳を超えて後期高齢、
    国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という
    人類未経験の『超・超高齢社会』を迎えること。

    ◆◆◆1-2-1-6.予防給付の改正

    2015年度の改正についてです。
    地域支援事業の分担が増えました。

    具体的に解説していきましょう。

    介護保険によるサービスを受ける人は、
    介護予備軍といっていい「要支援者」と
    介護がスタートしているといえる「要介護者」に分かれます。

    「要支援」も1と2に分かれていて、

    要支援1は・・・

    食事や排泄は自分でほとんどできるんだけど、
    掃除といった身の回りの世話の一部には介助が必要な人

    要支援2は・・・

    1の状態からいうと、日常生活動作の能力が低下してしまって、
    何らかの支援とか部分的な介護が必要になった人、となります。

    この「要支援者」に対するサポートは
    ざっくりと「予防給付」って呼ばれていますが、

    今回の改正で、「訪問介護」と「通所介護」については、
    市区町村が取り組む「地域支援事業」に移行されたんです。

    「地域支援事業」とは?ですが、
    市区町村が行ってきた「介護予防事業」とか
    「介護予防・日常生活支援総合事業」とか
    「包括的支援事業」とか「任意事業」など

    要は、積極的に介護予防をはかって、
    高齢者の皆さんが、地域で自立した生活をしていくサポートのこと。

    この「地域支援事業」の中に
    「訪問介護」と「通所介護」が移されたってことです。

    今までとの大きな違いは、全国一律じゃなくなるから、
    サービス利用金額も一律じゃなくなる、ってことです。

    民間企業とか、NPO法人、ボランティアまで
    サービス提供の主体とされることになります。

    さすがに、市区町村となると、その財政力も千差万別、
    準備も整っていないとこも多いです。
    ~平成29年(2017年)4月にかけて、準備状況に応じて
    段階的に実施、となっています。

    実に、紛らわしいんですが、「訪問介護」「通所介護」以外の
    「予防給付」は、これまでどおり、全国一律。
    訪問看護系とかが全国一律なんですね。

    ◆◆◆1-2-1-7.介護/健康保険の自己負担高!

    ◆◆◆◆1-2-1-7-1.高額療養費制度

    ア)高額療養費制度とは

    医療費が高額になった場合に、
    一定の自己負担額を超えた部分が払い戻される制度です。
    一種の公的キャッシュバックですね。

    イ)一定額の計算は

    月の初めから終わりまでです。

    負担の上限額は70歳以上かどうか、
    所得水準はどうか、で決まります。

    負担上限額は、2割~3割で設定されています。

    一旦立て替えて還付って言われても、
    立て替えること自体しんどい場合には、

    「限度額適用認定証」ってのを
    事前に発行しておいてもらうと
    病院窓口で払うときに
    負担限度額を払うだけでOKです。

    ウ)世帯合算や多数回該当など

    さらに負担を軽減する仕組みもあります。
    厚生労働省のパンフが詳しいのでリンク貼ります。

    ここをクリック:厚生労働省の高額療養費制度のパンフ

    ◆◆◆◆1-2-1-7-2.高額介護サービス費用制度
    ア)高額介護サービス費用制度とは

    高額療養費の介護保険版と思ってください。

    介護保険を利用して支払った自己負担額1割
    (所得によっては2割負担です)
    の合計金額が一定金額を超えたとき、
    超えた分のお金が「高額介護サービス費」
    として戻ってくるという制度です。

    イ)その「一定金額」とは

    は各人の所得によって決まります。

    介護サービス費用は全部対象ということではなく、
    住宅改修費・福祉用具購入費とか
    介護保険施設での食費・居住費とかは対象外です。

    一部市区町村では、「受領委任払制度」
    いったん立て替えて戻る・・・ではなく、
    最初から負担額だけ払えばいい
    健康保険の「限度額適用認定証」
    みたいな制度を取り入れているところがあります。

    介護保険被保険者証を発行している
    市区町村の介護保険課などの担当課に
    たずねてみてくださいね。

    ウ)高額医療・高額介護合算療養費制度

    健康保険と介護保険の合計が指定の上限を超えた場合には、
    超過分を払い戻してもらえるという制度もあります。

    協会けんぽのサイトが分かりやすいので、リンク貼ります。

    ここをクリック:協会健保-高額療養費・高額介護合算療養費

    ◆◆◆◆1-2-1-7-3.社会保障費圧縮

    2016年末にかけて二転三転しました
    社会保障関係の改正予定、2016年末段階のものをまとめました。

    70歳以上の医療費の上限(高額療養費の引上げ)

    そもそも高額療養費とは・・・こちらをクリック

    ・外来は、次のとおり決まりました。
    現役並の所得の人・・・44400円
    年収370万円未満・・・12000円
    住民税非課税・・・8000円

    2017年8月~
    現役並の所得の人・・・57600円
    年収370万円未満・・・14000円
    住民税非課税・・・8000円

    2018年8月~
    現役並の所得の人・・・80100円+1%~
    年収370万円未満・・・18000円
    住民税非課税・・・8000円

    ・年間の外来医療費の負担上限を
    14万4000円とする制度を新設する方向です。

    75歳以上の軽減措置段階的に廃止

    75歳以上の後期高齢者の医療保険料の軽減措置※は、
    段階的に廃止されることが決まりました。

    ※74歳まで夫・子供などに扶養されていた高齢者は、
    現在保険料が9割軽減されているので、月額380円です。

    2017年度からは7割軽減、
    2018年度には5割軽減にとどめる予定となっています。

    自分で自分の健康管理をする・・・
    そして健康寿命を延伸する・・・ということは、
    今まで以上に大切になりますね。
    自分でできる健康管理はこちら

    介護保険料の負担

    大企業の会社員の方は、「総報酬割」が
    2018年8月から4年かけて段階的に導入されます。

    「総報酬割」とは、収入に連動して
    介護保険料の金額が増えたり減ったりする仕組みです。

    ◆◆1-2-2.住宅改修(老後、高齢者の生活を助ける)

    ◆◆◆1-2-2-1.住宅改修総論

    介護保険の住宅改修の利用限度額は、20万円ですよね。
    このうち、1割(or2割)が自己負担です。

    この20万円上限の介護保険の住宅改修工事で
    認められているのは、次のとおりです。

    (1)手すりのとり付け
    (2)段差の解消
    (3)移動の円滑化に資するもの
    (4)引戸等への扉への取替え
    (5)洋式便器への取替え
    (6)(1)~(5)に付帯して必要な工事

    ◆◆◆1-2-2-2.住宅改修の値段の相場

    (1)「トイレ」に手すりを設置してみよう!

    そもそも、どこにつける必要があるでしょうか?
    また、どのくらいのお金がかかるでしょうか?

    まず、トイレに行くとき。。。今、私たちは
    普通にドアを開けて、何気にトイレの中に入っていますが。。。

    身体状況が悪化すると、ドアを開くときなど、
    身体をかわす必要があると、転倒の危険が高まります!

    まず、トイレ入り口に縦手すり、必要です。

    どこの工務店に頼むかによって、どのメーカーの材料が
    安く使えるかが変わりますが、
    皆が知っているTOTOさん材料も、
    やっぱりですねーお高いのですよ。。。

    しかも一般に割引率も低い。
    なので、以下の例では、
    定価が低く、割引率も高い、イズミさん
    というメーカーで試算しました。

    トイレ入り口縦手すりで8000円ほどになります。

    (定価に6掛の単価、取付費用は2200円/1ブラケットとして)

    ※ブラケットとは、手すりとか見てもらうと分かりますが、
    つなぎ目みたいのとか壁に取り付ける部分がありますよね、
    あのパーツのことです。

    工務店さんによりますけど、
    取付費用自体にも最低金額設けている場合ありますから、
    こちらも要注意項目です。

    トイレの中にベーシックなL型手すりつけますと。。。

    先ほどのイズミさんで、取付費まで入れて、2万円弱ってとこです。

    縦手すりとは異なって、Lの形のところの部品も必要ですし、
    当然、手すり自体の長さも倍以上です。

    また、トイレの壁に下地があればいいですが、
    なかったら、補強板も必要に。。。
    (そうなると、取付費用も別途なんですよ)

    トイレ界隈だけでも、材料と工賃だけで3万円弱、
    といったところです。

    もちろん、依頼した工務店さんの得意なメーカー
    (割引率が高いところ)によっても、価格は異なります。

    くれぐれも、見積書をとらないまま工事突入、
    これだけは避けてくださいませ。

    また、見積書をとるだけではNGでございますよ!
    割引率のチェックや取付費用、その他の費用、含まれているか、
    (含まれていないと、追加費用がーなんてことも)
    その金額が妥当か、要チェックです!

    (2)浴室とトイレの一番の違い

    同じ水回りでも、浴室用は、
    どうしても、耐水性のある材料なんで、
    もともとの材料費の値段が高いのです。。。

    一般に、お風呂には、水が部屋に流れないよう、
    「またぎ」があります。
    (入り口にグレーチングとかあれば別ですがー)

    なので、身体のバランスを崩しやすい箇所です。
    入口に1つ、縦手すりは、一般にいるかなと。

    入浴が自立しているのか、家族が入浴介助しているのか、
    そうしたことによって必要な手すりもかなり変わります。

    怪我する前は、病気する前は、お風呂大好きだった!
    湯船に浸かるのが大好きだった!!
    のなら浴槽出入り用も検討することになります。
    (浴槽への出入りの仕方によっては2箇所の可能性も)

    また、浴室の広さによっては、浴室内の移動の横手すりも必要。
    (もちろん、身体状況、身体の動かし方、介助の要否によって、
    それ以外にも手すりが必要な場合も。。。。)

    とりあえず、上で書いた3つの手すりは必要です。

    さらに(入口、浴室内移動、浴槽出入)ってことになった場合
    同じくイズミさんで試算しますと、58,000円程になりました。

    本当は、仮設費(養生とか片付とか)、
    諸経費とかも別途かかるんですけどね~。

    また、大工さんの工賃は別ですから、気を付けて下さいませ!

    友人の大工さん曰く、浴室は、かなり丁寧に養生しないと、
    破片で錆とかくるから、結構手間かかるんだよね、とのこと。
    大工さん工賃や工期に影響しそうなとこです☆

    (3)そもそものリフォーム相場

    ホームプロさんが調べた目安額(戸建て)を載せておきますね。
    ここをクリック:リフォーム会社紹介サイト

    水周り目安

    キッチン   50~200万円
    お風呂    50~150万円
    トイレ    ~50万円
    洗面所    ~50万円

    居室目安

    リビング   ~200万円

    外回り目安

    外壁     50~150万円
    屋根     ~100万円

    その他目安

    二世帯    100~400万円
    バリアフリー ~200万円

    ◆◆◆1-2-2-3.住宅改修時の要注意tips

    (1)その1:介護保険被保険者証の住所と居所は同じ?

    あくまで、居住している住宅についての改修ですから、
    被保険者証の住所、しっかりご確認ください。

    ずっと地元で暮らしてきた父母を
    一度、お子さんが自宅に引き取る、なんて場合注意が必要です!

    (2)その2:通常1回しか使えない介護保険の住宅改修

    3段階リセットや転居リセットという例外もあります。

    (3)その3:便器の変更は、和→洋が原則です

    しかし、補高や片麻痺で便座の向き要変更だと、
    洋→洋でも利用できることも。

    (4)その4:既存の手すりなどが老朽化

    それを理由に手すりを取り替えたいっていうのは原則NGです。
    単に老朽化が原因では、介護保険の住宅改修は使えないのです。。。

    (5)その5:今は壁なんだけど、そこを出入口にする

    だって出入りが楽になるんだもん。。。これもNGです。
    あくまで、現状の改修で引戸等にする、ってのじゃなきゃだめです。

    このように、「身体は不自由になったけど、
    ここがこんな風になると、暮らしやすい!!」
    その全て叶えられるわけではない介護保険の住宅改修。

    その点でも、介護保険の住宅改修では、まず「手すり」、
    これをつける方多くなってしまうかなと思います。

    介護保険の住宅改修対象か否か、
    判断権者は市区町村です。

    このケースはどーかな?と迷ったら、
    まずは、担当部署に確認必須です。。。
    (そのときの質問の仕方には工夫が必要デス、
    OKなものも、下手するとNGになっちゃいますからね☆)


    ◆◆◆1-2-1-3.住宅改修の改正

    2015年改正についてです。
    もともと、介護保険給付の対象として、
    「洋式便器への取替え」っていうのがあります。

    その範囲に「便器の位置・向きの変更」が追加されました。

    我々、排泄するとき、結構複雑な動きしております。
    ちょっと書いてみますね。


    トイレに行く→
    ドアを開ける→
    トイレの向きに応じて身体の向きを変える→
    ズボンと下着を下ろす/スカートを上げ下着を下ろす→


    便器に腰掛ける→
    用を足す→紙で拭く/ウォシュレット&紙で拭く→
    腰を上げ、立ち上がり→
    下着を上げるため屈み、
    上げる(スボンも同様)/スカートは下ろす→


    ドアの位置に合わせて身体の向きを変える→
    ドアを開ける→外に出る→ドアを閉める→
    元の場所に戻るみたいな感じです。


    だから、便器の位置、向きって重要なんですよね。

    また、脳血管障害などで、麻痺が残るような場合、
    健側(ケンソク)と患側(カンソク)がどっちか、これがとても重要。

    便器の位置とか向き次第では、
    排泄の自立や介護がめちゃくちゃ困難になることがあります。
    (普通、トイレってあんまり広くないので)

    でも、位置・向きによっては、トイレまでのアプローチが楽♪
    排泄後の処理/トイレから出るのも楽♪
    だから排泄が、かなり自立できるようになった♪
    なんてこともあります。

    ◆◆1-2-3.福祉用具(高齢者の介護を助ける)

    ◆◆◆1-2-3-1.福祉用具

    (1)福祉用具とは

    「心身の機能が低下し日常生活を営むのに支障がある老人
    又は心身障害者の日常生活上の便宜を図るための用具
    及びこれらの者の機能訓練のための用具並びに補装具」
    のことです(福祉用具法2条)。

    (2)福祉用具の代表的なものは

    歩行を助けるものとして、車いす、歩行器など
    入浴を助けるものとして、
    シャワーチェア、入浴用リフトなどがあります。

    また、睡眠については、特殊寝台、床ずれ防止用具がありますし、
    トイレに間に合わない人のためにポータブルトイレも含まれます。

    ◆◆◆1-2-3-2.福祉用具の改正

    2015年改正についてです。
    福祉用具は一部を除き、貸与されます。
    「車いす」もその一つですが、その中に、
    「介助用伝道車いす」が追加されます。

    もともと、「簡易型」っていうのは認められていたんですが、
    「標準型」も加えられました。

    ここをクリック:簡易型はこんな感じ

    ここをクリック:標準型はこんな感じ

    また、特定福祉用具販売(貸与になじまない品目)に、
    「水洗ポータブルトイレ」が追加されました。

    ここをクリック:水洗ポータブルトイレってこんな感じ

    ◆◆1-2-4.疾患別の福祉住環境 (介護に備える)

    ◆◆◆1-2-4-1.脳血管障害(麻痺が残った場合)

    (1)脳血管障害とは

    虚血性である脳梗塞、出血性である脳内出血とくも膜下出血、
    といった脳血管に起因する疾患のことです。

    (2)脳血管障害では、麻痺が残りやすい

    これが脳血管疾患の特徴です。

    福祉住環境を整えるという意味では、
    手すり、段差解消だけでなく、
    本格的な住宅改修が必要になることも多いです。

    住宅改修にあたり、気をつけなければならないのが、
    麻痺した側、それを患側(カンソク)といいますが、
    その患側の残された機能を活かすという視点です。

    身体というのは不思議なものです。

    健側(ケンソク)ばかり利用して動いた方が早いから、
    便利だからと、患側を一切無視してしまうと、
    その機能は低下する一方で、
    更に健側の機能までが一緒に低下してしまいます。

    患側を使う住宅改修は、
    意外と盲点になりやすい部分なので気をつけて下さい。

    ◆◆◆1-2-4-2.アルツハイマー型認知症

    (1) アルツハイマー型認知症は

    見当識障害、つまり自分が置かれている状況を認識する能力で、
    時間や季節がわからなくなる、場所がわからなくなる、
    人がわからなくなる、という形で現れます。

    (2) 一番よいのは生活環境が変わらないこと

    なじみがある道具や敷物などが安心感に繋がったりします。

    落ち込むタイプの方

    には気持ちが晴れるような明るめの暖色を

    イライラ・怒りがちな方

    には落ち着けるブルー系の色の壁紙を使うなど、
    色彩を工夫するという手があります。

    また、ドアの色を変えて、部屋を間違いにくくすることが
    混乱防止に効果的な場合もあります。

    軽度の認知症の場合には

    手すりや段差解消以外に
    大きな住宅改修で対応することは少ないと思います。

    認知症が進行し、身体状況も悪化した場合

    ご本人というよりも、介護を担当する方が安全に介護できる
    住宅改修という視点も必要になります。

    ◆◆◆1-2-4-3.パーキンソン病

    (1)パーキンソン病とは

    原因不明の神経変性疾患で、
    神経伝達物質の一つであるドーパミンが
    減少する事で起こるとされています。

    その特徴として、

    ・振戦(しんせん):手足がふるえる
    ・無動(むどう):動きが遅くなる
    ・固縮(こしゅく):筋肉が硬くなる
    ・姿勢反射障害:体のバランスが悪くなる

    といった症状がみられます。

    また、表情に乏しくなったりもします。

    (2)パーキンソン病の場合には

    すり足や小刻み歩行、突進歩行などの特徴が出るので、
    (突進歩行とは、突然タタタタっと進んでしまったりすること)
    アルツハイマー型認知症などとは異なります。

    一般に段差は解消するのがいいとされていますが、
    パーキンソン病の場合、段差の手前に目印をつけてあげると、
    ひょいと足を上げることが出来ることが多いです。

    一方、すり足や小刻み歩行があるため、
    「すり付け板」が逆効果なことが。

    「すり付け板」というのは、
    段差解消のためによく利用される住宅改修の手法ですが、
    パーキンソン病の方の介護では要注意です。

    ◆1-3.認知症 (老後、高齢者の一番の心配)

    %e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87

    ◆◆1-3-1.認知症一般

    ◆◆◆1-3-1-1.認知症とは

    「認知症」
    この言葉自体は大半の人が知っている言葉になりましたよね。

    一昔前は、「痴呆症」とか「ぼけ」と言われていました。
    認知症は、脳細胞の死滅や、
    働きの悪化によりさまざまな障害が起こって、
    生活上支障が出ている状態、と定義されています。

    全16回で「認知症」について
    簡単だけど役に立つメールが届きます。
    %e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

    ◆◆◆◆1-3-1-1-1.アルツハイマー型認知症

    認知症と聞くと、「アルツハイマー型認知症」を
    思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

    実際、認知症の中でも一番割合が多いタイプです。

    神経細胞が死亡することで、脳が萎縮していく。。。
    記憶障害とか判断能力の低下、
    失認・失行などがみられるようになります。

    じゃぁ、単なる物忘れと記憶障害の違いは?といいますと、
    「○×だったじゃない!」と言われて、
    「あ~~そうやった、そうやった!」
    と思い出せるかどうか、です。

    アルツハイマー型以外にも、

    ・脳血管型認知症
    ・レビー小体型認知症
    ・前頭側頭型認知症

    があります。

    ◆◆◆◆1-3-1-1-2.脳血管型認知症

    脳血管疾患による後遺症として発症する認知症です。
    こちらも高齢になると脳血管疾患が多いので
    アルツハイマー型に次いで多くなります。

    ◆◆◆◆1-3-1-1-3.レビー小体型認知症

    レビー小体という神経細胞に出来る
    特殊なたんぱく質の仕業でおこる認知症です。
    初期の段階で、幻視が出てくるのが特徴です。
    (アルツハイマー型は、初期に記憶障害が出ます)

    パーキンソン病と似た症状が出たり、
    うつ病と間違われることもあるので、誤診に注意が必要です。

    ◆◆◆◆1-3-1-1-4.前頭側頭型認知症

    若年性などでも見られるタイプです。
    物忘れ、というよりも、常識外の行動が目立ってきます。
    この特徴から精神病と間違われること多いのが注意点になります。

    他にも、食欲が止まらないとか、
    同じ言葉を繰り返すなどの特徴もあります。

    ◆◆◆1-3-1-2.スマホで認知症チェック?

    スマホで認知症チェック?

    アプリのタイトルは「認知症に備えるアプリ」。

    今どきは、ネットやアプリで提供されていない
    サービスはない!という感じですね。

    NPO法人の「オレンジアクト」というところが開発。
    スマートフォンやタブレット端末のアプリで提供されます。

    ここをクリック:認知症に備えるアプリ

    認知症でよく現れる症状について、
    7つの質問に答えると認知症の疑いがあるかどうか?
    を判定する、というものです。

    年齢や性別の情報と組み合わせて判断するから、
    何と正確性は「90パーセント以上」って公表されています!!

    認知症も、他の疾患同様、早期発見、早期治療が
    その後の生活の質に大きく関わってきます。

    10年後には、65歳の5人に1人が認知症になる
    という推計が出されている昨今。
    無料で提供されているので、是非、ご活用頂ければと思います。

    「あたまの健康応援プロジェクト」

    国立精神・神経医療研究センターによる
    認知症予防のための調査です。
    当然、無料で登録できます。

    ここをクリック:あたまの健康プロジェクトサイト

    調査に協力というよりも、
    若年性アルツハイマーのように、進行が早いタイプの
    あたまの健康を害する疾患、自分の変化に早く気付けます。
    情けは人のためならず。。。です。

    軽度認知障害(MCI)を高精度で判定する手法が開発される!

    日本大工学部が開発した手法で、
    利用するのはなんと
    「健康診断で実施する血液検査のデータ」なんです!

    一般に認知症を診断するには、問診・画像診断というのが
    定番なわけですが、
    (実は嗅覚でも認知機能の衰えが分かりますけども)

    今回が画期的な手法といえるのは、
    一般的な健康診断の血液検査のデータのみの利用で、
    9割を超す高い確率で推定できるという点です。

    これもですね、AI(人工知能)の力を借りたものでして、
    血液の成分と認知症の進み具合との関連を分析するというのです。

    すでに特許は出願されているそうで、現在アプリ開発が検討されています。

    何よりも健康診断のデータを利用できるというのがいいですよね★

    介護現場にもAI!
    (1)介護サービス計画にIT

    介護サービス計画を自動で作成できるシステムを
    セントケア・ホールディングさんが
    米ベンチャー企業と開発しました。

    来年1月から複数の自治体でAIが作った
    プランの質を検証していき、
    数年内には事業化されることを目指しています。

    いままでケアマネジャーが
    月40時間ぐらいかけていた介護サービス計画。
    半分の時間で、要介護者の体調や症状にあったものが作れるとか。

    介護サービス計画とは

    適切なサービスを利用できるように
    要介護者の心身の状態、介護担当者の状況などを踏まえて、
    サービスの種類・内容・担当者を決めた計画のことです。

    (2)その他、老後安心AIあれこれ
    SOMPOホールディングス

    新人研修や採用活動で、仮想現実(VR-バーチャルリアリティ)機器で
    認知症患者の感覚を追体験するシステムを2017年3月から取り入れています。

    患者の体感覚が理解できるだけでなく、
    採用のときに、こういう症状を持つ人たちと対峙するということを
    体験してもらうことで離職率を下げることも意図しているそう。

    ヒューマンホールディングス

    デイサービス(通所介護)でソニー開発のウエラブル端末を
    2017年3月から利用開始です。

    運動時に装着して筋力や持久力などの身体機能を測り、
    就寝や食事のタイミングも記録されます。

    身体測定も3分の1以下の時間に短縮されるので、
    作業療法士の負担軽減につながることも期待されています。

    ソラスト

    インフォコムと提携し、デイサービスでの作業をIT化して、
    家族への連絡や行政への申請など、アプリを活用することで、
    事務作業がこちらも3分の1程度の時間まで短縮化されるそうです。

    会話で認知症を察知!

    奈良先端大の荒牧准教授らが、なんと!日常生活の会話から
    認知症の兆候を調べるソフトを開発しています。

    2年以内に実用化して
    認知症の予防や早期治療に繋げたいとしています。

    兆候を察知する仕組みですが、
    認知症になると、言葉の順序がおかしく複雑な文が作れなかったり、
    語彙が少なくて表現が乏しいという点に着目しているそうです。

    このソフトは診断までは出来ませんが、兆候を察知することで、
    適切な治療を早期に受けるチャンスを増やすことを
    目的としているんですね。

    高齢者の運転見守り-オリックス updated

    高齢者の運転を見守るサービスを
    オリックスが始めました。
    ここをクリック:エバードライブ

    速度超過とか急発進などの危険運転を
    察知すると、家族などの指定した人にメールが届く、

    また、どんな危険運転をしているか
    把握できるようにする、というシステムです。

    この「あんしん運転見守りサービス-Ever Drive」は、
    自動車の運転手に安全運転を促す
    「テレマティックス」という技術を使うんだそうです。

    GPS機能を備えた車載器を自動車に搭載し、
    車から直接走行データをとるんですって。

    初期費用も1万円で(2017年9月30日までだと初期費用無料!)、
    月額使用料は2980円です。

    対象の方の運転経路や
    危険運転箇所などが地図に表示されて、

    危険運転の回数を前月と対比するなども出来るようになっています。

    指定した場所に到着したら知らせるメールを
    届くように設定もできるので、ご家族も安心。

    どうしても運転を続けたい高齢者と
    その家族の両方に配慮したサービスとなってますよ。

    リストバンド型端末-セコム

    2017年夏から、リストバンド型端末で、
    高齢者の見守りと健康管理支援のサービスを提供予定です。

    歩数や消費カロリーを計測する健康管理と
    異常を検知・緊急通報するという機能が搭載されます。

    防水対応になっていますし、
    寝返りなどの体の動きの有無で異常か否かを判断するので、
    たとえばお風呂場で倒れた・・・
    という場合にも対応してくれますね。

    ホームセキュリティの個人契約をしている方が対象で、
    サービスの月額は1000円を下回ることを目指しているそうです。

    NKワークス:Neos+Care

    予測型見守りシステムです。
    ここをクリック: Neos+Care

    トリプル・ダブリュー・ジャパン:Dfree

    尿意や便意の兆候を検知して知らせる製品です。
    ここをクリック: Dfree

    富士ソフト:パルロ

    高齢者福祉施設向けモデルで、レクリエーション担当
    ここをクリック:パルロ

    パナソニック:IOTの活用(開発開始)

    心拍数や呼吸数を計測する生体センターを
    ベッドに組み込んで高齢者の見守り、
    家電(エアコン)の制御する
    加えて、映像解析技術で転倒防止システムの実用化も狙う。

    ◆◆◆1-3-1-3.認知症サポーター

    (1)認知症サポーターとは

    認知症の人と家族への応援者のことです。

    「地域ケア政策ネットワーク
    全国キャラバンメイト連絡協議会」が実施する
    「認知症サポーターキャラバン事業」における
    認知症サポーター養成講座を受講・修了したらなれます。

    (2) 2016年6月末現在

    7,732,475人のサポーターがいます。

    その目的は、認知症になっても安心して暮らせる
    まちづくりを取り組んでもらおう、というものです。

    ここをクリック:厚生労働省/認知症サポーターキャラバンサイト

    ◆◆◆1-3-1-4.認知症カフェ

    「認知症カフェ」全国に広がりを見せているそうです。
    (2015年12月初め現在で、全国600箇所ほど)
    何するとこだ?ですが、認知症の人と地域の住民が
    気軽に集って交流する場のことであります。

    各地の自治体で、認知症カフェの開設講座なんかも開催されてます。

    すでに開設されているカフェは、
    NPO法人が運営していたり、公民館で開設されていたり、
    医療機関が運営しているものなど、さまざまです。

    月1回開催ってとこが多いようですが、
    中には、平日の大半オープンなんてところも。

    これまでにも、家族会とかはありましたけど、
    認知症カフェの特徴は、別に認知症の人でなくても、
    その介護者や家族でなくても気軽に訪問できるという点!

    お近くの認知症カフェは、
    最寄りの地域包括支援センターで紹介してもらえますよ。

    ここをクリック:厚生労働省/介護サービス情報公表システム

    ◆◆◆1-3-1-5.認知症の徘徊対策

    徘徊対策グッズとサービスは、
    セキュリティー会社でいくつか販売されています。

    アルソック

    GPSで位置情報をつかむタイプで機械は65グラム程度です。

    ここをクリック:まもるっくのサイト

    アルソックさんは14グラムぐらいの杖とかに
    装着できるのを開発と報道されていましたが、
    商品ページにはまだアップされていませんでした(2016.9.24現在)

    セコム

    同じくGPSで位置情報をつかむタイプで53グラム程度です。

    ここをクリック:ココセコムのサイト

    トレイル

    「うららかGPSウォーク」という
    靴底にGPSが内蔵できる商品もあります。

    ここをクリック:うららかGPSウォークのサイト

    ◆◆1-3-2.成年後見(判断能力を補う)

    (1)成年後見とは

    法定後見の一類型で、精神上の障害により
    判断能力を「欠く常況にある」(民法7条)人に、
    家庭裁判所が成年後見人を選任することでスタートします。

    (2)成年後見人は

    次のような権限を持ちます。

    ・広い代理権(民法859条1項)
    ・取消権(民法120条1項)
    ・財産管理権(民法859条)
    ・療養看護義務(民法858条)

    かなり広範な権限が与えられるので、
    そうした権限をもって判断能力が低下した人を守っていきます。

    (3)家庭裁判所に申し立てるときに

    必要な書類などはこちらを参考にして下さい。

    ここをクリック:東京家庭裁判所の後見申立パンフ

    家庭裁判所によって若干異なることがあるので、
    詳しくは管轄の裁判所(対象者の住所地の裁判所)で
    お尋ね頂くのが確実です。

    ここをクリック:全国の裁判所のリンクサイト

    後見人の不正防止

    被後見人の財産を成年後見人が着服!というニュース
    何度か目にされた方も多いと思います。

    この事態に対応するため、
    「後見制度支援信託」という制度が導入されました。

    これは、銀行に現金を信託して、
    日ごろの生活費はともかく、
    「一定の金額以上の出金には家庭裁判所の指示書が必要」
    というかなりタイトな金銭管理を行うシステムです。

    2014年に831件も着服事件があったところ、
    2015年には521件に減って、被害額が半減したのだとか。

    これまでこの と同程度にしたいという制度に対応していたのは
    大手信託銀行だけだったのですが、
    2016年7月に地銀でも取扱いが始まっています。
    (銀行側に旨味が少ないので、様子見の地銀が多いですが)

    「成年後見の事務の円滑化・・・」法改正

    成年後見の事務の円滑化を図るための
    民法及び家事事件手続法の
    一部を改正する法律(平成28年法律第27号)が
    平成28年4月6日に成立して、同年10月13日施行されます。

    (きわめて長い法律名ですっ)

    ポイント1:郵便転送

    成年後見人が家庭裁判所の審判を得て
    成年被後見人宛の郵便物の転送を
    受けること出来ることになりました。
    (民法860条の2、同860条の3が新設されました)

    ポイント2:死後事務

    成年後見人が成年被後見人の死亡後も
    一定の事務を行うことができることになりました。
    (民法873条の2が新設されました)

    詳しくは、公式メルマガにて深めます。
    ご登録はこちら:公式メルマガ(RAC通信)

    ◆◆1-3-3.保佐(判断能力を補う)

    (1)保佐とは

    法定後見の一類型で、精神上の障害により判断能力が
    「著しく不十分な」人(民法11条本文)に
    家庭裁判所において、保佐人が選任されることでスタートします。

    (2)被保佐人(保佐人がつけられた人)は

    財産上の重要な行為(民法第13条1項に規定されています)
    を行うときに保佐人の同意が必要です。

    もし、保佐人の同意を得ないでした場合は、
    保佐人も自分も取り消すことができます。

    他にも、保佐人に代理権を与える(=「付与」)こともできます。

    ◆◆1-3-4.補助 (判断能力を補う)

    (1)補助とは

    法定後見の一類型で、精神上の障害により
    判断能力が「不十分な」人(民法15条1項本文)で、
    後見とか保佐までの必要性がない人に
    家庭裁判所において、補助人が選任されることでスタートします。

    (2)判断能力が不十分なだけなので

    被補助人(=補助人をつけられた人)は
    基本的に自分で出来る法律行為の範囲が広いです。

    また、被補助人の了解(=同意)がないままに
    勝手に補助人が就くこともありません。

    補助人に同意権か付与されたら、
    被補助人は同意を得ないで特定の行為を行っても、
    保佐人のときと同じように、
    補助人も自分も取り消すことができます。

    また、代理権を付与することもできます。

    法務省のサイトで制度が詳しく説明されているので、リンクします。

    ここをクリック:法務省-成年後見制度について

    ◆◆1-3-5.任意後見(高齢者の自己決定権尊重)

    (1)「任意後見」というのは


    後見制度の一種なんですが、
    その昔、「禁治産」とか「準禁治産」だった
    2000年より前の制度とは180度転換って感じです。

    まだ判断能力がしっかりしているときに
    「自分の老後のことは、この人に頼むのだ!!」
    と自分で決めておける制度です。

    遺言なんかも作れる最寄りの公証役場ってとこで、
    「任意後見契約」を結ぶんですね。

    ここをクリック:公証役場の「任意後見」サイト

    契約締結に必要な費用は、概算ですけど、
    契約書が3枚に収まれば、17,000円程度です。

    誰に任意後見人を頼むのか、その人に、どんなこと頼むのか
    (一般に、支払とかお金関係、施設入所など)
    契約書で詳細に決めておきます。

    (2) 任意後見監督人が選ばれた

    のは、平成25年の実績で約700件です。

    「後見」の約28000件と比較すると利用割合は低いのですが。
    自分の老後について明確な意思がある方にはオススメの制度です。

    自分が判断能力がなくなった後のことを頼むんですから、
    信頼できる人ってことも大事。

    その人も、管理の役目を果たすことお任せあれ!
    の方じゃないといけません。
    そんなことから、任意後見人には
    だいたいお子さんがなっていることが多いです。

    (3)任意後見契約が発効するのは

    認知症などで判断能力が失われて、
    家庭裁判所で「任意後見監督人」って人が
    選任されたとき、なんですよね。

    契約は、自分がシャッキのときにしますから、
    病気になって入院したけど
    認知症はあまり進行しなかった。。。
    なんて場合契約が発効せずに終わることも。

    (4)こんな風に「任意後見契約」は

    判断能力が失われたときの備えです。

    判断能力はあるけど、今から色々任せたいってことなら、
    「財産管理等委任契約」ってのも結んでおかないといけません。

    死んだ後のことも宜しく!!であれば、
    「死後事務委任契約」ってのも結んでおく必要があります。

    ここをクリック:任意後見サポート舟橋のサイト

    ※※「任意後見」という制度

    老後安心ツールのうちでも、結構、画期的です。
    自分が信頼する人に老後を任せる予約をするってこと。
    かなり「自己決定権の尊重」重視!の制度です。

    そうなんですが。。。案外、本業で関与してる任意後見には
    ごたごたしているのもあるんですよね~
    老後安心にならんやんですが。。。文化でしょうかねぇ?

    自分が本当にシャッキのとき、なかなか老後に備えるって気に
    ならんのですよね、多くの人は。

    だから、ちょっと判断能力が怪しくなって
    何となく不安になって、やっぱ契約しとこー!って
    同居の家族が話を進める、なんてことままあるわけです。

    もちろん、ちゃんと公証人が話聞いて契約締結に至るので、
    一応大丈夫なんですが。

    例えば、任意後見人を頼む相手が二男だったとして、
    離れて暮らすしっかり者の長男が

    「お前は、前に父に(母に)金で迷惑かけたことあっただろう!
    そんなお前に頼むはずがない!納得いかんっ!おかしい!」
    「父は(母は)あのとき認知症だった!契約は無効だ!!」
    ってな調子で、ゴタゴタ始めることもあるんですよね。。。

    トラブル防止には、、頭がクリアなときに準備!が肝心☆です。

    ◆◆1-3-6.財産管理契約(老後の安心)

    (1)財産管理(委任)契約とは

    自分の財産の管理や
    その他の生活上の事務の全部または一部について、
    代理権を与える人を選んで
    具体的な管理内容を決めて委任する契約です。

    (2)成年後見制度との違い

    成年後見は、判断能力が減退したときに利用するものですが、
    財産管理(委任)契約は、判断能力の減退を前提としません。

    まだ判断能力もあるけど、外出などが困難になったから
    財産管理を頼みたいといった場合にも
    財産管理(委任)契約は使えますし、
    死後の処理も委任しておくこともできます。

    公正証書で作ることが必須ではありませんが、
    財産管理を行うという点で
    対金融機関などの対応がスムーズにいくよう
    公正証書で作っておくほうが便利です。

    日本郵便の見守り制度(2017年8月7日~)

    高齢者向けの見守りサービスが8月7日からスタートしています。
    これは、郵便局員が高齢者の自宅を訪問して健康状態などを聴き取り、
    遠方に暮らす家族に月1回メールで報告するというもの。

    料金は月2500円で、もし郵便局員が訪問せず電話で確認の場合は、
    月980円~1180円とかなりお手ごろな設定となっています。

    ◆1-4.相続ー老後には欠かせない知識

    %e7%9b%b8%e7%b6%9a

    ◆◆1-4-1.法定相続人

    ◆◆◆1-4-1-1.ケースバイケース法定相続人

    (1)法定相続人とは

    民法で定められた相続人になれる人のことです。
    具体的には、以下の(2)~(4)のとおりです。

    (2)配偶者と子がいる場合

    法定相続人は配偶者と子です。
    法定相続分は、配偶者が2分の1、
    子が2分の1(複数なら人数で等分)、です。

    もし、子が先に死亡していた場合、
    その子に子供とか孫がいれば、
    その子や孫が代襲(だいしゅう)相続人となります。

    (3)配偶者はいるが子はいない場合

    法定相続人は、配偶者と次の人たちです。

    ア)直系尊属が生きている場合は直系尊属

    ※直系尊属とは、
    父母とか祖父母など自分より前の世代の人たちです。

    イ)直系尊属が死亡している場合は兄弟姉妹

    もし、兄弟姉妹が先に死亡していた場合
    甥・姪が代襲相続人になります。

    (4)配偶者も子もいない場合

    (3)のア)→イ)の順番です。

    相続人について超詳しいサイト見つけました!
    ここをクリック:相続人について

    節税目的の養子縁組最高裁判例

    老後に関係する最新判例のご紹介です。

    節税目的の養子縁組は有効か?

    ずばり、最高裁は、節税目的で養子縁組をしたとしても、
    「ただちに無効とはいえない」と判断しました。

    相続税対策で養子縁組を使う人が増えていますが、
    その現状を追認する形となりました。

    そもそも養子縁組の要件って何?

    実質的要件と形式的要件があります。

    ・実質的要件の主観的要件・・・

    養親になる人と、養子になる人との間で
    縁組をして、養親子になる気持ちが一致している、ということです。

    ・実質的要件の客観的要件・・・

    (ア)養親が20歳以上になっていること

    (イ)養子が養親の年上でないこと
    (尊属もダメで、尊属というのは父母と同列の親等とか
    目上の血族ってことです)

    (ウ)後見人・被後見人の間の場合は家庭裁判所の許可

    (エ)配偶者がいる人が未成年者を養子にするときは
    配偶者と一緒にすること
    (例外として、配偶者の子を養子にするときとか、
    配偶者が意思を表明できないときは一緒にしません)

    (オ)養子が未成年者でなくても、配偶者がある人が
    養親になるときは、配偶者の同意を得ること

    (カ)養子が15歳未満のときは、法定代理人(場合によっては
    監護者も)が縁組の承諾をすること

    (キ)未成年者を養子にするときは、家庭裁判所の許可を得ること
    (自分の孫とか配偶者の子や孫などを養子とするときは許可は不要です)

    ・形式的要件・・・
    戸籍法上の縁組の届出をすること

    養子が節税になるって?

    相続税を計算するときに、法定相続人の数で
    控除が決まるものが結構あるんですね。

    法定相続人の数で決まるのは、
    ・相続税の基礎控除額、
    ・生命保険金の非課税限度額
    ・死亡退職金の非課税限度額
    ・相続税の総額の計算

    となります。

    だから、資産を結構持っている方で、
    法定相続人が少ない方は、控除額や
    非課税限度額を増やそうとして、
    孫と養子縁組とか行うことが増えているわけです。

    養子も増やせばいいってものではないのです

    民法上は、縁組の実質的・形式的要件を満たせば、
    養子が何人っていう制限はないんですが・・・

    税法上はそうはいきませんので、ご注意ください!

    まずこういう制限がかかっています。

    ・被相続人に実の子供がいる場合
    一人まで、節税上意味がある養子です。

    ・被相続人に実の子供がいない場合
    二人まで、節税上意味がある養子です。

    しかも、相続税の負担を不当に減少させる結果となると
    認められる場合、養子としてカウントされないことがあります。

    逆にこういう場合は、養子ではなくて、実子として扱われます。
    タックスアンサーから抜粋しました。
    養子に関するタックスアンサー

    ・被相続人との特別養子縁組により被相続人の養子となっている人
    ・被相続人の配偶者の実の子供で被相続人の養子となっている人
    ・被相続人と配偶者の結婚前に特別養子縁組により
    その配偶者の養子となっていた人で、被相続人と配偶者の結婚後に
    被相続人の養子となった人
    ・被相続人の実の子供、養子又は直系卑属が既に死亡しているか、
    相続権を失ったため、
    その子供などに代わって相続人となった直系卑属(子とか孫)

    法定相続証明制度(2017年5月29日~)
    法定相続情報証明制度ってなんで導入されたの?

    法務省の公式サイト↓
    ここをクリック:法務省・法定相続証明制度

    相続手続きには、
    被相続人の出生から※死亡までの戸籍謄本等と
    相続人(代襲相続含む)全員の戸籍謄本等が必要です。

    場合によってはかなり大量な
    戸籍、除籍、改製原戸籍などが必要になります。
    (本籍地が全国各地に散らばっていて、
    転籍繰り返している方が含まれていると、本当に大変!)

    ※出生から・・・というのが原則ですけど、

    出生までさかのぼれない場合は、
    生殖能力が一般にない年齢ぐらいまで遡れると
    一応OKだったりしますけど、ね。

    法定相続証明書って結局なぁに?

    相続手続きをした先から、戸籍謄本等
    すべて還付してもらえればいいのですけど、

    場合によっては還付してもらえなかったり、
    一旦は原本を預けて、その後還付となると
    次の手続きまで時間がかかったり・・・

    そこで、法務局が相続人が作成した
    相続関係図と戸籍謄本等の内容を確認して、証明文を付して、

    「この人の相続人はこれこれの人ってこと、戸籍で確認したよ」
    という証明書を出して、
    相続手続きの簡略化のお手伝いしよう、という制度。

    法定相続証明書ってやっぱ役に立つの?

    この制度がしっかり稼動するようになれば、

    相続に関係する手続きを行うときに、
    戸籍関係の書類を改めてそろえる必要がなくて、
    この証明書1通で足りるようになるハズ(多分)。

    法務省がやりますんで、
    とりあえず登記手続きでは使える制度であります。

    相続に絡んだ戸籍等の書類って
    本当取り寄せるのに手間も時間もお金もかかるんですね。

    (郵送だと往復の切手、
    戸籍は1通450円の小為替→手数料100円で550円、
    除籍・原戸籍は1通750円→手数料込で850円)

    父死亡、母・子2名(二人とも既婚)が相続人として、
    もっともシンプルな手数料でも、切手代除いて、
    5050円は普通かかります。

    ここに転籍とか父が結構年齢が高く、
    古い戸籍に出生が載っている場合は
    どんどん金額が上がります。

    しかも、古い戸籍って廃棄されたりするんです。
    保管期間が決まっていまして。
    (この場合は、廃棄証明っていうのを出してもらえます)

    もしかすると、その廃棄された古い戸籍に
    認知した子とか生んでいた子とか載っているかもしれないので、
    「他に相続人がいないことの証明」なるものが必要だったりする場合も。

    法定相続証明制度に先駆けた改善

    法務省も、これ以外の改善のトライはしてまして・・・

    平成28年(2016年)3月~、滅失等により
    除籍等の謄本を提供することができない場合に、
    滅失証明書を提供すれば、
    「他に相続人はない」旨の相続人全員による証明書(印鑑証明書添付)の
    提供を要しないこととされてます。

    結構いらっしゃるんですよね、
    世の中行方不明で連絡が取れない人が・・・
    あと海外に行ってらっしゃって、
    親族も連絡とってない場合もちらほら・・・

    なので、この「他に相続人はない」旨の証明書をとるのに
    本当に苦労したこともありまして、
    この点だけでもずいぶん改善だと思っております。
    ◆◆◆1-4-1-2.戸籍謄本等(法定相続人把握)

    (1)戸籍謄本とは

    その戸籍に入っている全員の事項を写したものになります。

    現在は、コンピューター化されているので、
    「戸籍全部事項証明書」と呼ばれています。1通450円です。

    (2)法定相続人を把握するためには

    被相続人(=亡くなった方)の出生から死亡まで
    全ての戸籍謄本等をとるのが原則です。

    あまりに古い戸籍の場合、廃棄されていることがあります。

    その場合は「廃棄証明」というものを出してもらいましょう。
    これは普通0円です。

    戸籍に入っている人が全員亡くなっていたり、
    他の戸籍に全員が移動していると
    「除籍謄本」というものになります。

    また、今コンピューター化される前の戸籍を平成改製原戸籍
    (かいせいげんこせき/はらこせき)と呼んでいます。1通750円です。

    転籍(戸籍の本籍地を移動させること)を繰り返している方の場合、
    除籍謄本をたくさん取らなければいけません。これも1通750円です。

    被相続人の本籍地が自分が住んでいる市町村でない場合、
    申請にあたって相続手続きに使う旨を伝え、
    正確な金額が分かってから小為替とか定額小為替を送付したい旨
    メモ等を貼って取り寄せる方が簡便です。

    市区町村の担当窓口は、戸籍課とか戸籍係になります。
    昔の戸籍などは市町村合併でその市町村が無くなって、
    別のところが管轄になっていることがあるので注意してください。

    ◆◆◆1-4-1-3.同時死亡の推定

    (1)同時死亡の推定とは

    事故などで、複数人が死亡したとき、
    その死亡時期の前後が不明な場合に、
    複数人が同時に死亡したものと推定する制度です。
    (民法32条の2)

    (2)同時死亡の推定があることで

    たとえば夫(父)、妻(母)、子1、子2という家族がいたとします。

    夫(父)と子1が同時に死亡したと推定される場合、
    子1も夫(父)を相続しませんし、夫(父)も子1を相続しません。

    なので、夫(父)の分は、妻(母)と子2が相続します。
    そして、子1の分は、妻(母)が相続します。

    ◆◆◆1-4-1-4.争続にしないために

    「相続」を「争続」にしないために。。。ということで、
    現在、民法の相続法について改正作業が行われています。

    人はいつか必ず今の肉体を離れるときがくるので、
    相続とは一切無縁、とはいかないのが事実。

    「自筆証書遺言」の方式見直し

    ちょっと古い統計ですけど、「検認」という、
    公正証書以外の遺言で必要となる手続きを
    全国の家庭裁判所で行ったのは平成26年で「16,843件」だとか。

    ちなみに、全国公正役場で作成された
    遺言公正証書のデータベース登録は、200万件を超えています。

    データベース化で、公正証書で遺言を作ったかどうか、
    家族が亡くなった後調べられるのは便利ですよね。
    (検索自体は無料です)

    また、後のトラブルを避けるには、
    「公正証書」で遺言が一番手堅いですしね。。。

    ただ、公正証書はタダではないってのと、
    残される者へのメッセージ性は自筆証書の方が
    大かも?って部分ありますよね。

    でも「自筆証書遺言」って、要件が厳しいんですねー。
    相続人が自分に有利なように書き足しとかしてるといかんし、
    そもそも全体的に偽造ってことも!
    だけど、高齢の方に全部自筆ってきついよね。。。

    「自書を要求する範囲」緩和

    って話が出ています。(今は、全文自筆です)

    自筆+署名+押印ってのが必要ですが、
    「押印について」は不要って方向も出てます。

    「加除訂正の方式」

    これがまた、超めんどうなんです。
    やれ「遺言者がその場所を指示」とか、
    やれ「変更した旨を付記して署名押印」とか
    (うかうか書き損じも怖い~最後の方であ゛ー!!ってね)
    それを「押印のみで足りる」ってことにしようと検討されています。

    ◆◆◆1-4-1-5.相続関係の民法改正、判例変更

    (1)相続における「配偶者」の取扱いの改正見込み

    配偶者の法定相続分は「2分の1」ですね。
    今でも、結構手厚く保障されている感じがするんですが!?
    この割合を増やそうという動きが出ています。

    夫婦で協力して財産を増やしてきたのだから、
    婚姻期間中に増加させた財産については、
    配偶者の取り分(法定相続分)を増やそう!という方向性です。

    遺族年金なんかだと、
    もし夫が離婚しないまま不倫相手と暮らしていても、
    そっちが遺族年金受け取っちゃう、なんてこともない話ではなく。

    また、離婚して再婚とかしていると、
    再婚配偶者VS前配偶者との間の子が
    火花バチバチ散らす!!ってことも。

    遺産分割事件として家裁に持ち込まれた数12000件超です。
    (平成26年度のデータです)
    結構もめてるってことかと思います。。。

    そんなこともあり、家族法学者さんの中には、声高に、
    「配偶者の権利拡充を!!!」
    を提唱される方も多かったことは事実です。

    そこで、配偶者の「法定相続割合アップ」と
    「居住権の保護」とが改正見込みにあがったのです。

    「居住権の保護」って子供が学生時代まではともかく、
    一般に就職などで
    実家から通える会社等になることは多くないですし、
    ましてやお子さんがご結婚されると、
    実家に残るのは老夫婦のみになることは多く。

    「この家は配偶者に」って遺してくれてないと、
    子供とうまくいってない場合は、年老いて住むとこを追われる可能性すら!

    ってことで、配偶者と一緒に住んでいた建物は、
    配偶者がそのまま住み続ける権利を保障せねばならぬ!!
    っていうのが「居住権の保護」です。

    (2)相続時の預貯金の取扱い最高裁判例変更されました

    最高裁が判例変更して、
    預貯金を遺産分割の対象にすることが決まりました。

    今までは、預貯金は相続人が合意しない限り
    遺産分割の対象から外れていたので、
    仮に金融機関が払戻しに応じなくても
    法定相続分にあたるところを引き出せることがあった
    (訴訟なら当然法定相続分は勝訴)のですが・・・

    今回の「遺産分割の対象にする」
    という基準に変更されれば、
    相続人の遺産分割の合意なしに
    そのような払戻しを求めることが困難となります。

    相続人間の話し合いが決裂してしまうと
    引き出せない状態が長く続いてしまうことになるので、
    その解決策として仮払いを申し立てる
    「審判前の保全処分」の活用などが挙げられています。

    今回、最高裁で判例変更があった大きな理由は、
    遺産分割というのは、相続人間の実質的公平を図るものだから、
    できるだけ幅広い財産を対象とするのが望ましい、
    ということにあります。

    確かに預貯金を遺さずに亡くなるケースの方が稀でしょうから、
    ここを含めたところで、どう遺産分割するのか、
    例えば土地は誰とか、預貯金は誰、
    有価証券は誰、という感じで、
    財産を共有ではなく個別に分ける方が
    合理的な場面もあります。

    ただ、どっちにしても、相続人間でごたつくと
    やれ保全だ、
    やれ遺産分割調停申立だ、
    不透明な出金があれば不当利得返還請求だ、
    と解決が長引くこと自体は同じなので、
    ごたつかないような遺言を用意することは
    どっちみち必要だと思います。

    ◆◆1-4-2.準確定申告 (高齢者の死後)

    (1)準確定申告とは

    被相続人(亡くなった方)が確定申告必要な人の場合、
    所得税についての精算を行うための手続きです。

    (2)準確定申告を行うには

    相続人が2人以上いる場合、原則として連署ですが、
    他の相続人の氏名を付記して
    各人が別々に提出することもできます。

    また、申告をするタイミングですが、相続の開始があったことを
    知った日の翌日から4か月以内に申告と納税が必要です。

    ◆◆1-4-3.遺産分割 (高齢者の死後)

    ◆◆◆1-4-3-1.遺産分割協議

    (1)遺産分割協議とは

    被相続人が遺した相続財産をどのように分けるか、
    相続人全員で話し合って決めることです。

    (2)遺産分割協議書とは

    相続人が遺産分割協議で合意した内容を書面に取りまとめて、
    全員の合意書として成立させる書類のことです。

    相続税の申告書に添付したり、不動産や預貯金、
    有価証券等の名義変更など相続財産の処理に使用します。

    ◆◆◆1-4-3-2.遺産分割調停

    (1)遺産分割調停とは

    話し合いでは、遺産分割協議がまとまらなかったとき、
    管轄の家庭裁判所で話し合うため、申し立てを行います。

    (2)遺産分割調停申立の管轄は

    相手方の住所地を管轄する家庭裁判所
    または当事者が合意で定めた家庭裁判所になります。

    被相続人(亡くなった方)の住所地、とは違いますのでご注意を。

    必要な書類などはこちらに詳細が載っています。

    ここをクリック:裁判所の遺産分割調停サイト

    ◆◆◆1-4-3-3.遺産分割審判

    (1)遺産分割審判とは

    遺産分割調停で話し合いがまとまらないとき、
    裁判所が「審判」という形で、財産の分け方を決める手続きです。

    (2)審判は別途申立てなくても

    調停が不成立(話し合いがまとまらない)のときは
    自動的に審判手続きに移行します。

    ◆◆1-4-4.相続放棄・限定承認 (高齢者の死後)

    (1)相続放棄とは

    被相続人(亡くなった人)の負債が多い場合などに
    相続人が被相続人から受け継ぐべき
    遺産のすべてを放棄することです。

    家庭裁判所に「申述(しんじゅつ)書」という書類と
    添付書類を出して行います。

    原則として、相続の開始があったことを知ってから
    3ヶ月以内に行う必要があります。

    ずっとご縁が切れていた叔父さんの家族が相続放棄して
    「あなたが債務を相続してますから払ってね」
    みたいな連絡が債権者から突如来ることもあるわけです。

    そんなとき、本当かいな?というのを調査したいところ。
    また、プラス・マイナス財産があまりに混合していて、
    放棄すべきなのか承認すべきなのかすぐに判断できない、
    と言う場合もあります。

    そういうときには熟慮期間を延長してもらうことも出来ます。

    ここをクリック:相続の承認又は放棄の期間の伸長

    家庭裁判所に相続放棄の申述をして、
    それが受理されると受理されたよ、という連絡がきます。

    そしたら、別途申請書を出して「受理証明」を
    入手することができます。(1通150円です)
    負債が多かった場合などは、
    その証明を債権者である銀行などに送ったりします。

    必要な書類などはこちらに詳細が載っています。

    ここをクリック:相続の放棄の申述サイト

    (2)限定承認とは

    相続人が遺産を相続するときに
    相続財産を責任の限度として相続することです。

    相続人全員で行う必要があります。

    ◆◆1-4-5.相続、気をつけたい落とし穴

    ◆◆1-4-6.相続税

    (1)「臨宅」について
    ア)相続税の基礎控除額が下がりました

    お金の話といえば、大きな額の一つが相続。

    平成27年1月1日以降に発生した相続から基礎控除額も減りまして、
    5000万円+1000万円×法定相続人の数→
    3000万円+600万円×法定相続人の数、となっております。

    私世代が体験しそうな相続だと、
    配偶者と子2人が比較的典型だと思いますが、

    8000万円の基礎控除→4800万円の基礎控除まで
    下がりますから結構大きな差です。

    団塊世代~もっと昔は、お子さんの数が多いですから、
    その差はさらに大きな金額になります。

    相続税の計算については、配偶者がいれば、
    結構大きな特例が使えますからね。
    この基礎控除が引き下げられても、
    ギリギリセーフって家庭もあると思いますが。
    問題は二次相続※でしょう。

    ※二次相続とは、父が亡くなったときに母と子2名で相続、
    その後母が亡くなったときの母の相続のことです。

    イ)りんたく?

    相続税といえば、実地調査が「臨宅」に注意
    だいたい毎年秋以降に本格化するんですって。
    なんでも、7月に税務署の人事異動があるから、
    それを過ぎてから調査準備に入るからだとか。

    なんとですね、実地調査をされると8割ぐらいの確率で
    申告漏れなどの間違いが見つかっちゃうらしいんですね。

    わざと申告漏れしているとされてしまうと、
    「重加算税」っていう35~40%上乗せっていう
    可能性がありますからね、注意が必要です。

    過小申告加算税っていう過失だって、
    10~15%の加算ですから、小さくはないですよ。

    (2)相続税計算

    計算方法はこちらになります。

    ここをクリック:タックスアンサー:相続税の計算方法

    (3)基礎控除額

    平成27年1月1日の相続から下がりました。

    現在は、3000万円+600万円×法定相続人の数の金額が
    「基礎控除額」という相続税を計算するときに
    まず控除できる金額となります。

    (4)相続税の申告が必要な相続だった場合

    財産の評価が複雑だったり、
    特例の使い方にコツがあったりします。
    税理士さんのアドバイスがあった方がいいです。

    ただ、税理士さんであれば
    誰でも相続税申告に詳しいとは限りません。

    依頼をされるにあたっては、
    自分が相続した財産と似たような財産の評価を
    したことがある方か否か、確認した方がベターです。

    ◆◆1-4-7.相続財産管理人

    (1)相続財産管理人とは

    家庭裁判所から選任される相続人のあることが明らかでない
    相続財産の管理を行う者のことです。

    (2)相続財産管理人が選任されるのは

    もともと相続人がいない、という場合だけでなく
    法定相続人がみんな相続放棄をしていって、
    相続人が誰もいなくなった・・・という場合もあります。

    相続人ではないけれど、生前お世話をしたから、
    その分は財産分与をしてもらいたい、という
    特別縁故者(亡くなった人と特別の縁故のあった人)は、
    この管理人の申立をすることが多いです。

    必要な書類などはこちらに詳細が載っています。

    ここをクリック:裁判所の相続財産管理人の選任サイト

    ◆◆1-4-8.不在者財産管理人

    ◆◆◆1-4-8-1.不在者

    (1)不在者とは

    住所又は居所を去った者のことで、従来の住所又は居所から
    何らかの原因で離脱し、容易に復帰できない人をいいます。

    この人が相続人にいる場合、厄介です。
    遺産分割協議も出来ませんので、やむなく
    不在者財産管理人の選任申立をします。

    (2)不在者財産管理人とは

    不在者に財産管理人がいない場合に、
    不在者自身や不在者の財産について利害関係を有する
    第三者の利益を保護すべく選任される財産管理人です。

    あくまで、申立が必要です。通常、管理人の経費になる
    予納金(よのうきん)が10万円単位で必要になります。

    必要な書類などはこちらに詳細が載っています。

    ここをクリック:裁判所の不在者財産管理人選任サイト

    ◆◆◆1-4-8-2.失踪宣告

    (1)失踪宣告とは

    不在者、または生死不明の人を死亡したものとみなして、
    その人の法律関係を一旦確定させるための制度です。

    (2)失踪宣告には

    家庭裁判所への申立が必要です。

    普通失踪の場合は7年間生死が不明、
    危難失踪(震災など)の場合は1年間生死が不明であれば、
    失踪宣告がなされて、法律上死亡したものとされます。

    行方不明者については、不在者財産管理人ではなく、
    失踪宣告で対応することも考えられます。

    必要な書類などはこちらに詳細が載っています。

    ここをクリック:裁判所の失踪宣告サイト

    ◆◆1-4-9.贈与(高齢者のお金の循環)

    ◆◆◆1-4-9-1.贈与総論

    (1)贈与関係の特例ぞくぞく

    世代間のお金の流れをよくしようと
    (要は、預金の利率が大きくしっかり貯蓄をしてきた
    高齢者世代のお金を下の世代に回そうって話ですが)

    教育資金一括贈与、とか
    結婚・出産・育児資金一括贈与、とか
    住宅取得資金一括贈与、とか
    結構、贈与関係の特例が増えてます。

    皆さんの中にもどれかの特例利用された方いるかも?

    特例の利用だけじゃなく、暦年贈与※の申告者数だって
    5年前の6割強!に増えています。
    ※毎年、毎年の贈与です。

    課税はない金額を贈与してもらったけど、
    将来を見越して申告はしてます。。。という方も、
    ここ5年、毎年10万人ラインと
    結構な数いることが分かっています。

    (2)暦年贈与の注意点

    暦年贈与を行うについてもっとも要注意!なのは、
    「一度にまとめて贈与した」って扱われて
    課税されちゃうこと。これはキツイですよ!

    「暦年贈与」ですと

    年間110万円までが非課税となるんで、
    仮に100万円×5年、毎年贈与したとしましょう。

    100万円-110万円はマイナスなので、
    本来「課税なし」ですよね。

    もし「一括」と扱われちゃうと、
    父母や祖父母からの成人親族への贈与
    という特例税率が使えても、48万5000円が課税されちゃいます。

    計算式はこちら↓

    基礎控除後の課税価格
    500万円-110万円=390万円
    贈与税額の計算
    390万円×15%-10万円=48万5000円!

    0円と48万5000円、これはえらい違いです。

    ちゃんと贈与契約書とか残してくださいね!
    (どのあたりまで書類を整備しとくといいか、
    詳しいところは、身内の方が懇意にしてる
    税理士さんに相談されて下さいね)

    それから、たぶん税務署から見つからないやろう?
    という甘い目論見で申告しないっていうのも
    止めて頂いた方がいいですよ~~。

    万が一、追徴課税されるとキツイですからね☆
    加えて今後のお金の流れにも目をつけられちゃいマス!

    ◆◆◆1-4-9-2.死因贈与契約

    (1)死因贈与契約とは

    贈与者(贈与を行う人)が死亡することで
    効力を生ずる贈与のことです。

    (2)死因贈与契約のメリットは

    贈与者が生きている間に、
    この財産はこの人に・・・ということを明言できる点です。

    あげる人ともらう人の合意なので、
    「やっぱりあげるのやーめた」
    いつも勝手に自由に出来るとは限らないのが特徴です。

    ◆◆◆1-4-9-3.遺贈

    (1)遺贈とは

    遺言書によって、被相続人(亡くなった人)が
    相続財産を相続人にあげることです。

    (2)遺贈の種類
    包括遺贈

    全財産とか、遺産の3分の1とか、
    財産の名目じゃなくて、相続財産の全体に対して、
    一定の割合を示して行う遺贈です。

    特定遺贈

    特定の財産を指定して行う遺贈です。
    例えば、
    自宅の土地は○○へ、△社株式は○○へ、などです。

    ◆1-5.遺言 (高齢者の想いを遺す)

    ◆◆1-5-1.エンディングノート

    ◆◆◆1-5-1-1.いわゆるエンディングノート

    (1)エンディングノートとは

    自分にもしものことがあった時のために、
    残される家族に
    伝えておきたいことをまとめて書いておけるノートのこと、です。

    (2)無料ダウンロード

    太っ腹なことに、こちらのサイトでは、無料で
    用紙がダウンロードできるようになっています。

    ここをクリック:暮らしづくり終活

    ◆◆◆1-5-1-2.万が一処理一覧表のススメ

    (1)処理一覧表とは

    自分に万が一のことがあったとき、金融機関、
    各種契約(水道高熱費~保険~ネット含む)など
    契約を解約するといった処理が必要なものを
    会員番号、連絡先なども記載して一覧表にしたものです。

    (2)処理一覧表作成のススメ

    をするのは、筆者自身が母親が頭部強打した怪我で
    結構長い期間、記憶障害で苦労したことがきっかけです。

    数日前まで普通に話して、元気だった人が
    突然・・・ということに備える必要性を
    痛感したことから毎年1回は改訂しています。

    ◆◆1-5-2.公正証書遺言

    「公正証書遺言」というのは

    (1)そもそも公正証書遺言とは

    公証役場という、全国に280超ある役場で、
    遺言に限らず、各種公正証書というのを作ってくれる場所です。

    遺言の対象となる財産のおおまかな価額によって、
    作るときの手数料が決まります。下記で調べられます。

    ここをクリック:全国の公証役場のサイト

    (2)公正証書遺言は鉄壁?

    公正証書遺言が「堅い」のは間違いないですが。
    ただ、この公正証書遺言ですら、
    作成した当時の意思能力が問題とされ、
    無効となっているケースがあるのです。。。

    認知症が進行してしまうと・・・
    そこで話している言葉が真意だったのかどうか、
    なされた判断が適切だったのか、
    疑わしいとされてしまうことが増えちゃいます。

    だから、認知症が進行した段階で、公正証書遺言を作成した場合、
    そこに書かれた内容に不満がある相続人が、

    「そのとき、もう父は(母は)認知症が進んでいた!!」とか
    「多くもらう○○が、父に(母に)書かせたに違いない!!」

    ということで、争いに発展するケースがあるわけです。

    もちろん、公正証書は、「公証人」という
    オフィシャルな人が関与しているので、
    自筆などに比べれば、その効力が堅いのも事実。

    ただ、認知症が進行していても、
    特に高齢の方は、人前ですと、「シャキッ」なんてことも。

    要介護認定でも、おばぁちゃん、いつもどおりで良かったのに。。。
    ってよく聞く話です。逆のことが公正証書遺言で起こることも。

    せっかく遺した遺言書が無効になるのは、
    遺した人の意にも沿わない話。

    なので、預貯金や現金と比較して、
    不動産や高価な動産、自社株など分割が簡単でない財産があり、
    且つ、自分の相続人が複数人いる方、
    上記のような財産を持っている人の法定相続人の方、

    判断能力や意思能力に対して、
    関係者から疑義を出されないうちに遺言を作成しておくこと、
    相続人側も作成を頼むこと、
    「安心老後」の一方法であることは間違いありません。

    ◆◆1-5-3.自筆証書遺言

    (1)自筆証書遺言とは

    自分で手軽に作成できる遺言ですが、
    自筆で書く必要があるなど、要件が厳しいです。

    遺言をした人が亡くなったのち、
    家庭裁判所で検認という手続きが必要です。

    (2)自筆証書遺言の注意点

    二人でひとつの用紙に書いたりしてもいけません。

    また押印も必要ですし、作成日付も書きましょう。
    間違った箇所はチャチャッと消すのはNG

    訂正した場所を指示して、変更した旨書き添えて、
    署名して変更の場所に押印も必要です。

    ◆◆1-5-4.秘密証書遺言

    (1)秘密証書遺言とは

    「内容」を秘密にしたまま、公証人に「存在」のみを
    証明してもらう遺言のことです。

    (2)秘密証書遺言の注意点

    公証人が関与しますが、自筆証書遺言と同様、
    家庭裁判所で検認が必要という点です。

    また、存在を証明してもらうので、公証人の費用もかかります。

    ◆◆1-5-5.死亡の危急に迫った者の遺言

    死亡の危急に迫った者の遺言とは

    疾病などの事情で、死亡の危急に迫った人が
    遺言をしようとするときの話です。

    証人3人以上の立会いがあって、
    その1人に遺言の趣旨を口授(口で伝えて)します。

    口授を受けた人が筆記して、
    他の人と口授した人に読み聞かせる等して、
    正確なことを承認したあとで、署名・押印、が必要です。

    ◆◆1-5-6.遺言信託/遺言代用信託

    (1)遺言信託とは


    遺言執行者として信託銀行を指定しておいて、
    相続が生じたら、信託銀行が遺言に記載されている通り
    財産の分割に関する手続きを行うサービスです。

    この辺りの金融機関が、遺言信託の検索で上位表示されています。

    ここをクリック:三菱UFJ信託銀行

    ここをクリック:三井住友銀行

    ここをクリック:りそな銀行

    ここをクリック:三井住友信託銀行

    (2)遺言代用信託とは

    死後、遺したお金を被相続人が指定した人が
    引き出せるようにしている信託のことです。

    簡易相続手続でない限り引き出せませんが、
    生活に困らないようにしてあげる、といった配慮から
    この信託を設定する方も結構いらっしゃいます。

    次の金融機関が上位表示されています。

    ここをクリック:三菱UFJ信託銀行

    ここをクリック:スルガ銀行

    ◆◆1-5-7.老後、高齢者の終活ナウ

    (1)「yahoo!エンディング」

    ここをクリック:yahoo!エンディングのサイト

    次のことができます。

    ・メッセージなどの生前の準備
    ・葬儀の手配!
    ・お墓探し

    yahoo!エンディングでは、
    公的な書類で利用者の死亡が確認できると、
    有料サービスも停止されるし、不要なデータも削除!
    お別れのメッセージも一定数に送付してくれます。

    加えて、メモリアルスペースなんてとこに
    遺影にあたる写真が残せたり。
    なかなか至れり尽くせり、であります。

    (2)「ウケツグ」という遺産受継ぎアプリ

    を出しているのがアメイジングライフという会社。
    ここをクリック:アメイジングライフのサイト

    こちらは、「ウケツグ」という
    遺言代わりの遺産受継ぎアプリを提供してる他、

    専門家に質問ができるコミュニティ
    「終活まめ知識」というのも用意。

    他にも、「よりそい」という
    お一人さま高齢者の見守りサービスの提供もあったり、
    色んなサービス提供しています。

    (3)「僕が死んだら・・・」

    というソフトを出しているのがシーリスという会社。

    ここをクリック:「僕が死んだら・・・」のサイト

    人に見られたくないデータが
    自動的に削除されるよう仕組むソフトです。

    (4)その他の終カツお役立ちサービス

    ・筆まめから出ているはじめてのエンディングノート

    ここをクリック:「はじめてのエンディングノート」

    ・PCソフトとかUSBで終カツを管理する

    ここをクリック:「究極の自分整理ノート」

    ・グーグルが提供している

    ここをクリック:「アカウント無効化管理ツール」

    「立つ鳥跡を濁さず」のため、出来ることはしておきたいですね♪

    ◆1-6.老後、高齢者と生命保険(個人向け)

    %e4%bf%9d%e9%99%ba

    ◆◆1-6-1.死亡保障

    (1)死亡保障とは

    一家の大黒柱が死亡したときに
    遺族が受け取れるタイプの生命保険です。

    (2)死亡保障の種類

    定期、終身、養老が主なタイプです。

    定期とは

    保障される期間が決まっているタイプです。
    たとえば、子供が成人する●年後までは・・・みたいな形で
    保障をしてもらうタイプです。

    掛け捨ての分、保険料が安くすみます。

    また、保障の額を徐々に減らすとか増やすとかもできます。

    終身保険とは

    定期の逆で、一生の保障です。

    あんまり短期間だと無理ですが、
    もし途中で解約することになっても、
    一定の解約返戻金(かいやくへんれいきん)が
    得られることが多いです。

    養老保険とは

    満期前に死亡すれば死亡保険金が、
    満期まで元気に生きていれば、
    満期保険金が受け取れる、というタイプです。

    お金が戻ってくるタイプの保険のため、保険料は割高です。

    ◆◆1-6-2.入院・通院保障

    (1)入院保障とは

    病気やケガで院や手術をした場合に
    保険金が支払われるものです。

    最近入院日数を短くする傾向にありますので、
    1日目の入院からカバーするものが多いですね。

    また、一入院について何日保障するか、
    (短いもので60日~1000日というタイプも)

    保険会社によって提供している商品で日数異なりますので、
    注意が必要です。

    (2)通院保障とは

    入院保障に特約でつけられるというタイプです。

    なので、入院もせずに通院するだけでもらえる、
    ということではないので、注意してください。

    ◆◆1-6-3.老後・貯蓄保障

    老後の貯蓄保障とは

    保険で老後の資金不安をカバーするものです。

    2016年からマイナス金利になっているため、
    貯蓄性の高い保険は募集停止されていることも多いです。

    お金という点では、所得税の控除のメリットも含めて、
    個人年金保険が、オススメです。

    ◆◆1-6-4.保険料が家計圧迫?


    ◆◆1-6-5.認知症治療保険


    なんと、認知症治療保険ってのも出てますよ。

    ここをクリック:太陽生命保険の「ひまわり認知症治療保険」

    「ひまわり認知症治療保険」と似た感じの商品はこちら

    ここをクリック:メットライフ生命保険の「ロングタームケア」

    太陽生命保険のひまわり認知症治療保険は、
    認知症と診断されると給付金が受け取れて、早期治療で進行を遅らせたり、
    症状緩和を目指そうって保険です。

    終身と10年の保険期間のがあって、契約は85歳まで出来ます。

    メットライフの「ロングタームケア」は、
    日常生活動作(ADL※)が障害されたときから
    認知症~死亡までの保障になってます。

    契約年齢は65歳までとなっている点が違いますね。

    ※ADLとは、Activities of Daily Livingのことで、
    食物の摂取/排泄/衣服の着脱/入浴/屋外歩行という
    日常生活の基本動作のことです。

    これがどれだけ自立してるかは、高齢者には死活問題!
    この5つが障害されてくると介助/介護が必要になってきます。

    続く・・・coming soon

    ◆◆1-6-6.相続対策としての生命保険


    相続時にも結構モメネタとなりやすいのが「生命保険」であります。

    なんでかといいますと、当たり前ですが、
    生命保険に加入するには原資たる保険料が必要だからです。

    現時点の筆者のようなお一人様の場合、
    契約者=被保険者=受取人=筆者、という契約が多いわけでして。

    私が保険料を納めて、病気とかなった場合は、
    私が保険金を受け取る自腹です。

    ですが、家族がいる方の生命保険の場合、
    大黒柱の人が契約者、遺される家族を受取人、のケースも多く。

    保険料は、大黒柱の方が生前に支払われているので、
    受取人の人は、0円の投資で、相当額の保険金というメリットを
    享受する形になるわけです(他腹?)。

    判例でも、生命保険金は、保険契約の効果だ、
    指定された保険金受取人が直接取得するものであり、
    相続財産には含まれないとしています。

    (=一旦、相続財産に帰属した後に、保険金受取人が
    相続するのではない)って解釈なのです(原則として)。

    この取扱いの問題点は、例えば、父の相続のときに、
    1000万円の財産が残ってて、
    妻たる母、娘、息子で相続するってな話があるとしましょう。

    足しげく実家を訪ねていた娘を受取人に
    1000万円の保険をかけてあげていたとします。

    法定相続分で簡単に計算すると、
    母:500万円、息子:250万円、
    娘:250万円&1000万円の保険金☆ということになり(原則として)
    何となく、不公平感を持っちゃいます、特に息子さん。

    「親父は、その契約したとき、
    もう認知症が結構進んでたじゃないか!」なんて話まで出てきたり。

    どうしても納得いかない場合、訴訟で争う。。。
    なんてことにもなりかねない次第。

    こういう極端な契約しちゃいますと、
    受取人さんは有難いかもしれないのですが、
    相続人間でモメごとを増やすだけです。

    財産を遺す人も、残される人も、ちょっと気をつけたい点です。

    ◆◆1-6-7.老後、高齢者と保険の課税関係

    (1)生命保険の課税関係

    満期保険金/死亡保険金/年金ごとに紹介します。

    以下、「契約者」というのは
    保険を契約して保険料を負担する人です。

    「被保険者」というのは、保険の対象者のことです。
    受取人は各種保険金を受け取る人のことを指します。

    満期保険金

    契約者=被保険者=受取人なら「所得税」です。
    契約者≠受取人なら「贈与税」です。

    死亡保険金

    契約者=受取人≠被保険者なら「所得税」です。
    契約者=被保険者≠受取人なら「相続税」です。
    契約者≠被保険者≠受取人なら「贈与税」です。

    年金

    契約者=被保険者=受取人なら「所得税」です。
    契約者≠被保険者=受取人なら
    年金開始時には「贈与税」ですが、
    毎年年金を受け取る場合は「所得税」です。

    保険金課税の考え方の基本は、
    やっぱりタックスアンサーのサイトです。

    ここをクリック:死亡保険金の課税について

    (2)損害保険の課税関係

    事故に遭って受け取る保険金は非課税です。

    でも、死亡保険金は異なります。
    亡くなった人が保険料を負担していたら、「相続税」となります。

    受取人が負担していたら、「所得税」となります。
    第三者が保険料を負担していたら、贈与税となります。

    ◆1-7.老後、高齢者と損害保険(個人向け)

    ◆◆1-7-1-1.自動車保険

    (1)自動車保険とは

    任意保険のことを意味することが多いです。

    自賠責保険も自動車保険です。

    法律で加入が強制されている保険なので、
    自動車を運行する以上入るので、
    別途検討という点では
    任意保険のことを指すことが多いわけです。

    (2)気をつけたい点

    老後の自動車保険で気をつけたいのは、
    現役の頃みたいに乗らないから、自賠責だけでいいだろうと、
    任意保険に加入しないという方が一定いらっしゃる点です。

    もちろん生活費との兼ね合いもあるので、
    その選択が絶対にダメということではないですが、
    そんなときに限って人身事故を起こしてしまい、
    被害者に後遺障害が残った・・・ということもあるのです。

    最近は、交通事故を起こしたとき、
    交渉を弁護士に任せられる弁護士費用特約(後述)をつける人も多いです。

    ◆◆1-7-1-2.交通事故と高齢者

    (1)交通事故の現状
    交通事故の最近の統計

    ・交通事故の絶対数・・・

    ここ数年、交通事故で亡くなる方の絶対数自体、
    実は減少しているんですね。

    人数自体は減っているのに、
    交通事故の被害に遭う高齢者は、後を絶ちません。

    しかも、75歳以上では交通事故死する人の数は
    増加の一途を辿っているのです。

    統計上でもはっきりしていますが、
    重傷者となりやすいのも、高齢者の特徴です。

    高齢者の致死率は他の年齢層の6.5倍!
    重傷者率は3.1倍なんです!
    以上-警察庁交通局の
    「平成26年中の交通事故の発生状況」より

    ・こんな統計になってしまう理由とは?

    とっさの動きも鈍くなるし、バランス感覚も低下する・・・
    視野が狭くなる・・・音も聞こえにくくなる・・・
    背も縮んでいて、地味な配色の服を着ているから
    ドライバーから見つけにくい・・・・

    高齢者は、交通事故に遭う要素だらけなわけです。

    さらに、自動車に接触されて転倒したときに
    衝撃から身を守る動作をとっさにとれてなかったり、
    もともと骨粗鬆症で大きな骨折につながりやすい、
    怪我の回復力が低下している・・・

    そういうことも重症化の理由ですよね。

    交通事故の被害者になったら・・・

    交通事故は、遭わないように気をつけるのが一番!
    だけど、物損だけでも人損でも、
    被害者と加害者の事故の態様とか
    被害金額などの考え方に相違があるなぁと思ったら
    弁護士を代理人に立てる方がベターです。

    ※物損・・・怪我などは一切なくて、自転車が壊れたとか、
    お買い物カートが壊されたとか、
    人の家の塀、道路のガードレールや標識を壊した、
    といった「物の損害」です。

    人損・・・怪我をしたとか亡くなった場合で、
    現場検証した警察が基本的に決めます。

    ・交通事故の当事者双方の見解に相違がある場合

    弁護士に依頼するのがベターです。
    保険会社のダブルスタンダードというのがひとつの理由です。
    (これは、保険会社が素人さん相手に提示する金額は、
    裁判で認められる金額より低い金額に設定されている、
    というものです。)

    当事者双方の見解に相違があって、争点になる側面は沢山ありますが

    (ア)事故の態様や過失割合が争いになる
    (イ)後遺障害自体が争いになる
    というのがよくある点です。

    (ア)事故の態様や過失割合が争いになる

    加害者が、信号無視・わき見・居眠り・飲酒など
    自らの過ちを認めていればいいですが・・・

    被害者側の過失が大きいとか
    自分に非がないと主張している場合には
    自分ひとりでそれを覆すのは容易ではありません。

    (イ)後遺障害自体が争いになる

    後遺障害が一見して明らかな場合、
    例えば失明とか、
    下肢・手指が切断されてしまったとか、
    杖をつかないと歩行できなくなったとか、

    このようなケースでは後遺障害自体が争いになる、
    ということは少なくなります。

    でも、よくあるむちうちなどの痛みを伴う後遺障害は、
    目に見えないものを争うことになり、
    (「神経症状」はあるのかないのか?という話です)

    交渉自体も難航しますし、そもそも後遺障害の
    等級自体を争う場面も出てきます。

    あとよく問題となるのは、持病との関係性です。

    現在の症状は、交通事故が原因なのか、
    それとも持っていた自分の持病などが原因なのか、
    ここもよく争点になります。

    こうした問題を、自分が治療を受けながら対応していくのは、
    肉体的にも精神的にもとても大変なことです。

    なので、双方の主張が違う・・・という場合は、
    早めに弁護士に依頼した方が何かと楽なのは、間違いありません。

    (2)LACについて
    LACとは

    リーガル・アクセス・センター
    (legal access center)の略です。

    法律相談費用や弁護士費用等が
    保険金として支払われる
    弁護士保険(権利保護保険)が発足したのは
    2000年のことです。

    この弁護士保険【権利保護保険】は、
    現在、自動車保険(共済)、
    火災保険、傷害保険の特約等として、
    各保険会社・共済協同組合から販売されています。

    今までは交通事故事件に特化したサービスでしたが、
    その他の民事事件、例えば借地・借家、
    離婚調停、遺産分割調停、労働事件のような一般事件にも
    拡大する商品が増えてきました。

    いざというときのために、
    あなた/ご家族の加入する保険にこのサービスがついているか
    是非、確認しておいて下さいね。

    LACの利用方法

    日本弁護士連合会(日弁連)と協定を結んでいる
    保険会社・共済協同組合の加入者
    (ご家族もOKの場合もあります)が

    弁護士に依頼しようとするときに、
    日弁連・各地の弁護士会を通じて
    身近な弁護士の紹介を受けることができる、
    というシステムです。

    もちろん、既に弁護士の知り合いがいるから
    その人に頼みたいという場合でも、
    弁護士保険(権利保護保険)の利用は可能です。

    各地の弁護士会との連絡調整や、
    保険会社・共済協同組合との協議等の活動を行う
    「日弁連リーガル・アクセス・センター」
    というのが設置されています。
    http://www.nichibenren.or.jp/activity/resolution/lac.html

    ◆◆1-7-2.住まいの保険

    ◆◆◆1-7-2-1.火災保険

    (1)火災保険とは

    損害保険の一つです。

    建物や住宅内の家財用具が火災や風水害で損害を受けたとき
    それを補填する保険です。

    (2)火災保険の種類

    ベーシックなのが「住宅火災保険」です。

    住まいに関する網羅的なものが
    「住宅総合保険」とか「オールリスクタイプ」というものです。

    住宅ローンとワンセット的に加入するのが「特約火災保険」です。

    ◆◆◆1-7-2-2.地震保険

    (1)地震保険とは

    地震やそれによる津波などを原因として
    発生した損害を補償するものです。

    (2)加入するには

    火災保険につける形で加入します。

    東日本大震災だけでなく、
    2016年に入ってからも熊本で大きな地震があり、
    必要性を考えている方も多い保険です。

    とはいえ、常に補償されるわけではありません。
    全損/半損/一部損と損害区分が分けられているため、
    全損に該当しなければ、
    保険金額の満額を受け取ることはできません。

    ◆◆1-7-3.傷害保険

    ◆◆◆1-7-3-1.自分や家族のため

    自分や家族を守る保険とは

    典型的なのが、普通傷害保険や家族傷害保険です。

    また、前述の自動車保険でも、被害者になったとき、
    自分が加入した保険から
    保険金を受け取るタイプも選択できます。

    最近外国人旅行客の自動車事故が増えていますので、
    自己防衛の視点もさらに重要になってきました。

    ◆◆◆1-7-3-2.他人に加えた損害のため

    他人に与える損害に備えるのは
    個人賠償責任保険です。

    (1)個人賠償責任保険に加入するには

    単体で加入もできますが、
    自動車保険、傷害保険、火災保険などに
    特約としてつけることが多いです。

    認知症の人の徘徊によるJR事故の損害賠償請求事件から
    補償の範囲を拡大してきています。

    (2)ペット賠償責任特約

    がつけられるタイプもあります。
    愛犬が近所の人にかみついた!なんてケースに備えるわけです。

    ◆◆1-7-4.旅行・レジャーの保険

    (1)旅行保険とは

    国内外の旅行において、病気の治療費、携行品損害の補填など、
    旅に付随するトラブルをカバーするものです。

    (2)スポーツ・レジャーの保険とは

    ケガの補償に限定されず、
    携行品の補償とか賠償の補償もされています。

    傷害保険につけるものからスポット的なものもあります。

    ◆1-8.老後、高齢者と少額短期保険

    ミニ保険ってご存知でしょうか?
    正式名称は、「少額短期保険」です。

    今から約10年前に、
    保険業法でちゃんと規制されるようになりました。
    今や80を超える事業者が金融庁に登録されています。

    シニア世代にお役立ちしそうなミニ保険、いくつか御紹介です。

    ア)老老パートナー?

    家族でもある、癒しのペットちゃん。
    最近は、ペットもシニア、飼い主さんもシニア、
    ということも多いです。

    万が一のとき、
    ペットを託す身内に費用が支払われるというのが、こちら。

    ここをクリック:「アスモ少額短期保険(株)のペットのお守り」

    この保険に加入している知り合いは筆者にいないですが、
    公正証書遺言で、残される愛犬のお世話をしてくれる方に
    相当額の財産を遺した。。。って事案は経験しました。

    イ)自分の葬儀費用の不足分が心配

    もしそうなら、費用対効果が高そうなのは下記商品です。

    ここをクリック: SBIいきいき少額短期保険(株)の「安心世代」

    ここをクリック:ベル少額短期保険(株)の「千の風」

    ここをクリック:メモリード・ライフの「1年定期保険」

    ◆1-9.信託(老後、高齢者の想いを活かす)

    %e4%bf%a1%e8%a8%97

    ◆◆1-9-1.高齢者と信託

    (1)信託とは

    委託者が信託行為を行って受託者に財産を移転して、
    受託者は受益者に財産の管理・処分をすることです。

    はい、似たような言葉がたくさん出てきて、
    はっきり言って何のこっちゃ?ですね。

    まず、「委託者」とは

    自分の財産を人に託して何か希望を叶えたい人のことです。

    信託行為

    というのは、信託契約を結んだり、遺言に記載することで、
    「この財産をこうしてね!」と頼むことです。

    「受託者」とは

    委託者がこの人なら、「この財産をこうしてね!」
    という自分の願いを叶えてくれると信頼できる人のことです。

    「委託者」は「受託者」に対して、
    自分の金銭や土地などの財産を移転します。
    (=この移転された財産を「信託財産」といいます)

    そして、「受託者」は「委託者」の願いに従って
    (=設定した信託目的といいます)
    「受益者」(財産管理のメリットを受ける人です)のために
    「委託者」から移転された信託財産の管理・処分などをします。

    (2)個人信託とは

    個人が自分の財産を信託する仕組みのことです。

    信託には、営利信託といって、
    信託業法上の免許をもつ信託銀行のような
    プロが財産管理をするシステムが長く続いてきました。

    個人信託というのは、そういう業者ではなく、
    個人の人に財産管理を任せることです。

    信託業法上の免許を持たない法人に
    財産管理を任せることもできます。

    個人に任せる、免許のない法人に任せる、
    この二つを併せて「民事信託」と呼んでいます。

    (3)高齢者が使う信託

    最近利用が増えている方法としては、

    ・自分の預金や賃料収入から
    自分の生活費として一定額を毎月渡してもらう
    ・自分が死んだ後に、
    障害を持つ子供に一定額を毎月渡してもらう
    ・まず、遺産は○に相続させるけど、○が死んだ後は、
    残りを次は□に渡してやってほしい

    といった遺言や法定後見ではカバーできない部分になります。

    また、遺言信託、遺言代用信託についてはこっちに書いています。

    ここをクリック:遺言信託/遺言代用信託の記事

    ◆◆1-9-2.家族信託

    (1)家族信託とは

    家族による家族のための民事信託です。

    「委託者」が自分の家族を「受託者」として
    信託契約等を結びます。

    そして、「受託者」は任せた財産の管理とか処分をして、
    そこに利益が出た場合などに「受益者」にそれを渡します。

    この「受益者」は「委託者」と同じ人でもいいし、
    別の人でもいいわけです。

    負担と制約の多い法定後見や任意後見に代わって
    2次相続以降の財産承継の柔軟性から遺言に代わって
    家族信託のススメを促進している団体があります。

    ここをクリック:一般社団法人家族信託普及協会

    (2)老後に考えられる家族信託

    老後に考えられる家族信託の
    代表的な例をピックアップしてみます。

    認知症に備えておく

    例えば、こんな感じで活用されます。
    委託者:Aさん
    受託者:Aさんの長男
    受益者:Aさん→死後はAさん妻

    Aさんは判断能力が低下する前から
    自分の不動産などの財産を受託者である長男に移転し、
    自分が生きている間は自分が利益を得て
    生活費や介護費などに充てます。
    (たとえば不動産なら賃料収入とか)

    そして、自分が死亡したのちは、
    その不動産からの利益は自分の妻の生活費に
    充ててもらうように指示しておくというわけです。

    障がいがある子どもの行く末のため

    例えば、こんな感じで活用されます。
    委託者:Aさん
    受託者:Aさんの長女
    受益者:Aさん次女→次女の死後は福祉団体への寄付など
    信託監督人:知り合いの士業者

    Aさんが元気なうちは次女の生活費等のケアは
    自分でできるわけですが、
    自分の死後、次女の生活が心配です。

    そこで、長女に受託者になってもらいます。
    でも、自分が亡き後、
    ちゃんと次女に生活費が渡っているか心配なので、
    知り合いの弁護士とか司法書士などに信託監督人になってもらい、
    いくら以上の出金はその人の了解を得るなどの制約を加えます。

    そして、次女の生活のためでしたから、
    次女が亡くなった後、
    受託者である長女が管理している財産が残っていれば、
    次女がお世話になった福祉団体に寄付する、
    という形に仕組みを作っておくわけです。

    信託なら、多分ここが一番詳しいです。

    ここをクリック:信託といえばココ:富田法務事務所

    ◆◆1-9-3.ペット信託

    ペット信託使うべし

    人生のパートナーを守ってあげましょう!
    皆さんのご実家には、
    わんちゃん、ネコちゃんなどいらっしゃいますか?

    高齢になり、子どもや孫は遠方だし、
    時々しか顔を見せてもらえないから、
    お世話できる子がいると寂しさが紛れるってことで
    飼われる方多いですよね。

    ただ、最近はペットの寿命も長くなっており、
    最悪、自分が亡き後のお世話を
    誰に頼めば。。。という事態になったり、

    身体状況によっては、自宅で住めず施設に入居することになって
    引取り手がいない。。。ってこともあります。

    捨て犬/捨て猫もサポートをしている
    みろくが愛読しているタウン誌があるのですが。
    お子さんが居るから引き取っても、万が一のときでも大丈夫と
    高齢の方に捨てネコを飼ってもらうことにしたら、

    なんとそのお子さんの方が先に亡くなり、
    引き取った方も息子死亡のショックから入院することになって、
    また野良に戻った。。。という話もありました。

    ペットホームとの間で委託契約

    自分がペットちゃんより先に死亡する場合に備えて、
    世話について委託契約をするって方法もあります。

    ただね。。。ペットホームが永遠に不滅です!
    とは限らないのが不安ですよね。

    親族との間で信託!

    つまり、懇意な親族に飼育費用を託して、
    受託者ってのになってもらう方法ってのもあります。

    でも、親族にそんな人居ないんだけど?ってことも。

    「法人」を作っちゃう!

    親族を頼れない場合に自分で法人作る!という手法もあります。

    他にも、お金は「信託会社」という
    お金を預かる業務をしてくれるとこに頼んで
    実際の飼育とお金の管理を分けるって手法も。

    参考になりそうなサイトをリンクしておきます。

    ここをクリック:(一社)ファミリーアニマル支援協会

    ここをクリック:アクサ生命のコラム

    ここをクリック:かおる法務事務所

    ◆1-10.老後、高齢者の生活設計

    %e7%94%9f%e6%b4%bb%e8%a8%ad%e8%a8%88

    ◆◆1-10-1.ライフプラン

    (1)ライフプランとは

    人生の計画表のことです。

    ファイナンシャルプランニングでは、
    まずライフイベント表というのを作ります。

    これは、自分&家族の出来事予定表みたいなものです。

    いつ子供が小学校、中学校入学、高校、大学進学、
    車の買い替え、住宅を購入など、
    大きなイベントを年齢とともに表にします。

    (2)キャッシュフロー表

    ライフイベント表をもとに生活費とイベントの費用の
    資金繰りを一覧表にしていくものです。

    これを作成することで、
    このタイミングでこのぐらいのマイナスが発生する、
    ということが視覚的に把握できます。

    じゃぁ、貯蓄が必要だとか、
    妻がもっと早くパートに出なければとか、
    自分が副業をしなければとか、子供の私立学校無理なので、
    小学校・中学校は公立で、などの計画が立てられるわけです。

    老後の資金繰りについても利用できます。

    自分たちの年齢は決まっていますから、
    平均余命、予定年金額などを入れて、
    今の生活費だといくら不足するか、どこを削れるか、
    削りたくないなら、定年後再雇用してもらうなどで、
    何歳まで働ければいいか、見通しが立てられるのです。

    ◆◆1-10-2.住宅ローン

    (1)住宅ローンとは

    住宅の購入資金と使途が限定されていることで、
    金利が低く、返済期間もきわめて長期に設定されているローンです。

    (2)住宅ローン減税

    消費税率の引き上げに伴い、制度が拡充されています。

    ここをクリック:国土交通省のページ

    (3)リフォームローンとは

    住宅を改築・改装する際に利用する住宅ローンの一種です。

    老後になければ、長期のローンを組んで自宅を新築する、
    ということは稀ですので、
    基本的には今ある自宅をリフォームします。

    工事費用の満額が借りられる場合もありますが、
    中古の自宅の価格●パーセントまで、と制限されて
    リフォーム資金の予定が立たないことも出てきます。

    介護に備えてのバリアフリーもあるでしょう。
    中古マンションを購入してそこに手すりなどを
    設置してフラット35sが使えるという場合もあります。

    ここをクリック:住宅金融支援機構のページ

    ◆◆1-10-3.特定空き家(高齢者の遺したもの)

    空家等対策の推進に関する特別措置法

    の存在に注意が必要、です。

    自分では、古い家屋を所有するつもりがなくても、
    相続しちゃう、ってこともありますよね。

    もちろん、相続放棄ってやつをすれば、
    次の順位の人などに回ります。
    でも、負債じゃないから・・・と
    相続放棄しないまま所有者になってる人の方が多数。

    最近は、古い建物で近隣に迷惑かけそうなもの、
    市町村から「補修か取り壊ししてね☆」って連絡がくることが。

    これが「空家等対策の推進に関する特別措置法」
    に基づく空き家対策の一環です。

    一口に「修補」といっても

    築年数とか、補修箇所によっては
    取り壊しの2分の1~3分の2ぐらいの費用がかかることも!

    まさに「保有するも地獄、取り壊しも地獄」って感じです。

    そんなときに利用できる可能性があるのが、
    市町村の老朽家屋の解体(除却)費用の「助成金」制度です!

    私の住む福岡県では、北九州市、大牟田市、久留米市、
    飯塚市、大川市などで除却(取り壊し)タイプの
    助成金制度がありました。

    予算の関係で新年度に入ったらすぐに申請しないと、
    今年度の予算尽きました、はい残念でした、
    ということがあるので注意してください。

    ◆◆1-10-4.高齢者になった後の住まい

    (1)高齢者になった後、老後の住まい

    老後(高齢期)の住まいは、大別すると

    ・自宅
    (介護保険を使う/自己負担の住宅改修含む)
    ・高齢者賃貸住宅
    ・有料老人ホーム
    ・軽費老人ホーム
    ・介護保険施設
    ・措置施設

    といったところになります。

    自宅については、住宅改修のところに譲るとして、
    順番にご説明していきましょう。

    (ア)高齢者賃貸住宅

    高齢者賃貸住宅とは
    介護不要~軽度の要介護の人向けの住宅で
    ・サービス付き高齢者向け住宅
    ・シルバーハウジング
    ・住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業

    があります。

    サービス付き高齢者向け住宅とは

    俗に「サ高住」と呼ばれています。

    昔は、高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)」
    「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」
    「高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)」
    って分かれていたのが、一体化されました。

    60歳以上か介護保険の要支援・要介護の
    認定を受けた人が入居できます。

    「サ高住」たる最低限の基準とは

    (A)バリアフリーであること(当たり前ですが)

    (B)事業者からの解約が制限されてます
    (高齢になって追い出されるのは。。。キツイですから)

    (C)入居者の安否確認

    (D)生活相談サービス
    (孤独死ってことはないわけです)

    あたりが定められています。

    ------2016年11月続報------

    2016年7月末現在で、サ高住は20万3873戸と
    急増しています。

    サ高住の入居費っていくら?

    家賃と共益費で地方なら9万円、
    これに生活相談サービス3万円
    総額大体毎月12万円ぐらいが相場かな、という感じです。

    でも、これが東京平均となると倍ですからね、
    そりゃ、入居できる人が限定されてしまいますね。

    福岡市内で検索したんですが、安いところで
    家賃と共益費で6.2万円~というのがありました。
    ここは「食事は自分でやってね」ってとこです。

    生活相談+食事+介護など網羅されているところは、
    やっぱり家賃と共益費で9万円~でしたね。

    これに状況把握や生活相談で32000円~だから、
    福岡市中央区も全国平均って感じです。

    やっぱり住みなれた自宅がいい!!なのか、
    独居だから。。。不安だし施設探す!!なのか、
    自分がどこでどういう暮らしをしながら
    余生を過ごしたいのか?

    それを突き詰めて、許容範囲で実現する方法を探していく、
    結構しんどい作業です。。。

    サ高住は、割と金額が低めで安心サービスもある、
    という選択肢の一つです。

    サービス付き高齢者住宅(サ高住)関連の改正

    全国のサ高住は、
    専用ホームページで検索できるのですが、
    ここをクリック:サ高住情報提供システム
    広さや家賃などの検索が主でした。

    そこで、国土交通省は、平成28年度内に
    介護サービスの内容の公開を促す方針です。

    また、提供されている介護サービスの内容が
    適切かどうか第三者(=高齢者住宅推進機構)が
    評価する仕組みも導入予定となっています。

    この背景には、
    当初ある程度自立した高齢者の住まいとして
    サ高住を予定していたものの、
    実際には本格的な介護が必要な入居者が
    増えていることがあります。

    統計的にも自立歩行が困難な要介護3以上の
    入居者が3割を占めているのです。

    シルバーハウジングとは</h6
    公営住宅のうち、ライフサポートアドバイザー(LSA)
    という人がいて、生活相談や安否の確認、
    また緊急時対応もしてくれるところです。

    お住まいの地域の
    UR都市機構や都道府県営住宅で詳細をお尋ねくださいね。

    ここをクリック:UR都市機構

    全国の公営賃貸住宅が検索できます。
    ここをクリック:全国住宅供給公社等連合会

    住宅確保要配慮者あんしん居宅推進事業とは

    高齢者・障害者・子育て世帯の居住の安定確保を図るため、
    平成27年度に導入された空き家等の活用制度です。

    空き家等を活用して、居住支援協議会等と連携して
    入居ニーズや住宅オーナーの意向も踏まえた
    一定の質が確保された低廉な家賃の賃貸住宅の供給をするため
    改修工事に対しての補助を行う事業のことです。

    ここをクリック:あんしん住宅検索サイト

    (イ)有料老人ホーム

    食事/介護/洗濯・掃除/健康管理
    といったサービスを単発・複数提供しているところです。

    ・介護付
    ・住宅型
    ・健康型

    に分かれます。

    介護付有料老人ホームとは

    有料老人ホームの中でも
    介護保険の特定施設の指定を受けたものとなります。

    介護はホームの職員から受けるのが基本ですが、
    ごく一部のホームでは、委託契約した
    外部の介護サービス事業者から受けられるところもあります。

    ※特定施設とは・・・
    都道府県から指定を受けた施設で、
    介護付有料老人ホームの他に、
    前述のサ高住、
    後述の養護老人ホーム、
    軽費老人ホームが該当します。

    要介護者だけが入居できる「介護専用型」と
    どっちでも入居できる「混合型」があります。

    住宅型有料老人ホームとは

    介護保険の特定施設の指定を受けていない
    有料老人ホームです。

    ホームからは介護サービスの提供はないので、
    もし介護が必要になったときは
    外部の介護サービスを利用することになります。

    健康型有料老人ホームとは

    介護サービスを提供しない有料老人ホームで、
    介護が必要になると退去することになります。

    あまりにも利便性が低いので、
    他の類型に転換が進んでいて減っています。

    (ウ)軽費老人ホーム

    家庭環境、住宅環境が理由で
    自宅生活ができない高齢者が入所できる施設です。
    食事の提供や
    日常生活上の便宜を図ってもらえるのですが、
    費用が抑えてある(一部無料)のが特徴です。

    ・A型
    ・B型
    ・都市型
    ・ケアハウス

    があります。

    軽費老人ホームA型とは

    4畳以上の居室免責で、食事の提供や
    日常生活上の便宜を図ってもらえます。

    ただ、1990年以降新設されておらず、
    今後は後述のケアハウスへ建替えられます。

    軽費老人ホームB型とは

    単身だと10畳以上、夫婦だと15畳以上で、
    日常生活上の便宜を図ってもらえます。
    食事は自炊が基本です。

    ただ、1990年以降新設されておらず、
    今後は後述のケアハウスへ建替えられます。

    都市型軽費老人ホームとは

    大都市圏で対応できるよう、居住面積基準が
    緩和されていて、利用定員も20人以下のものです。
    4.5畳以上ならOKですが、6.5畳以上が望ましい、
    とされています。

    全国の軽費老人ホームが一目で検索できます。
    ここをクリック::軽費老人ホーム検索サイト

    ケアハウスとは

    車いすを利用するようになっても自立した生活ができる、
    というのを目指しているため、バリアフリー構造で、
    単身だと13畳以上、夫婦だと19畳以上と
    広く居室面積が定められています。

    全国のケアハウスが一目で検索できます。
    ここをクリック:ケアハウス検索サイト

    ケアハウスは特別養護老人ホームに
    併設されていることが多いです。
    要介護者に介護サービスを提供する特養と併設すると
    介護サービスは提供しないケアハウスとの間で
    効率的な運営が出来るし、
    特養が持つ機能およびサービスを有効活用できるからです。

    (エ)介護保険施設

    介護保険サービスが利用できる施設で、
    逆にいえば要介護認定を受けた人だけが利用できます。

    ・介護老人福祉施設(=特養)
    ・介護老人保健施設(=老健)
    ・介護療養型医療施設(介護療養病床)

    があります。

    特養・・・特別養護老人ホームとは

    洋介護状態の高齢者に対して、居住・介護サービスを
    提供する介護保険施設。

    新規入所は原則要介護3以上となりました。
    入所待ち待機者が多いと言われ、
    この待機者がサ高住へ流れているのが現状です。

    老健・・・介護老人保健施設とは

    医療機関を退院後、症状が安定期にある高齢者が
    在宅復帰を目指して医療・介護・リハビリサービスを
    提供してもらえる介護保険施設です。

    介護療養病床とは

    長期療養が必要な要介護者向けの介護保険施設。
    本来2017年度までに廃止する方針だったのですが・・・

    設置期限を延長すべきではないかという意見や
    医療を外から提供する
    「住まいと医療機関の併設類型」という「新たな類型」に
    シフトすべきではないかとの意見が錯綜していて、
    2016年11月現在結論が出ていません。

    (オ)措置施設

    養護老人ホームがここに当たります。

    環境、経済的理由から、自宅での生活が
    困難な高齢者を対象として、
    市町村が措置として入所をさせます。

    介護が必要になった場合、その養護老人ホームが
    介護保険の特定施設の指定を受けていれば、
    外部の介護サービス事業者からサービス提供を
    受けることができます。

    養護老人ホームに限定されませんが、
    地域等を指定して検索できます。
    ここをクリック:全国老人福祉施設協議会のサイト

    (2)住まいの「譲れないもの」って何ですか?

    特に今は浮かばないよ~って方は、
    高齢のお知り合いが来て、
    使いにくそうな場所、不便な部分ないでしょうか?

    高齢期の住まい方を
    上のタイプ別とは違う視点で分析してみました。

    ・その1:自宅に住み続ける、そのためリフォーム(とか建替)

    ・その2:自宅を売却(OR残し)マンションを購入/賃貸

    ・その3:自宅を売却(OR残し)各種施設へ入居

    という辺りが考えられると思います。

    叔母は現在、福岡市近郊の町に住んでいますが、
    路線バスとかがないので、
    車の運転が出来なくなったらアウトだと語っています。
    (なので、近々生活の拠点を変えるそうです)

    同じような理由で、病院や買い物に便利な
    駅が近いマンションに移る方も多くなっています。

    ※マンションへの買い替えは、敷地地部分の相続税評価を
    下げることにも一役買ってくれます。

    自宅の土地評価が高くて相続対策が大変って方も終の棲家に
    マンションを選択肢に入れてあったりします。

    「やっぱり住み慣れた我が家だよ!!」の場合

    比較的最近建替えた場合は別として、
    普通は完全バリアフリーになんてなってませんから、
    手を入れる必要がありますよね。

    例えば、昔ながらのタイル張りの浴室(在来浴室)などは、
    冬場はどうしても寒くて血圧の上下が怖いという点があります。
    (いわゆる「ヒートショック」ですね!)

    ユニットバスにするには
    100~150万円くらいって言われています。
    (もちろんピンキリですよ)

    全面改装の金額がキツイ場合には、
    壁付けの浴室暖房乾燥機をつけるのもアリかもです。
    壁付けの浴室暖房乾燥機だと、
    10万円内から15万円内でなんとかなりそうです。

    トイレのL型手すり、
    これもメーカーと業者次第でピンキリになりますが、
    24000円(諸経費込)ぐらいですね。

    キッチンやリビングを床暖房にして
    床張替えってなると結構かかりますから
    70万円程度見ておく必要があるとか。

    予算の枠内で、「あなたが住まいで譲れないものって何?」
    是非、元気なうちに一度考えてみてくださいね☆

    (3)長期優良住宅
    長期優良住宅とは

    「長期にわたり
    良好な状態で使用するための
    措置が講じられた優良な住宅」と定義されています。

    住宅を長期間使用できることで、
    住宅の解体・除却での廃棄物の排出を抑制して、
    環境負荷を出来るだけ低くする・・・

    住宅を建替える費用も削減されることで、
    人々の暮らしが環境への優しく
    豊かなものに転換していきましょう、という制度です。

    2014年からは、中古住宅にも導入されています。

    ここをクリック:国土交通省のページ

    長期優良住宅の認定基準

    長期優良住宅となる9つの性能は、次のとおりです。

    ・構造躯体(くたい)等の劣化対策(耐久性)
    ・耐震性
    ・維持管理・更新の容易性
    ・省エネルギー対策
    ・居住環境への配慮
    ・暮らしやすい広さの確保(住戸面積)
    ・維持保全計画

    ・間取りの変更容易性(可変性) ※
    ・高齢者等対策(バリアフリー性) ※
    ※は共同住宅等だけに当てはまります

    長期優良住宅のメリット・デメリット

    メリット・・・
    税金(所得税の住宅ローン控除や投資型減税、
    登録免許税、不動産取得税、固定資産税)や
    金利優遇などのメリットがあります。

    デメリット・・・
    申請に時間もコストもかかりますし、
    建築コストが増えたり、
    10年ごとの点検などのコストも念頭に置く必要があります。

    ◆◆1-10-5.老後の生き様-没イチ・卒婚

    (1)「没イチ」ってご存知ですか?

    配偶者を亡くして単身になった人を言うのだとか。

    女性の方が「平均寿命」は長いので、
    どっちかといえば女性がこの立場になりますよね。

    私が知っている老齢の御夫婦でも、
    大概が御主人が先に亡くなって奥様が
    その後10年単位でお元気でいらっしゃる。
    しかも、色々と元気に
    残りの人生を謳歌されている、というパターンが多く。

    ところが最近、先に奥様を亡くされた
    男性没イチの大先輩でも元気に暮らしている方が増えたとか。

    とかく男性はお仕事中心の人間関係が多いですが、
    元気にしてある方は、
    町内ですとか、趣味ですとか、そういう生きがいに積極的。

    仕事バリバリで人付き合いが限られていた
    お父様、お祖父様をお持ちの方、
    是非、長期休暇に帰省したときに
    何か別の生きがいもプラスすることを
    何気なく、オススメ頂ければと思います☆

    (2)卒婚

    「離婚」ではなく、子どもが巣立ったことなどをきっかけに
    夫婦の役割分担を一旦リセットないし見直して、
    関係を結び直すという「卒婚」。

    いま、じわじわと広がって、離婚の危機にあるご夫婦が
    離婚ではなく卒婚を選択し、
    絆を結び直すことも増えているそうです。

    離婚も一つの人生の選択肢、
    ただ、せっかくの御縁を結び直す卒婚、
    これも素晴らしい選択肢だと思います。

    ◆1-11.突然の災害等に使える制度

    自然災害についての公的支援

    どんなものがあるのか、「備えあれば憂いなし」ってことで、
    知っておいて損はない支援をシェアします。

    自然災害で家が被害を受けた

    まず、肝心要、やっぱり、雨風しのぐ場である「家」
    これは我々の生活に無くてはならないものです。

    「被災者生活再建支援法」という法律が出来ておりまして、
    自然災害で家が大きな被害を受けたら
    最大300万円の支援金が受け取れます。

    ・災害弔慰金

    →自然災害で亡くなられた方が出たときの遺族の方へ

    ・災害障害見舞金

    →自然災害で重度の障害が残った方へ
    といった制度もあります。

    一度、お住いの市区町村のサイトで
    情報提供がないか御確認ください。

    「災害援護資金」

    というのもあります。返済しなくていけませんが、
    世帯の人数によって貸付金額が違っていて、年3%の利子です。

    同じく貸付であれば、

    「生活福祉資金貸付」

    という、都道府県社会福祉協議会(俗に「社協」)が
    行うものもあります。
    社協の貸付って、かなりバラエティに富んでいるんですよ。
    自然災害限定ではないものもあります。

    ここをクリック:社協の「生活福祉資金貸付」

    税の特別措置など

    国税でも地方税でも、税金については、特別措置があります。

    雇用保険だったら失業等手当の個別延長給付されたり、
    健康保険や国民年金保険料についても、
    配慮をしてもらえる、など、色々あります。

    ここをクリック:各種制度の概要

    PDFファイルになっているので、データ保存しておかれると、
    まさに「備えあれば・・・」で便利だと思います♪

    ◆1-12.葬儀サービストラブル

    葬儀サービスのトラブル今でも多いです。
    2009年~2014年に比較すると減ってますけど
    (この時期は、年間500件をかるく超えているんですよ)

    今でも国民生活センター等に寄せられる
    トラブルってやっぱり、料金絡みがダントツってことです。

    当たり前なんですが、ゆっくり
    考えている場合じゃないですもんね、葬儀って。

    中には、遺体搬送用のストレッチャーが
    搬送先で使えないことが病院に到着した後分かって
    高額な追加料金発生なんて避けようがないことも起こったり。

    ごくごく簡易にしようと思って相談してみると、
    (今はこういう考えの方も多いですよね)
    何やかんやと説得されて面倒になってしまい、
    通常サービスで申し込んでしまって。。。なんてことも。

    私のとこも、母親と叔母からは
    「直葬」でって指示されてますが、
    (火葬料込みで20~30万円程度が多いです)

    24時間の霊安の場所も必要だし、
    結局、何やかんやで有料サービスが必要だったり。
    お寺に無断だと納骨させてもらえなかったり
    (うちは寺の外に納骨堂があるんで↑は大丈夫)

    戒名等の関係でゴタゴタするとか。
    (これは要検討かも?でも高知だし。。。
    今ある納骨堂じゃなくて宗旨/宗派不問の
    永代供養とかも考えてるんですけど)

    私も含め、読者の皆様も
    ご実家の方式の確認が今一度必要でしょうし、
    ご家族の意向なんかも知っておくことをオススメします。

    ◆1-13.老後、高齢者の生活マメ知識

    ◆◆1-13-1.冠婚葬祭etc...

    (1)冠婚とは

    元服(成人式)・婚礼のことです。

    (2)葬祭とは

    葬式・祖先の祭礼のことです。

    (3)高齢者と冠婚葬祭といえば互助会です。

    互助会とは、いずれやってくる結婚式や、
    お葬式などに備えて、会費を積み立てていくシステム。

    毎月の積立額が大きくないので、
    いざそのときの負担感が少なくてすみます。

    互助会ドットコムはこちら

    ここをクリック:互助会ドットコム公式サイト

    きよらかのサイト

    ここをクリック:きよらかのサイト

    ここは、簡単家系図作成ソフトや
    あいさつ文作成ソフトなんかもあって便利です。

    ◆◆1-13-2.各種法事

    (1)法事とは

    仏教で、死者の冥福(めいふく)のために
    忌日(きにち)に行う儀式のことです。

    (2)法要とは

    住職にお経をあげてもらうことです。

    (3)法事と法要の違い

    遺族が故人を偲び冥福を祈るために行うことを
    「追善供養」といいます。

    厳密にはお経をあげてもらう追善供養を「法要」と呼んで、
    追善供養の後席の会食まで含むものを「法事」と呼ぶそうです。

    (4)法事の忌日法要(きびほうよう)

    死後七日ごとに四十九日まで行います。

    初七日 しょなのか
    二七日 ふたなのか
    三七日 みなのか
    四七日 よなのか

    五七日(=三十五日)いつなのか
    六七日 むなのか
    七七日(=四十九日)なななのか
    百カ日 ひゃっかにち

    (5)法事の年忌(ねんき)

    次のような種類があります。

    一周忌・三回忌・七回忌
    十三回忌・十七回忌
    二三回忌・二十七回忌
    三十三回忌・三十七回忌
    四十三回忌・四十七回忌
    五十回忌・百回忌

    2.気力を支える身体の健康

    %e5%81%a5%e5%ba%b7

    ◆2-1.アロマテラピーの基礎

    ◆◆2-1-1.芳香浴

    (1)芳香浴とは

    部屋の空気中に精油を拡散させて楽しむ方法です。

    (2)芳香浴の方法
    ア)水を使うディフューザー

    ディフューザーという道具に
    水を入れる部分があり、そこに精油を数滴垂らして使います。

    細かい振動で水がミスト化され、
    精油も一緒に拡散するという仕組みです。

    湿度が高い時期はあまりオススメではないです。

    イ)水を使わないディフューザー

    超音波タイプです。

    振動でミスト化するというのは水を
    使うタイプと同じですが、精油のみを使用します。

    香りも濃いですが、精油が結構減りますから、
    コスパ的の点から毎日の長時間使用には向きません。

    ウ)アロマランプ

    精油の受け皿の下にランプがついていて、
    (ろうそくなどのタイプもあります)
    熱で精油を拡散させるタイプです。

    熱が加わりますので、超音波タイプに比べると
    香りのフレッシュさは落ちます。

    エ)ティッシュで行う

    ご年配の方のように嗅覚が衰えている人、
    身近に道具がないとき、出先などでオススメの方法です。

    ただティッシュに数滴垂らすというもの。とても手軽です。
    精油がついているティッシュが
    洋服にひっつくとシミになってオオゴトなので、
    その点だけ気をつけてください。

    ◆◆2-1-2.手作りアロマ

    ◆◆◆2-1-2-1.手作りできるもの

    (1)高齢者にオススメ手作り

    ルームスプレー(手軽な気分転換にオススメ)
    バスソルト(追い炊き風呂がまは使えません)などがあります。

    また、無添加で作れますので、お肌に直接塗るものもオススメ。

    ・トリートメントオイル(乾燥肌/秋~冬場good)
    ・化粧水(グリセリンなどを入れるとしっとり系へ)
    ・保湿クリーム/ハンドクリーム
    (ミツロウの配合割合で固めもゆるめも自在)

    なども作れます。

    (2)高齢者に特にオススメ-クレイ湿布

    精油は、時に人によって合う合わないがあります。
    飲んでいるお薬や持病によっては禁忌もあります。

    でも、クレイ(いわゆる泥、粘土です)は、
    高齢者の方にも使いやすいですし、
    何よりデトックス効果がすばらしいです。

    デトックス能力が下がった
    高齢者の身体元気をサポートしてくれます。

    クレイとは

    岩石が変化して出来た粘土のことです。
    採取場所によって含まれるミネラルが違います。

    セラピーで使うクレイには、
    ホワイト、ピンク、イエロー、レッド、グリーンなどあって、
    たとえばレッドには鉄分が多いですし、
    ホワイトは色からもわかるようにマイルドなので、
    お顔などに使いやすいです。

    泥とか身体にいいわけ?何か役に立つわけ?と思ったあなた!

    メディカルアロマ発祥の地フランスでは、
    戦争中、
    赤痢の蔓延をクレイの内服で克服したということも。

    クレイの表面がマイナスに帯電していることから、
    体内の不要なプラスイオンを吸収してくれる、という仕組み。
    (体内の要らんものって大抵プラスに帯電してるんです)

    内服をしている方もいますが、なかなかね、
    粘土を溶かして飲む・・・
    ということは抵抗がある方も多いかと。

    そこで、クレイ簡単利用方法-「クレイ湿布」をご紹介します。

    使うと便利なのがこちらの湿布シート
    %e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97_1

    【作り方】
    ◎STEP1
    クレイをぼてっとするぐらいの固さに溶かす
    (溶かす?という表現が妥当なのか。。。?
    小さな容器に精製水+クレイを適当に入れて、
    固ければ水を足し、柔らかいときはクレイをちょい足し、
    という原始的方法でOK、だんだん適量が分かってくるかと。。。)

    ◎STEP2
    適宜の大きさの湿布シートに
    リードクッキングペーパー等の不繊紙を置いて、
    その上にヘラなどでクレイをすくって、ドカっと載せる
    湿布完成図:
    t02200140_0553035113722084706

    ◎STEP3
    完成した湿布をデトックスしたい場所に貼るだけ

    筆者は、よく肝臓の位置(みぞおち右側)、下腹部に貼ります。
    頭が重い、頭痛がする。。。系のときは額/首後ろも。
    胸にもちょくちょく貼ります
    (ただ女性はシートなくても、胸なら下着に挟んでOK)

    さらに、火傷/切り傷も大抵これでOK
    ここをクリック:筆者の火傷とクレイ

    乾燥するまで貼っててOKです。
    シート/クレイ自体が痒いって思ったら外して下さい!


    【注意点など】
    西洋のお薬で強いものを服用している人の場合、
    デトックス作用の関係で蕁麻疹とか出るかもです。

    体に不要になったものが溜まっている人も。

    筆者の叔母は、乳がんで抗がん剤を飲んでいたので
    クレイ湿布してあげると、翌日ぐらいかな、
    蕁麻疹がひどく出て1回で中止したことがあります。
    (抗がん剤の服用は5年以上も前だったのにです)

    筆者も、やり始めの頃は、脂肪の多い箇所に
    湿疹(でも痒くなかったので続けられました)出てました。
    今も久しぶりにすると、
    ジャンクが身体に残ってそうなとき湿疹は出ます。
    でも要らないものは出したいので。

    そうそう、「勿体ない!の心」がしっかりあるシニアの方は、
    くれぐれも使ったクレイを再利用しないようご注意を。

    たくさん不要物を吸い込んでおりますので、
    ちゃんとゴミ箱にポイっしてくださいね。

    ◆◆◆2-1-2-2.手作りの際、気をつけたい点

    (1)一番気をつけたい点

    無添加で作る(自然の防腐剤もありますがー)ので、
    長期保存には向かない、という点です。

    特に、肌に直接つけるものは、一度にたくさん作らず、
    常に新鮮な状態をキープしてください。

    (2)次に注意したい点

    濃度です。自然のものなので、どうしても
    市販のグッズよりも香りが薄く感じます。

    だからといって、濃い濃度で作ってしまうと、
    肌にトラブルが生じるだけでなく、
    肝臓などの解毒作用を司る器官にも、
    影響が出ることがあります。

    特に高齢の方は解毒作用が落ちていますので、
    1~せいぜい2パーセントあたりで作って、
    長く楽しんで頂くことがオススメです。

    ◆2-2.アロマテラピーの応用

    ◆◆2-2-1.アロマボディトリートメント

    (1)アロマボディトリートメントとは

    植物オイル(キャリアオイルと言います)に精油を混ぜて
    全身のトリートメントを行うことです。

    (2)高齢者にとってのアロマボディトリートメント

    もともとボディトリートメントは全身の循環、
    刺激を与えることで筋肉や腱といったパーツ、
    さらに内臓の働きもよくなります。

    それに加え、アロマボディィトリートメントは、
    呼吸器からだけでなく、皮膚からも精油の成分を
    体内に取り入れることができるので、
    全身状態をよくしていくのに役立ちます。

    高齢になると、体内の老廃物が外に出て行きにくくなります。
    その老廃物の排出を促進する、という点でも、
    アロマボディトリートメントは役立ちます。

    ◆◆2-2-2.アロマハンドトリートメント

     (1)アロマハンドトリートメントとは

    植物オイル(キャリアオイルと言います)に精油を混ぜて
    手の先~肘の辺りまでのトリートメントを行うことです。

    (2)高齢者にとってのハンドトリートメント

    手の先から肘まででも、かなり体内の循環はよくなります。

    また、手にはツボがたくさんありますから、
    そこを押すことで、健康促進も図れます。

    ここをクリック:手のツボ図解サイト

    何より、スキンシップになりますから、
    「セロトニン」「オキシトシン」という
    幸福ホルモンの別名があるホルモンの分泌が盛んになります。

    セロトニンは、心を激しく波打たせるドーパミンや
    ノルアドレナリンといった神経伝達物質を抑えて、
    平穏な心を保つことに役立ちます。

    また、オキシトシンは、
    心理的・精神的ストレスを緩和して
    心身がゆったりして、脳と心の疲れを癒す効果があります。

    また、コルチゾールという物質の分泌を抑制するため、
    糖尿病や高血圧といった生活習慣病の予防に役立ちます。

    ◆◆2-2-3.高齢者向けアロマ

    ◆◆◆2-2-3-1.認知症と嗅覚の関係

    (1)嗅覚の特性

    嗅覚は、聴覚・視覚・味覚・皮膚感覚と違って、
    真っ先に伝わる、というのが特徴です。

    「大脳辺縁系」とは

    だいのうへんえんけい、と読みます。

    喜怒哀楽といった感情を現したり、
    各種本能(食欲、性欲、睡眠欲、意欲)、
    神秘的な感覚、睡眠や夢なども司ります。

    また、記憶や自律神経活動に関与するので、
    人が人として生きていくことに密接な部分です。

    (2)認知症との関係

    認知症、特に4割以上を占めるに至っている
    アルツハイマー型認知症では、
    最初に変異が現れるのは、実は嗅覚の分野なのです。

    この研究で有名なのは2007年の米シカゴ大
    医療センターのロバート・ウィルソン氏等の研究です。

    また、ブレインクリア精油の箇所で
    お伝えしていますが、鳥取大学の浦上教授も、
    高齢者の嗅覚の衰えから
    認知症対策アロマブレンドの研究に至りました。

    ◆◆◆2-2-1-2.ブレインクリア精油

    認知症対策アロマ(=ブレインクリア)についてです。

    テレビの番組でも取り上げられていましたから、
    ご存知の方も多いのではないでしょうか?

    ブレインクリアの配合は

    朝(午前中)にローズマリーカンファー*2、レモン*1
    夜眠る前後にラベンダー*2、オレンジ・スイート*1
    の割合で行う精油の芳香浴♪

    こちらは、大学の研究/臨床結果から
    導き出されている配合なので、
    認知機能の改善・維持に一役買うのは間違いない

    精油のケモタイプ

    ケモタイプというのは、「化学種」のことで、
    科学的に分析された特徴的な成分の含有率によって
    植物を分類・同定することです。

    ローズマリーにもケモタイプといって
    色んな種類がありますが、
    認知機能用には「カンファー」がよいです☆

    ラベンダーも、ケモタイプ各種ありますが、
    一般的なラベンダーの
    「angustifolia(アングスティフォリア)」がよいそうです☆
    「真正ラベンダー」とかって書いてあることも。

    こっちの香り嫌いなんだけど?

    朝用か夜用のどちらかがあんまり好きでないこともあり得ます。

    通常、自分が好きな香りを使うのが間違いない!のですが、
    認知機能改善や維持には、朝と夜、
    ちゃんと両方のブレンドを使う方が効果的とされています。

    お使いになるときは、是非両方のブレンドを使ってくださいませ☆

    例えばアルツハイマー病で、
    脳の委縮がかなり進行し始めてしまうと
    それを劇的にストップする、とまではいかないようです。

    その手前、50代ぐらいから、予防的に使うと効果的です☆

    ◆◆◆2-2-1-3.安眠にオススメ精油

    オススメはマンダリンです。
    オレンジスイートと比較してみました。

    %e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%aa%e3%83%b3%e5%af%be%e6%af%94%e8%a1%a8

    森林浴の香りって言われるαとβーの各ピネンが
    オレンジより、マンダリンの方が多いですよね。

    あと、ティトリーに多く含まれるγ-テルピネンが
    マンダリンには含まれている、ってのも特徴です。

    みかんなのに、すっきり系?
    (匂って分かる感じはしないケド、
    でも成分はかなり葉っぱを思わせます。。。)

    あとメチルアントラニル酸メチルっていうのが、
    ごくわずかしか含まれてないけど、めっちゃ重要で、
    抗不安作用がかなり強いんですって。

    精油の不思議なところって、濃度が濃ければ
    それがその精油の特徴を決める、
    っていうことではないという点なんですよねー。

    ほんのわずか、それが含まれていることで、
    その精油の効果を決定づける重要な要素になっている、
    これが結構あるんですよね。自然の不思議です。

    ◆2-3.サードメディスンチェックの基礎

    ◆◆2-3-1.サードメディスンとは?


    「生態情報生成方法」で特許をとっている手法です。
    (日本以外では2016年9月現在オーストラリアでも)

    この8つの香りを好き-嫌いで並べてチャートを作ります。
    %e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%b3

    一番先入観の影響をうけない嗅覚を用いて、
    大脳辺縁系の反応を統計化して、
    体質を導き出す新しい体質分析法です。

    ここをクリック:サードメディスンオフィシャルサイト

    125_125

    ◆◆2-1-2.サードメディスン4つのタイプ

    ◆◆◆2-1-2-1.右上タイプ(エレクトロンメンタル)

    %e5%8f%b3%e4%b8%8a

    冷静沈着タイプ。気持ちよりも理屈優先になりがち。洞察力や粘り強さが活かされているときはよいが、反面、意固地になったり、孤立しがち。
    比較的厳格なお父様、また、自他共に厳しい教育ママタイプの方も危険。

    右上が過剰になって注意したいこと:
    ズバリ脳(認知症/うつ病)、呼吸器系の疾患、胃潰瘍

    逆に右上が少ないときに気をつけたいこと:
    ぼんやり、うっかり八兵衛

    ◆◆◆2-1-2-2.右下タイプ(プロトンフィジカル)

    %e5%8f%b3%e4%b8%8b自営業、起業家などに多いパワフル、オラオラ系の方多し。物事にとても精力的で、向上心の固まりのような人。
    基本的に常に臨戦体制であるため無理をしやすく、体調を崩したりすると一気にダウンする可能性がある。
    ワンマン社長で定年などない!肝っ玉母さんで家事も育児も仕事もとバリバリな人注意。

    右下が過剰になって注意したいこと:
    早死、虚血性心疾患、生理異常(男性ホルモン過多)

    逆に右下が少ないとき気をつけたい臓器:
    腎臓・肝臓・腸・前立腺

    ◆◆◆2-1-2-3.左上タイプ(エレクトロンフィジカル)

    %e5%b7%a6%e4%b8%8aマザーテレサのような人。人が好きで、面倒見もよいが、人から頼られて断れないため、自分のキャパシティーを超えて自滅的になることも。
    部下に慕われていた中間管理職タイプのお父様、PTA役員をやっていたり、同窓会幹事などを引き受けてしまう人注意。

    左上が過剰になって注意したいこと:
    アレルギー、慢性疲労

    逆に左上が少ないとき気をつけたい臓器:
    胃・すい臓・甲状腺・リンパ

    ◆◆◆2-1-2-4.左下タイプ(プロトンメンタル)

    %e5%b7%a6%e4%b8%8bワクワク、キラキラな人生が好きで、毎日が輝いているタイプ。人を乗せる社交的な面があるので、周囲に人が絶えない。
    一方、飽きっぽく、落ち着きがない傾向があり、過去から学ばない刹那的な部分も。いわゆるサラリーマンタイプというより、自分のスキル・能力で食べて行くタイプの方が陥りがち。

    左下が過剰になって注意したいこと:
    ヒステリー、頻脈、心臓病

    逆に左下が少ないときに注意してあげたい臓器:
    心臓・自律神経・子宮・卵巣

    ◆◆◆2-1-2-5.サードメディスン実例

    筆者のサードメディスンの実例から
    体調とサードメディスンの関係を解説します。
    %e8%82%9d%e8%87%93%e3%82%84%e3%81%b0%e3%81%97tm
    筆者の肝臓数値が極端に下がっていた頃。
    肝臓は右下に該当するので、
    右下の数字が下がっている状態が
    数ヶ月続いていました。

    ここをクリック:肝機能復活の巻

     


    %e9%a2%a8%e9%82%aa%e6%b0%97%e5%91%b3tm
    だいぶバランスがとれてきた頃
    でも、風邪気味が続いて、
    非特異的免疫では防御できず、
    特異的免疫(リンパ球)を示す
    左上が活躍しています。

    非特異的免疫とは・・・
    自然免疫のことで、敵である抗原が
    体に入ったことに気がつくと
    最初に駆けつける免疫反応のことです。

    特異的免疫とは・・・
    どんな敵(抗原)にも攻撃するというのではなく、
    特定の敵に合った武器(=抗体)を作って
    攻撃を仕掛ける高度な免疫反応のことです。


    最近の筆者のバランスです。劇的な変動はなく、
    なかなかいいバランスになっているのが
    下の4つのチャートが真ん中から大きく外れずに
    推移していることから分かります。

    %e6%9c%80%e8%bf%91tm

    真四角がbestバランスです。
    最近極端なアンバランス減りました(右の時系列参照)。

    %e6%99%82%e7%b3%bb%e5%88%97tm

    ◆◆2-1-3.安心老後のパートナー:ペットへの利用


    サードメディスンチェックをペットへの利用なんて
    本当にできるの?と思うかもしれないですね。

    動物は人間よりも嗅覚が優れていることが多いですし、
    逆に自分の体調を言葉で話すことができません。

    嗅覚さえあるなら、嗅がせてみて、
    嫌がらなければ好き、プイっとしたり、
    逃げていけば嫌いと判別できます。

    最終的には獣医さんの診療を受ける必要がありますが、
    日々の体調チェックとして活用してあげれば、
    異変に気づくのも早くなります。

    あなたの傍でペットちゃんたちが
    長く元気に暮らせることに繋がるのです。

    ◆2-4.TMチェック高齢者への応用

    ◆◆2-4-1.老後、高齢者の食事の工夫

    (1)朝食の大切さ

    「朝食を食べる回数が週2回以下の人は、
    毎日食べる人に比べて脳出血の危険性が36%高まる!!」
    (by 磯博康大阪大教授&国立がん研究センター等のチーム)

    これって結構凄くないですか?4割弱アップですよ!

    脳出血の危険性が高まる要因だってされるのが、「血圧」。
    朝食抜くと上がりやすいらしい。

    もともと、年齢が上がるにつれ、
    動脈硬化の影響もあって、血圧上がる人も増えますよね。

    どうぞ、皆様の身近な高齢の方に
    朝食抜きはダメよ~~とお伝えくださいませね☆

    体内ミネラルの大切さ

    五大栄養とは、
    たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンです。

    現代社会は、栄養過剰の栄養失調、
    つまり、必須ミネラルやビタミンが欠乏しやすい状態です。

    不足しやすい必須ミネラル

    必須ミネラルが多く含まれる食品は、

    カリウム-果物や野菜、海藻、豆や芋類、煮干しや鰹節
    マグネシウム-あおさ、大豆(きなこ)、干しひじき、アーモンド、
    ひまわりの種、ごま、するめ、干しエビ、玄米
    カルシウム-牛乳やチーズなど乳製品全般、
    煮干しや干しえびなどの干物、乾物類、骨まで食べれる魚、
    藻類や緑黄色野菜、ごま

    セレン-魚介類、動物の内臓、卵類、穀類、肉類、乳製品
    ただし穀類は土壌中の濃度次第です。
    クロム-肉類・魚介類・海藻類・野菜類、ハーブ、スパイス
    モリブデン-豆類に特に多く、他にも穀類や種実類、レバー
    鉄-レバー、赤身の肉、貝、魚、大豆、野菜、海藻等
    動物性の方が吸収がよいです。
    銅-レバー、いか、かに、えび、納豆等
    亜鉛-牛肉や豚肉や、魚介類全般

    欠乏の身体への影響

    もし必須ミネラルが不足するとどうなるでしょうか?
    次のようなのが、代表的な例です。
    マグネシウム:心臓疾患、糖代謝障害、神経過敏、高血圧
    カルシウム:骨粗鬆症、筋肉のけいれん(ナトリウム不足も)、
    不眠症、神経過敏
    亜鉛:皮膚障害、味覚障害、発育障害、性機能の低下
    セレン:心臓疾患、免疫力の低下、生殖能力の低下
    高齢者が気をつけたい症状もありますので、
    ご家族の方は不足に気をつけてあげてくださいね。

    ◆◆2-4-2.老後、高齢者の行動の工夫

    (1)現役時代同様、気力バリバリタイプ

    夜しっかりリラックス、睡眠も十分にとって頂くこと、
    明日に備え、身体を休ませるモードに早く入って頂く
    という部分が不足している可能性が高いです。

    十分な睡眠や身体を休ませる準備として、
    夕食はかなり軽いもの、生野菜、フルーツ、
    炭水化物中心に、
    油分やタンパク質が多いものは避けて頂きたいです。

    夕方以降のストレッチも効果的ですし、
    お風呂は入浴剤を使ったぬるめの湯船がオススメです。

    (2)定年後、気力が衰えたタイプ

    体も心も活性化を図ることが必要です。

    朝からしっかり筋肉を使う運動、
    腕立てとかスクワットであれば場所もとらずによいです。

    そんなのは嫌だ!ということであれば、
    軽快な歩調の散歩もオススメです。
    帰宅して熱めの朝風呂も活性化に繋がります。

    また、朝食には油分、タンパク質が多い料理、
    歯ごたえのある根菜類、
    例えば、ごぼうのキンピラは夕食ではなく、
    朝食に取り入れることで、腸内細菌を叩き起こしましょう。

    ナッツやチョコレートなども、
    午前中から昼にかけて取るのがオススメです。

    やる気がないだけでなく、塞ぎこんだ感じ、
    鬱っぽい感じが強いようでしたら、
    断捨離として片づけを夜行うこと、
    お風呂でシャンプーを二度行うのも効果的です。

    ◆2-5.HOW TO 健康寿命 アップ!

    ◆◆2-5-1.なぜ「健康寿命」に注目なのか?

    (1)健康寿命とは


    「健康上の問題で
    日常生活が制限されることなく生活できる期間」
    と定義されています。

    女性は平均寿命が長いこともあり、
    健康寿命が尽きた後が長い(約13年)という傾向があります。

    (2)「健康寿命」注目の理由

    国の本音とすれば、介護費・医療費の圧縮、だと思います。

    でも、個人にとっても重要なことです。
    もちろん、体が不自由になっても、
    人生を謳歌している方はいらっしゃいます。

    でも、自分の命が尽きるまで、
    比較的健康で、ADLが自立していると、
    ただ生きている・・・のではなく、
    もっと主体性をもって人生を楽しめます。

    健康寿命を延ばすための専門家アドバイスPDF
    (NPO法人日本成人病予防協会専務理事安村氏作成)ご紹介。
    中にはチェックシートなんかも含まれています。

    ここをクリック:『健康寿命を延ばすには』

    高齢者向けのジムの特徴とは

    健康管理を主眼に置いたものになっているところが、
    高齢者向けの特徴といえます。

    体力づくりや疾病の予防・改善、リハビリテーションを目的に
    医療機関が運営する運動療法施設
    「メディカルフィットネスクラブ」がその最たるものですね。

    イオンもタニタとタッグ

    イオンがタニタと組んで、高齢者向けの小型簡易フィトネスジムの
    多店舗展開を始めるそうです。店名は3FIT、というそう。

    施設内のトレーニング施設は、
    4割前後が筋肉や関節をほぐすためのストレッチ用で、
    会員証には歩数や消費カロリーが計測できる
    タニタの活動量計を活用するそうです。

    気軽に立ち寄れる場所を目指すべく、店の半分は交流スペースになるとか。
    他のスポーツジムも高齢者の健康志向に沿うサービス展開しています。

    ◆◆2-5-2.フレイルとは

    「フレイル」とは

    「衰弱」を意味する英語をもとにした造語で、
    高齢者の衰弱を意味する言葉です。

    2014年に日本老年医学会が提唱した概念です。

    「フレイル」になってるか?のチェックとしては、
    体重減少とか歩く速度とか運動の頻度などなど
    厚生労働省が、
    「基本チェックリスト」っていうのを出してます。

    ここをクリック:フレイル「基本チェックリスト」

    また、「フレイル」の症状として、
    関節や身体の痛み、視力障害、
    体重減少、飲み込みの障害などなど。
    高齢になると出てくる症状ばかりです。

    一昔前は、一度高齢者の方が衰弱すると元に戻れない。。。
    みたいなイメージだったんですよね。

    でも、今はそうじゃない!!というのが定説になりました。
    フレイル対策で、ベスト1、2を挙げるならば
    (ア)歩行速度(イ)握力になります。

    ア)歩行速度

    ちょっと意外なんですが、歩行速度を左右するのは、
    筋肉の量、ではないんですって。「筋力!!」が重要なんです。

    肢を蹴り出す力、ももを持ち上げる力。
    これが衰えると、高齢の方に多い、
    ちょこちょこ歩きになっちゃうわけです。

    イ)握力

    また、握力、特に女性は低いですよね。
    手すりをつけたって、握力ダウンで身体を支えられなければ意味がない。

    もちろん、女性に合わせた直径の小さい手すりもありますけど、
    直径の大小でカバーできる範囲にも限界があります。
    (手を滑らせて使う手すりもあるんですけどね)

    一番簡単な「フレイル」予防としては、ウォーキングです。
    目安としては、5000~6000歩/日です。

    成人で、6000歩歩くのに、1時間程度かかるよう。
    高齢者の方は、まずは1日10~20分程度の
    ウォーキングからスタートして、
    徐々に距離と時間を長くされるといいですよね。

    あとは、栄養素として、「タンパク質」さんも重要。
    筋肉の素!!ですから、
    どうぞ、高齢のご家族がちゃんと「タンパク質」も
    摂取されてるか、御確認くださいませ。

    サードメディスンアドバイザーの視点からは、
    たんぱく質はお昼ごはんにオススメ、です。

    それに加えて、穴場的なのが、「日光」の力。
    わずか「5分」でも大きな違いを生むそうです!!

    ◆◆2-5-3.免疫力

    笑いが免疫力アップという話

    かなりの方がご存知ですよね♪

    なんと、大学の研究グループの
    調査で、普段あんまり笑わない。。。っていう高齢者は
    よく笑うという高齢者と比較して
    1.5倍も健康状態がよくない、て感じてる人が多いそう。

    ここでミソは、
    本当に健康状態がいいかどうか、じゃないんです

    でも、自分で「自分は健康だわ!」って
    実感できるってステキだと思うんですよね。

    この話を知って、皆さまにお伝えしたいのが、
    とりあえず「笑顔を作る」ってことの効能です。

    楽しいことがある→笑顔になる、
    って楽しいことがないと笑顔になれない
    みたいに思うわけですが。。。

    人間の脳で不思議なもののようで。

    別に楽しくないけど、まずは表情として
    笑顔をつくる(口角を上げる)→
    上がっているということは楽しいことがあるのだ!
    って脳は騙されちゃうんだそうです。

    これって高齢者だけでなく、みんな使える手。
    是非御活用ください。

    ◆◆2-5-4.肺非結核性抗酸菌症

    結核菌に似た細菌が原因の感染症
    (=肺非結核性抗酸菌症)が近年激増しています。

    増加の理由は現時点で不明です。
    (しかも、罹患者日本が突出しているんだそう)

    結核のように人→人にはうつりませんが、
    咳やたんが長引き、体重も落ちる・・・
    高齢者には危険な疾患です。

    通常は20~30年かけて
    ゆっくり症状が悪化するのですが(長いっ!)
    数年で急激に悪化するケースも。

    今のところ3種類の抗菌薬を
    併用して対処されていますが
    (クラリスロマイシン/
    リファンピシン/エタンブトール)

    この薬が効かない場合は、
    外科手術が必要になるそうです。

    また、再発の可能性に備え
    定期的診察が必要・・・というのもやっかいです。

    菌自体はどこにでもいる菌だから、
    まずは風呂場のカビ※は出来るだけ除去すべし。

    いったん治った人は
    家庭菜園などは控えた方がいいなど、
    生活の質にも直結します。

    中高年、長引く咳にご注意を!
    単なる風邪じゃなくて
    肺非結核性抗酸菌症、かもしれません。

    ※カビにアロマを使うのであれば、
    パルマローザやラベンダー・スピカ、
    ティートリーやユーカリレモン、
    シナモン、タイムなどがオススメです。

    ◆2-6.高齢者とアレルギー

    ◆◆2-6-0.高齢者とアレルギー概論

    (1)実は高齢者もアレルギー要注意!

    アレルギーって、子供が多いような印象ですが、
    実は、年配の方も要注意の疾患です。

    季節の変わり目、
    特に秋~春は鼻がぐすぐす言うことも多い時季。

    単なる風邪なのか、はたまた実はアレルギーなのか、
    専門医の判断を仰ぎたいところです。

    しかし!何と恐ろしいことにアレルギー疾患について、
    学会推奨の診療を行わない医師もいるんです。

    厚生労働省研究班の調査で
    「アレルギー科」と表示する医療機関でも、
    専門学会が推奨する
    標準的な診療が行われているとは限らない!!という
    受診する我々にとって驚愕の事実が発覚しております。。。。

    この実態、「アラジーポット」というアレルギー疾患の患者会が
    厚労省の会議にて、疑問提起したことが発端なんだとか。

    具体的にどんなケースで標準的な診療が行われていないか、
    要注意かご紹介いたしますね。

    まず、エピペン!何かアレルゲンを摂取して、
    アナフィラキシー※を体験した患者には、
    エピペンを処方するっていうのが、推奨診療内容なんですが。。。

    何と!!調査した6725医療機関のうち、
    なんと51パーセントが「処方していない」とか。

    ※アナフィラキシーとは、

    即時型(I型)アレルギーの一種で、
    極めて短い時間のうちにアレルギー症状が全身に出ます。
    命に関わることも。。。。

    ※エピペンとは、

    アナフィラキシー症状の進行を一時的に緩和させて
    ショックを防ぐために処方される補助治療剤(アドレナリン自己注射薬)のことです。

    続いて、アトピー性皮膚炎!
    ご自身はなくても、身近な方にお一人はいらっしゃるのでは?

    ステロイド外用薬の塗布の仕方、推奨は、
    「適量の目安を守って、すり込まない」というもの。

    しかし、「できるだけ薄くのばして塗るよう指導」
    との回答が23パーセントに上りました。

    薄くのばす過程で、すり込んでしまう危険性に配慮がない、
    適量の指導もない、ってことが判明です。

    今は、ネットで情報収集も可能な時代。
    アレルギーなど、治療法が飛躍的に進歩している分野では、
    お近くのドクターが推奨診療を把握していない可能性も。

    ネットなどで推奨の治療を薦められたか
    ネットで念のため確認することも必要です。

    (2)「寒暖差アレルギー」

    「寒暖差アレルギー」とは、
    「血管運動性鼻炎」というのが正式名称。

    急激に気温が下がったときに血管が収縮しちゃうことで、
    くしゃみ/鼻水/鼻づまり/鼻の痛み
    なんかが引き起こされる症状のことです。

    こんなものまで、アレルギーなんですね。。。。
    やっかいなのは、重症化すると、頭痛、めまい、だるさ
    なんておまけまでつくってことです。

    高齢のご家族をお持ちの皆様、ご注意くださいね。

    ◆◆2-6-1.高齢者の皮膚

    (1)高齢者と肌のバリア機能

    高齢になると、肌の「バリア機能」が低下しちゃうのですが、
    その仕組みと対策について、詳しく取り上げます。

    高齢でなくとも年齢と共に「乾燥」は特に女性の大敵!ご参考に!

    肌の「バリア機能」は、
    「皮脂膜」と「角質層」というところ担います。

    肌の仕組みを詳しく書きますと次のとおりです。


    皮脂膜
    表皮

    ・・・角質層-(淡明層)-顆粒層-有棘層-基底層

    真皮

    ・・・乳頭層-網状層

    皮下組織

    ここをクリック:皮膚の構造

    薄い中にこれだけの層があるので、まさにミルフィーユです。

    実は。。。高齢になると、
    角質層自体は、厚くなるんですよね。

    (2)え?厚くなるのに、なんで「バリア機能」低下するの?
    バリア機能低下の理由1

    角質層にある角質細胞がダウン&
    角質細胞内の天然保湿成分(NMF)が激減

    バリア機能低下の理由2

    角質層の細胞間脂質がダウン→
    隙間だらけの防壁って感じです。

    まずは、第1防衛部隊である「皮脂膜」が
    ちゃんと「弱酸性」でいてくれるようにすること。

    このために皮脂や汗がちゃんと分泌されるのが大切です☆

    また、強すぎる洗顔料では肌の常在菌が死んじゃいます。
    (弱酸性にしてくれる主役たる常在菌のいない肌舞台~(汗))

    続いて、角質層~不要な部分だけ洗顔で取れたら、
    十二分な水分!とその蓋が大切☆

    洗顔のあとは、可及的速やかに、
    水分補給その上で油分にて蓋をお願いします。

    すでに、乾燥肌の方などは、水分がちゃんと保てるように、
    細胞間脂質の一つであるセラミド(保水の主役)
    補給する化粧水を使ったりするのもよいです♪

    ◆◆2-6-2.大人アトピー


    最近、「大人アトピー」増加してるんです。
    「アトピー」と聞くと、子供の病気でしょう?
    という印象が強くないでしょうか?

    「大人アトピー」の場合は上半身に出ることが多いです。

    通説では、幼少時に全くアトピーが出なかった人が、
    大人になって突然というのはない、そうなのですが。。。

    思春期にあまり悩まされてなかった場合、
    すっかり忘却の彼方となっていて、アトピーの再来疑わず、
    見当違いのお薬をぬってしまう。。。なんてことも。。。

    特に、皮膚のバリア機能、
    高齢になると、かなり低下しますので、
    色んな皮膚疾患が起こりやすくなります。

    特に、年配の方に皮膚疾患が出た場合、
    自己判断なさらずに、家に残っていた薬を安易に塗らずに、
    皮膚科の受診を検討してください☆
    しかも、推奨の診療かもチェックしてくださいね。

    ◆◆2-6-3.高齢者と花粉症


    高齢者の方は花粉症が少ない、と言われていました。
    実は間違いだそうです。

    それは、花粉症の診断が難しいほど抗体の量が少ないから。。。
    他の病気との診断が難しいから。。。ということであり、
    高齢者は花粉症にならないということではないそう。

    また、高齢者の場合、花粉症で困る症状が
    鼻詰まりよりも鼻水、という調査結果もあるのだそう。
    御身内の方は如何でしょう?

    花粉症の治療トレンド、注目は、保険適用となったことで、
    より身近になった「舌下免疫療法」だと思います。

    治療期間が長いこと、今のところ
    スギとダニ、というターゲットであること、
    来年に備えるなら12月の半ばまでが期限であること
    など制約はあります。

    ただ、抜本的治療ということで、一考の価値アリ、です☆

    ◆◆2-6-4.アトピーと誤解しやすい皮膚疾患


    アトピーと似ていて、間違いやすい
    脂漏性皮膚炎/接触性皮膚炎/疥癬についてご紹介します。

    (1)脂漏性皮膚炎

    これは、「脂漏性湿疹」ともよばれ、
    マラセチアという真菌(カビ)さんが皮脂を
    脂肪酸に分解していく中で起こる炎症のこと。
    (何だかケミカルな皮膚炎です。。。)

    主な症状は、かゆみ、皮膚の赤みなどで、
    頭皮や鼻の周り、太ももの付け根などに出現します。

    一番特徴的なのが、皮膚がベラベラとはがれてくること。

    この症状、高齢の方多くないですか?
    このベラベラ剝れてくるっていうのが、
    アトピーと大きく異なる点です。

    ステロイド軟膏では改善されない場合、
    過剰にフケが出る場合、これを疑う必要アリ、です。

    (2)接触性皮膚炎とは

    いわゆる「かぶれ」のことで、
    なにかしらの外的刺激が肌に与えられることで発症します。

    発症すると、赤いぶつぶつとした湿疹、水疱ができたり
    皮膚が盛り上がったりします。。。

    アトピー性皮膚炎とよく似ているため、
    見ただけでは、正直判別困難とか!!なんてこったい!

    ただ、アトピー性皮膚炎の原因って
    特定しきれてませんけど、
    接触性皮膚炎の場合は、原因が外部刺激に限られています。

    外部刺激が起こりうる場所か?という視点で
    特定しやすいですし、外部刺激になっているものを
    取り除いてあげればいいんですよね。

    理屈はそうなんですが、
    「刺激性皮膚炎」「アレルギー性皮膚炎」
    の二つがあるんで、刺激の元を探すのも多少やっかいかと。

    刺激性皮膚炎の方は

    植物や虫が持つ毒や強い洗剤など、
    毒性・刺激性があるものによって発症するんですが、

    アレルギー性皮膚炎とは

    植物や金属、化粧品、外用薬なんかが原因です。

    専らベッドで過ごしている高齢者の場合なんかは、
    アレルギー性皮膚炎の可能性が高いですね。

    5(3)疥癬

    ヒゼンダニ(疥癬虫)という
    ダニが原因で発症する皮膚感染症です。

    皮膚の角質層内にヒゼンダニが寄生することで、
    (考えるとかなり怖いわけですが。。。)

    強いかゆみをともなう赤い湿疹が生じます。。。

    湿疹自体はアトピー性皮膚炎と
    とてもよく似ているんですけど
    疥癬トンネルとよばれる線状の発疹が特徴になります。

    アトピー治療では治りにくく、ダニーズ!が原因だから、
    人に移してしまうこともあります。。。

    独居でない場合、施設などで集団生活をしている場合、
    特に早く治療をする必要アリ、です。

    ◆2-7.高齢者とストレス

    (1)ストレスの6大原因

    現代社会では切っても切れないストレス。
    実は、原因って、6つに大別されるんです。

    1つめは、「社会的要因」「心理的要因」

    我々が「ストレス」って聞いて
    まず思い浮かべるものであろうものですね。

    いわゆる学校や職場などでの人間関係なんかが
    「社会的要因」で、
    不安や怒り、緊張などが「心理的要因」って言われています。

    まずは、「ストレス」ってこのイメージです。
    割りとなるほど~なのが次。

    「身体的要因」

    不眠とか、疲労、健康障害なんかです。

    よく不眠から別の病気に。。。ってことありますが、
    実は不眠自体が体にとってストレスってことですね~。

    続いて「化学的要因」「生物学的要因」

    タバコとか食品添加物、栄養不足なんかが「化学的要因」です。
    まぁ、ストレスっちゃそうかもですよね。
    タバコの煙ダメな人多いですしね。

    「生物学的要因」は、ウイルスとかカビとかなんですね。
    身体にとっては異物ですからね!

    心も体もオールシーズン
    いろんなストレスにさらされてるってことですね。。。

    さらに「物理的要因」

    音とか湿度、近年の冬みたいな極寒、
    地の果てのような猛暑っていう「温度」、
    これも、すっごいストレスなんです!

    高齢の方が、真冬や真夏に体調を崩しやすいはずです。
    是非是非、高齢のご家族が出来るだけ物理的ストレスもない、
    そんな配慮をして頂ければーと思います。

    ◆2-8.シックライフの観点から健康を斬る!

    (1)シックライフとは

    シックライフとは、シックハウス症候群や化学物質過敏症、
    アレルギーといった、現在抱えている問題の総称です。

    シックハウス問題は解決済み?

    建築業界では平成15年の建築基準法の改正で、
    シックライフの大きな原因だった
    ・クロルピリホスの禁止、
    ・ホルムアルデヒドの制限で
    シックハウス問題に決着がついた!という認識になっています。

    しかし、現在違う形で、より複雑化しているのが現状です。
    つまり、アセトアルデヒドの増加→カビの発生→
    防カビ剤の多用、又はカビを栄養とするダニの増加
    →アレルギーの増加に寄与、という悪循環が発生しているのです。

    (2)あなたの住まいを快適空間にするために

    ~シックハウスライフの視点から
    住まい、暮らしを快適にしていくヒントをあげていきます。

    生活環境に存在する有害化学物質と環境汚染物質発生源

    次のような有害物質が生活環境に存在します。
    ・屋外:一般、大気汚染、水質汚染、
    家庭(外構、庭-除草剤、殺虫剤、忌避剤)
    ・屋内:建築材料、調度品・家具、洗剤・クリーナー、
    冷暖房・空気調整、殺虫剤、電気機器類、
    その他(消臭・芳香剤、プラスチック、新聞・雑誌、靴磨き等)

    生活テリトリーで分類すると次のようなものに
    化学物質が含まれています。

    人の代謝・ハウスダスト・花粉・たばこの煙
    生物(ダニ・カビ・ウイルス・細菌・ペットの代謝)
    調味料、食品添加物
    化粧品、歯磨き粉、洗剤、シャンプー・リンス、入浴剤、ヘアカラー
    アフターシェーブ、入れ歯接着剤
    衣類、クリーニング、医薬品

    シックハウス症候群の症状と間違いやすい疾患

    シックハウス症候群が発生する要因は次のとおりです。
    要因:建材、家具、日常生活用品等からの揮発化学物質、
    換気不足、ダニ・カビ、体質の変化

    シックハウス症候群の症状は次のとおりです。
    典型的症状:目の痛み、かゆみ、涙がとまらない、鼻水・鼻づまり、
    せき、喘息、喉の痛み、吐き気、食欲不振、じんましん、かゆみ、
    頭痛、めまい、眠気、集中力低下、耳鳴り、平行感覚の異常、
    口が渇く、味がわからない、不整脈、下痢・便秘、足先のしびれetc...

    これ以外にも、
    不定愁訴と言われるような症状(=漠然とした体の不調の訴えで、
    検査をしても特定の病気としてどこが悪いのか特定できない。)

    シックハウス症候群と間違われやすいのは、
    自律神経失調症、更年期障害、
    風邪、花粉症、精神疾患、などがあります。

    ※自律神経失調症とは
    臓器の異常はないが、頭痛、めまい、疲労感、
    不眠、手足の冷感、発汗異常、動悸、息切れ、胸部圧迫、下痢、便秘等
    交感神経と副交感神経のバランス以上を含めた機能失調のことです。

    化学物質の有用性と有害性

    シックハウス症候群とか化学物質過敏症の話になると、
    ついつい化学物質が悪者ということになりやすいですよね。

    でも、人工のものがすべて危険ということではないし
    精油でも妊婦に禁忌など
    非常に強い作用を及ぼすものがあるように、
    天然だから安全ということでもないんですよね。

    大切なのは・・・
    有用性(ベネフィット、利便性)
    有害性(リスク、副作用といったリスク)
    これを天秤にかけて有用性が優れば
    有害性に留意しながら利用するという選択肢になる、という点です。

    人が化学物質を摂取するルート

    人が化学物質を体内に取り入れるルートは次のようなルートがあります。

    ・室内空気 57パーセント
    ・公共施設の空気 12パーセント
    ・外気 5パーセント
    ∴空気で74パーセント
    ・産業廃棄 9パーセント
    ・飲み物 8パーセント
    ・食物 7パーセント

    食事や飲み物に気を付ける人って最近特に多いと思います。
    また、空気清浄機を使う人も増えました。

    でも、24時間どの部屋にも空気洗浄機を使っている、
    というわけにもいかないので、
    窓や換気扇といったものの利用による
    換気等を意識することが必要になります。

    なぜ空気がそんなに影響するのか?

    それは、次の分量をみて頂くとはっきりします。
    呼吸量 約15kg(DryAir)/1日
    安静時・成人 約500ml/1回
    毎分15~16回呼吸
    1分間に8リットル 1日で11500リットルになります。

    一方、食べ物とか水分って実はこの程度なんです。
    飲食物摂取量 食物約1kg/1日
    水分 2~3kg/1日

    いかに、空気内に化学物質が含まれることの影響が
    大きいか理解してもらえると思います。

    解毒・排泄の仕組み

    体内に取り込まれた化学物質も、
    すべてが全部体内に残るわけではありません。

    体内へ侵入→代謝・解毒分解→呼気、便、汗、尿(排泄)

    というルートを辿って体外に排出される部分があります。
    でも、高齢者になるとまず肝臓の解毒能力が下がりますし、
    汗や尿の排出も減ったりして、
    体内に残置する量が多くなってしまうことがあります。

    また、脂肪に化学物質は溜まりやすいので、
    筋肉量の減る高齢者には体内残置しやすいという部分もあります。

    高齢者と同様に、
    シックハウス症候群や自律神経失調症の人は、
    代謝・解毒分解・排泄のサイクルが
    うまく働かなくなっていることが多いです。

    換気の重要性

    換気の重要性は、1日のうち空気を体内に取り込む量が
    ダントツで多いことが理由というのは上で記載したとおりです。

    換気には、
    (ア)自然換気と
    (イ)機械換気(少なくとも給気か排気に機械を利用)
    があります。

    ・第一種換気・・・給排気どちらも機械
    ・第二種換気・・・機械で給気、自然排気
    ・第三種換気・・・自然給気、機械で排気(いわゆる換気扇)

    私たちの暮らしでは、第三種をもっともよく利用していますが、
    屋内が負圧になるので、天井とか壁内の空気が
    室内に流入することもあります。

    天井裏にカビなどが生えているような場合、
    天井裏の排気に留意しておかないと
    滞留している空気が流れ込んでくるので、注意が必要です。

    化学物質摂取ルートの観点から

    化学物質を体内に摂取している(呼吸)が多く、
    自宅で57パーセントの割合ですから、
    在宅時間が長い高齢者は、特に注意が必要です。

    換気がうまくできていない場合、結露を招きます。
    この結露自体が問題というよりは、
    カビ・ダニの原因になることが問題です。

    結露、カビ・ダニ・・・という視点では夏場に注意ですが、
    冬場は換気で外の温度の低い空気と交換することで
    基本的に結露を防止できるが、あまりに室内温度が
    暖かい場合、露点が低くなり結露発生させるので注意が必要です。

    建物を建築する際の対策としては、
    ・防湿層をもうける
    ・気密層や通気層をもうける
    という方法があります。

    改めて、結露とは

    結露には、時期で分類して夏型と冬型があります。
    ・夏型結露:高温多湿の外気が住宅に入り、
    露点温度以下の表面に接触して発生する結露のこと
    ・冬型結露:比較的高温多湿の室内空気が
    露点温度以下の表面に接触して発生する結露のこと

    ※露点とは、湿り空気中の水蒸気が凝縮し始めるときの温度

    また、場所による分類でも結露は2つに分かれます。
    ・表面結露:室内空気の温湿度によって決まる露点温度以下の
    表面にみられる結露現象
    ・内部結露:室内外の水蒸気圧差によって
    躯体の中を通過する湿り空気の水蒸気が
    露点温度以下の低音部に凝縮して結露する現象
    カビ→ダニの増加につながります。

    カビの健康への影響

    カビが健康に影響を及ぼすのは分かるとして、
    どんな影響があるでしょうか?

    カビが原因の病気として次のようなものがあります。
    ・真菌症:真菌がヒトや動物の体の障壁を越えて
    定着することに起因する感染症
    白癬、カンジタなど
    ・マイコトキシン中毒症:カビが発生し、
    有害なマイコトキシンが蓄積した農産物を摂取することにより起こる中毒
    ・真菌過敏症:空中に浮遊しているアスペルギルスや
    ペニシリウムなどのカビの胞子が抗原となり、
    それを吸入することでアレルギー性の疾患を引き起こすもの

    アロマ活用でカビ防止

    精油には、抗菌、抗真菌作用があるものが多く存在するので、
    カビ対策にも使えます。

    次のような精油がオススメです。
    ・ティートリー
    ・ユーカリグロブルス
    ・シナモン
    ・ラベンダー
    ・タイム

    シックハウス症候群と化学物質過敏症

    この両者の違いはなんでしょうか?

    ・シックハウスの場合・・・原因は化学物質を発生する住居
    ・化学物質過敏症の場合・・・住居の問題に限定されません。
    (=原因となる住居を離れても反応が続いたりします)

    またシックハウス症候群の濃度よりも
    低い濃度で反応するようになりがちです。

    化学物質過敏症支援センターというところがあります。
    ここをクリック:化学物質過敏症支援センター

    シックハウス症候群と化学物質過敏症の対策として
    今の住まいで安全な場所の確保という点が大切になってきます。

    例えば・・・
    カビと湿気が多い1Fを避けて暮らす。
    風通しがよく、化学物質の流入がない部屋を確保する。
    壁紙、床材等も化学物質を発生しないものを上から貼る。

    また、安全な居場所となる部屋を作るために、
    また、その部屋で暮らすにあたり、
    いったん、化学物質を発生するあらゆる物(家具も全て)取り払って、
    症状が出ない状態か確認してみましょう。

    その上で、その部屋に置いてあったものを
    一つずつ物を持ち込んみて、大丈夫なものはそのまま残します。

    喉がイガイガとか目がチカチカとか呼吸が苦しいなどの
    症状がでたものは排除して、大丈夫なものだけで構成する部屋を作る。

    面倒なように見えますが、暮らしの基盤を整えるのには
    とっても大切な過程となります。

    3.心・マインド・思考の健康

    %e3%82%b3%e3%82%b3%e3%83%ad%ef%bc%8f%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89 本寺の奥の院はこちら

    ◆3-1.心と身体の関係

    ◆◆3-1-1.呼吸

    (1)リラックスの呼吸とは

    ・脳がリラックスできる!
    ・自律神経のバランスが整う!
    ・免疫力が高まる!

    というのがリラックスの呼吸法です。

    具体的なリラックス呼吸法

    さまざまなやり方がネットで紹介されていますが、
    筆者が気に入ってやっている方法は次のとおりです。

    まずいったん、息を吐ききりましょう。
    もう限界!というところまで吐きます。

    それから、4秒かけて息を吸います。
    その後、7秒息を止めます。

    そして、8秒かけて息を吐いていきます。
    また、4秒かけて息を吸う・・・繰り返していくという方法です。

    眠れないときにもオススメです。

    (2)活性化の呼吸法とは

    生命エネルギーを活性化する呼吸法です。

    朝起きたとき、やる気がおきないとき、に最適です。

    具体的な活性化呼吸法

    口をつむったままにします。
    舌を上あごにつけて、そのまま少し後ろにスライドさせます。

    スライドさせると少しやわらかい場所に
    届きますので、そこで停止。
    (ここは脳のオーガズムを司る箇所だとか!)

    舌はその場所に置いたまま、
    口もつむったまま、鼻だけで息をすったり吐いたりします。
    (ブタさんのブヒブヒっぽい感じ)

    早いスピードで行うのがポイントです。

    最初は5秒ぐらいからスタートして、
    30秒とか1分程度まで伸ばしてもOKです。

    注意:呼吸器系の疾患などがある方は
    やらないようにしてください!

    ◆◆3-1-2.ヨガ

    (1)ヨガとは

    サンスクリット語で「つながり」を意味します。

    心と体、魂が繋がっている状態、
    つまり、呼吸・姿勢・瞑想といったものを組み合わせて
    心身の緊張をリリースし、心が安定して、
    安らぎも感じることを目指すものです。

    (2)高齢者にとってのヨガの効果

    健康寿命を延ばすのに効果的といえます。

    それは、ヨガを行うと、肺活量と呼吸量が増え、
    ストレスに対する抵抗力も増加する、とされています。

    また、コレステロールと血糖値が低下し、
    慢性的で再発を繰り返す腰痛の改善もある、
    ともされているのです。

    ◆◆3-1-3.ストレッチ

    (1)ストレッチとは

    言葉の意味は、伸ばす、引っ張る、ということで、
    筋肉を伸ばすことになります。

    凝りや痛みの緩和につながることもありますし、
    リラックス効果もあったりします。

    (2)高齢者にとってのストレッチの効果

    ずばり、転倒予防のためです。

    転倒は、介護に直結しかねない怪我を引き起こします。

    高齢になると、特に女性は骨がもろくなりますので、
    転倒はとにかく避けなければならない、
    それがストレッチで予防できる、
    というのはとっても大きなメリットです。

    こちらは体のパーツ別に動画もついていて、分かりやすいです。

    ここをクリック:体のパーツ別ストレッチ法

    ◆◆3-1-4.人の幸せを決定づけるもの

    「データの見えざる手:
    ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則 」

    という書籍ご存知でしょうか?

    日立製作所中央研究所で2006年に開発された
    「ウエアラブルセンサ」を使った研究で見つけられた
    人間の行動に関する法則性の書籍。

    「幸せ」って、何で決まると思いますか??

    何と、幸せを決める要素の50パーセントって
    確定済みなのです(後述)!

    では、確定していない50パーセントの中で、
    ・A:人間関係
    ・B:お金
    ・C:健康
    ・D:その他(行動)

    のどれが、幸せ決定に一番関係すると思いますか?

    私は、この話を聞いたとき、確信をもって「A」に手を挙げました!

    それが、何とですね。。。Dなんですよ!!
    意外じゃありません??(私は、Dは絶対ないって思ってた)

    ここでいう、「その他(行動)」って、
    人から言われたのではなく、
    自主的に決めて行動する、っていうことらしいです。

    更に驚いたことに、行動した結果は、
    意外とどうでもいいんですって(笑)

    仮に失敗しても、
    自分で決めたことだから、幸せ度に影響しないんだとか。

    自分が思ったとおりに動くことが幸せ感に一番繋がるそうです。

    加えてびっくりしたのが、
    A+B+Cで、たった5分の1しか幸せに貢献しないんだとか!!

    そんなもんですか?
    (この話で私が思ったのは、「健康」って、
    本人の幸福度よりも
    周囲の人の幸せ度に影響大かも?ということ)

    幸せを決める確定済の50パーセントについて

    かなり驚きでしたよ!「遺伝的要因」なんですって!

    そんなところに遺伝的要因とは!
    でも、残り50パーセントは
    自分で変えられるってことですからね♪
    「行動」、意識して過ごしてまいりましょう。

    ◆◆3-1-5.ユマニチュード

    ユマニチュード(Humanitude)とは

    フランス生まれの、認知症の方の介護手法です。

    フランス語で「人間らしさ」という意味です。

    日本でも、2011年から導入されています。

    2015年10月段階で、病院全体に導入されているのが
    東京医療センターと福島県の郡山市医療介護病院です。

    2016年は、北は北海道から南は沖縄まで
    8つの施設で施設に導入するフォローアップがなされています。

    ここをクリック:ジネスト・マレスコッティ研究所 日本支部

    ユマニチュードの具体的な内容

    (a)見る
    (b)話す
    (c)触れる
    (d)立つ
    という4つの柱を2つ以上組み合わせて、

    (ア)出会いの準備
    (イ)ケアの準備
    (ウ)知覚の連結・・・ここが一般に介護と認識されているところ
    (エ)感情の固定
    (オ)再会の約束

    という5つのステップで
    認知症の方の心をつかんでいきます。

    認知症の方との関係性が
    劇的に改善するので
    「魔法のよう」とも言われています。

    認知症の人を「病人」ではなく、
    あくまで「人間」として接することで、
    認知症の人と介護者に信頼関係が芽生え、
    周辺症状が劇的に改善する効果があるんです。

    福岡で行われる実証研究

    福岡市の後援で、2016年12月に
    ユマニチュード実証研究が行われました。

    ここをクリック:福岡での実証研究詳細

    認知症の基本のき、ステップメールはこちら
    %e3%81%9b%e3%81%8b%e3%82%84%e3%81%95%e5%ba%83%e5%91%8a_1_300

    3-1-5.高齢者カラダの使い方

    coming soon

    ◆◆3-2.心・マインド・思考の状態〔定番編〕

    ◆◆3-2-1.瞑想

    (1)瞑想とは

    姿勢と呼吸をコントロールすることで
    心をもコントロールする技術のことです。

    毎日20分ぐらいできるとベストですが、
    まずは2分~5分など短い時間から練習するのがオススメです。

    方法はいろいろ教えられていますが、
    目を軽く閉じて深い呼吸に意識を向ける、ということ、
    にぎやかに沸いてくる思考があれば、
    手放していく・・・というのが割とシンプルな方法です。

    (2)高齢者にとっての瞑想

    二つ大きな効果があります。
    まずは、浅くなりがちな眠りが深くなります。
    アロマも効果がありますが、
    無料でできるというメリットは瞑想です。

    また、脳の老化が進むのを遅らせる、
    という研究成果を発表しているグループもあります。
    (具体的には、
    加齢に伴う脳の白質病変の度合いが少ないのです)

    ※脳の白質とは

    神経線維が集積し走行している領域です。

    伝達部分なので、今まで軽視されていましたが、
    ピアニストなどのプロは特定の領域の
    白質が発達していることがわかったことで、
    単なる伝達パーツ・脇役ではない
    と考えられるようになっています。

    ◆◆3-2-2.マインドフルネスとは

    (1)マインドフルネスとは

    自分の心(気持ちとか気分)だけでなく、
    身体の状態にも気づけるようになる手法です。

    うつ病や
    PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療にも使われています。

    また、最近では、世界的に有名な企業、
    たとえばグーグル、ゴールドマン・サックス、
    P&Gなどでも社内研修で取り入れられています。

    日本マインドフルネス学会というのがあります。

    ここをクリック:日本マインドフルネス学界公式サイト

    (2)高齢者とマインドフルネス

    高齢になった後の浅い睡眠対策には
    いわゆる瞑想を行うのもいいですが、

    南カリフォルニア大学の研究でも、
    マインドフルネス瞑想が睡眠障害の改善に効果的である、
    という結果が発表されています。

    マインドフルネス瞑想とは

    自分の体、心の状態を意識する、その際の特徴として、
    「現在にフォーカス、焦点を当てる」
    というのがマインドフルネス瞑想といえます。

    ◆◆3-2-3.瞑想とマインドフルネス


    この違いは何なのでしょうか?
    瞑想には、いろんな種類があります。

    マインドフルネスも瞑想のひとつですが、
    別にじっと座ったり、座禅している必要はなく、
    歩きながらでもいい、というのが違います。

    また、自分の呼吸を見守って、
    体の感覚とか、浮かんだ思考、
    それをどうこうするぞ!というのではなく
    傍らで見守る、というのが特徴といえます。

    ◆3-3.心・マインド・思考の状態〔番外編〕

    ◆◆3-3-1.クリアリング

    (1)クリアリングとは

    あなたの不要なもの、
    要らなくなったエネルギーを浄化する方法です。

    (2)クリアリングは

    掃除にたとえるならば、心、マインドに掃除機をかける、
    水葺きをする、ごみを出すという感じです。

    ◆◆3-3-2.ヒーリング

    (1)ヒーリングとは

    あなたの感情面やチャクラと呼ばれるパーツ、
    オーラの傷を癒す、修復する、という方法です。

    (2)ヒーリングは

    掃除にたとえるならば、
    傷ができたフローリングを修復する、
    破れた壁紙を貼りなおす、
    壊れた道具を修理する、という感じです。

    ◆◆3-3-3.アクティベーション

    (1)アクティベーションとは

    活性化のことで、あらゆる可能性、潜在能力
    といった人がもつ真のパワーを開花させるものです。

    (2)アクティベーションは

    掃除にたとえるならば、新しい家具を購入して設置する、
    新しいカーテンに変える、家具の配置換えをして、
    ようこそ私の新しいお部屋!にする、という感じです。

    ◆◆3-3-4.MAP

    (1)MAP(マップ)とは

    メディカル・アソーシエーション・プログラム、の略です。

    ペレランドラ社発行の
    ミッシェル・スモール・ライトさん著者の
    著書で紹介されているもので、

    高次元存在との共同創造による21世紀のヒーリングです。

    (2)MAPに出てくる高次元存在

    は次の4者です。

    ・オーバーライティングディーバオブヒーリング
    (→ヒーリングの精霊の大元締め)
    ・パン(→自然界の精霊たち)
    ・ホワイトブラザーフッドの医療チーム
    ・ハイヤーセルフ

    ◆◆3-3-5.レイキ

    (1)レイキとは

    「霊氣」とも書きます。

    臼井甕男(うすいみかお)さんが実践を始めた
    日本発祥の民間療法で、
    手当て療法・エネルギー療法の一種になります。

    もっぱら治療目的で利用されていました。

    内気功のように訓練して
    自分の内側で氣を循環させる、というものと異なり、
    外から頂くエネルギー、外気功になります。

    (2)現在のレイキ

    戦後は、逆に海外で広まり、
    病院や施設などでも導入している国もあります。
    (欧米が特に多いです)

    ◆3-4.スピリアル

    ◆◆3-4-1.スピリアルとは


    スピリチュアル界の大御所、穴口恵子さん提唱の
    スピリチュアル+リアル、の造語です。

    筆者はリアル業界出身ですが・・・

    心・メンタル・マインド・身体の健康、
    その視点なくして、日々の生活、人生の幸福は果たせない、
    ということで、「スピリアル」実践を追求中です。

    ◆◆3-4-2.スピリアルコーチングとは


    リアルな相談でもスピリチュアルな視点を
    スピリチュアルっぽい相談でもリアルな視点を
    という複合的なコーチングのことです。
    %e5%85%ac%e5%bc%8fhp300

    直感コンサルティング
    未来ビジョンファシリテーション
    ブロックシフティング

    サブパーソナリティセラピー
    ハイヤーセルフ肉体覚醒、セルフヒーリング

    ポテンシャルエッセンスリーディング
    オラクル/ルノルマンカードリーディング
    時空力プログラムで学んだ人間関係のワーク、
    イヤー・オブ・プログラムで学んだ各種ワーク、
    を複合的に利用します。

    奥の院で深める話を書いていきます。
    ここをクリック:本寺の奥の院

    4.番外-弁護士費用と依頼時の注意点

    %e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab

    弁護士・依頼者間にトラブルが発生する原因、
    一つではありませんが、費用というお金も原因の一つ。
    是非参考にしてみてください。

    NEW-LACについて

    弁護士費用に関連してLACについて加筆しました。
    弁護士費用については、LACネタの後にまとめています。

    LACとは?

    リーガル・アクセス・センター
    (legal access center)の略です。

    このセンターは、一体何かといいますと、
    「弁護士保険」対象のサービスの窓口となるところです。

    弁護士保険は、
    別名「権利保護保険」とも呼ばれますが、

    法律相談費用や弁護士費用等が
    保険金として支払われるもので、
    発足したのは、2000年のことです。

    弁護士保険「=権利保護保険」は・・・

    現在のところ、主に自動車保険(共済)、
    火災保険、傷害保険の特約等として、
    各保険会社・共済協同組合から販売されています。

    2016年12月に、RAC通信は交通事故のテーマで

    「交通事故の態様などに争いがある場合、
    弁護士に依頼した方が何かといいですよ」
    という話を取り上げましたが、

    弁護士に相談や依頼となると、
    弁護士費用もちょっと心配になってしまうところ。

    もし、自動車保険等に特約として
    弁護士保険がついていれば、
    その費用負担の心配がなくなります。

    LACのサービスは、今までは交通事故事件に
    特化したサービスでしたが、

    その他の民事事件、

    例えば借地・借家とか、離婚調停とか、
    遺産分割調停、労働事件などといった

    日常生活に直結するような一般事件にも
    拡大する商品が増えてきました。

    LACの利用方法

    LAC(ラック)こと
    リーガルアクセスセンターのシステムは、

    日本弁護士連合会(日弁連)と協定を結んでいる
    保険会社・共済協同組合の加入者さん
    (ご家族もOKの場合もありますよ)が
    弁護士に依頼しようとするときに、

    日弁連・各地の弁護士会を通じて
    身近な弁護士の紹介を受けることができる、というシステムです。

    もちろん、既に弁護士の知り合いがいるから
    その人に頼みたいという場合でも、
    弁護士保険(権利保護保険)の利用は可能です。

    各地の弁護士会との連絡調整や、
    保険会社・共済協同組合との協議等の活動を行うのが、
    LACなのです。

    いざというときのために、あなた/ご家族の
    加入する保険にこのサービスがついているか確認しておいて下さい。

    最近は、弁護士保険に特化した単独保険も発売されてます。

    自分や家族が加入している保険に弁護士保険が
    特約としてついてない、そもそも加入していないという場合、
    加入検討の価値アリ、です。

    単独の弁護士保険-Mikata
    (プリベント少額短期保険株式会社)
    ここをクリック:単独弁護士保険Mikata

    (1)弁護士費用とは

    弁護士に依頼するときにかかる費用のことです。
    大別すると着手金・経費・報酬の3つに分類されます。

    弁護士に払う着手金とは

    調査、交渉、事件処理等、弁護士に何らかの動きを
    してもらうときに最初払うお金です。

    着手金は、依頼を受ける内容によりますし、
    弁護士報酬規程というくくりがなくなったので、
    各弁護士またはその事務所が
    自由に規定できるようになりました。

    弁護士との間で「委任契約」というのを
    締結するときに費用の金額も話し合いをします。
    トラブルを抱えてきているので、今すぐなんとか!
    と慌てて契約することもしばしば。

    さらに、話し合いといっても、
    如何せん相手が弁護士ということもあり、
    頼む側だし萎縮してしまって、
    もう少し安く・・・とか
    分割払いはできないか?とかしっかり頼めないまま、
    なんとなく釈然としないまま、
    契約を結んで仕事をスタートしてもらう人も・・・

    金額を納得して契約しないと、
    なんか事件処理遅くない?とか
    言いくるめられている気がする、とか
    不満に繋がっていきやすいです。

    そういう不満をもって依頼者・代理人の関係を続けるのは
    双方にとって不幸でしかありません。

    どうぞ最初に納得のいくように
    話し合いをしてほしいところです。
    面と向かってが難しければ、少し考えてくるので、
    後日電話します、というのもアリかもしれないです。

    最初は納得してても・・・の場合も、
    気になったときにすぐに尋ねてみてくださいね。

    着手金の目安

    報酬規程のくくりがなくなったので、
    書きにくいところですが、敢えて書いてみます。

    例えば弁護士があなたの代理人として
    内容証明を作成して発送するという場合:
    1通3万円~5万円(+税)と発送料という
    費用あたりをみておけばOKです。

    これより高いのであれば、なかなか強気な価格設定な気も。
    すごく優秀で多忙で高額でないと受けないよ、という方か
    若干ぼってる感じもします。。。

    離婚事件を依頼したという場合:

    離婚事件には、婚姻費用分担、夫婦関係調整調停、
    子どもがいればその面会交流など、
    関連事件が増える傾向にあります。

    ざっくり関連事件まで込みで
    30万円~40万円(+消費税)で受けてくれる人もいますが、
    それぞれの事件ごとに10万円~20万円(+消費税)
    として着手金を計上される可能性も高いです。

    また、県外で申し立てを行う必要がある場合もあります。
    その場合は、別途日当(交通費は込み/別途実費がある)
    も発生したりしますから、

    自分が弁護士と打ち合わせを行う便宜と
    日当発生の可能性を天秤にかける必要もあります。

    遺産分割調停事件を依頼した場合:

    これは遺産の金額をベースに着手金を計算するので、
    そこそこな金額になります。

    でも、遺産分割事件って長丁場になりやすいので、
    ディスカウントはしてもらいにくい事件のひとつです。

    遺産の金額によって大きく異なってしまうので、
    目安を書きにくいですが、30~40万円(+消費税)以上
    遺産の額によっては100万円単位になる、
    という心づもりをしておいてもらった方がいいと思います。

    (2)弁護士に払う経費とは

    経費とは実際にかかった費用のことです。

    例えば、切手といった郵送料、
    戸籍謄本等を取り寄せた費用、
    裁判所への手続きにかかった費用、交通費、
    調査の際に支払った費用、です。

    この経費については、
    ・着手金にすべて込みで別途計算しないところ、
    ・訴訟の印紙代など高額なものだけ別途請求、
    ・最低ラインを預かっておいて事件終結時に清算、
    預かりは0円で事件終結時に清算、

    あたりがパターンとして考えられます。

    契約をする際に、
    ・経費は着手金に含まれているのか
    ・含まれていない場合はいつのタイミングで請求されるのか
    ・どんな費用を経費として計上するのか
    ・金額の途中経過報告はしてもらえるのか

    等々確認しておかれるといいです。

    (3)弁護士に払う報酬
    報酬とは

    依頼した事件が終了したときに支払う費用です。

    何かの手続きをすれば、自動的にその手続きが
    完了するような事案の場合(相続放棄とか何かの申請とか)、
    着手金を手数料としていただくだけ、ということもあります。

    もちろん、そういう事案でも
    報酬を請求する可能性も0ではないので、
    契約書の記載をよく確認してみてくださいね。

    通常「経済的利益の価額」に対して10パーセントとか、
    20パーセントとか掛けて算出します。

    最近CMなどをよくしている過払返還の事案では、
    着手金を0円にする代わりに報酬を20パーセントとか
    25パーセントと設定することも増えてきました。

    ちなみに筆者のところは、債務整理案件は
    1社32400円が着手金、
    報酬は経済的利益の価額の10パーセントです。

    経済的利益の価額

    依頼者であるあなたが得た経済的メリットの額、です。

    しかしですね、この言葉、若干マジックワード的です。
    というのも、経済的利益の価額をどう捉えるか
    結構幅があるのです。

    具体的な例で説明してみましょう。
    簡単に説明できて、理解してもらいやすい
    貸付金の例でいきます。


    例:500万円貸していましたが、返してくれません。


    例えば借りた人に
    請求しても請求しても全く返済してくれなかった、
    でも弁護士に頼んだら500万円全額回収できた、
    その場合500万円が経済的利益の価額、
    というのはすんなり納得ですよね。

    続いて、借りた人が500万円という金額じゃなくて
    借りた金額は200万円だった、
    そんなふっかけるなら一銭も払わないっていう場合。

    もし裁判して400万円を返せという内容の判決が出たとか
    400万円返済しますという調停とか成立すれば、
    400万円-200万円=200万円が
    経済的利益の価額とする事務所が多いと思います。

    でも、中には400万円で計算するとこもあります。
    もし10パーセントの報酬割合なら、
    20万円か40万円か大きな差になってきます。

    こんなに単純な事件ばかりではないので、
    金額の算定根拠が分からないものも多いと思います。

    費用の見積もりを出してもらっても、
    よく分からないときは、どうぞ遠慮せず
    説明を求めてくださいね。

    (4)依頼時~終結までの注意点

    思いついたらまた加筆しますが、
    パラリをやっていて気になることなどをご紹介!

    なんか・・・処理が遅いみたい・・・

    本気で依頼が多く忙しい人、傾聴力の高い人に
    注意が必要な点かもしれません。

    多忙な人は、本当に多忙なので、
    締め切りが近いものとか緊急性の高いものから
    処理していきます。
    気が引けるとは思いますが、
    進捗確認の電話をすることが必要なことも・・・。

    また、弁護士はカウンセラーではないので、
    話を聴くだけでは終われません。
    (たまに法律相談ではないよなぁ~これ
    っていうこともありますケド)

    話を聴いて解決に向けた行動をとることが必要、
    しかもその行動がなければ解決には至らないので、
    話して気分すっきり、任せたから大丈夫、では
    現実は何ら解決に向かっていないことがあります。

    どうぞ、今後の予想スケジュールは
    大まかに教えてもらうようにしてください。
    (例えば、何時ぐらいに○をする、その後
    どのくらい待ってみて次のアクションを起こすとか)

    なんか・・・説明が分かりにくい

    言葉一つとっても、当たり前、
    前提としていることが違うかもしれません
    また、沈黙を納得したとして次々説明する人も。

    分からなかったところは分からない、
    はっきり言って頂かないと
    理解できていないことが伝わっていない可能性も。

    あと、コミュニケーションの相性もあると思います。
    あんまりテキパキ、無駄を一切省くっぽい人は、
    切れ者で、処理能力は高いと思いますが、
    あなたは落ち着かないかもしれないですし。

    中年以降の女性の場合、ズバッと系の方も多いです。
    あんまりはっきり物を言われてしまうと
    傷つく・・・みたいな方は、
    多少おっとりしたタイプの方がいいかもしれません。

    ◆◇◆随時改定&updateしていきます◆◇◆

    40代からの老後安心駆け込み寺-みろく庵
    (筆者:かなたみろく)
    現役パラリーガル(兼CFP/福祉住環境コーディネーター/
    アロマセラピスト/スピリアルライフバランスコーチ)
    プロフィールはこちら

    【無料メルマガ】

    老後安心ミニ情報を週1でお送りしています。
    【RAC通信】(無料メルマガ)はこちら
    %e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f_1

    【御質問&御相談】

    本サイトへのご質問等はこちらからどうぞ
    mail%e7%94%bb%e5%83%8f_1

    筆者の公式HPはこちら
    %e5%85%ac%e5%bc%8fhp300

    お問い合わせ時の注意:

    法律相談については、
    弁護士登録している者しか出来ないため、
    筆者は行うことができません。

    福岡市近郊(福岡県、佐賀県、熊本県、長崎県、山口県)の方は、
    筆者の働く事務所の弁護士に来所相談をお願いします。

    お問い合わせはMAIL画像ボタンをクリックするか、
    こちらクリックしてお願いします。

    他県在住の方などで福岡市への来所相談ができない方は、
    最寄りの弁護士会に電話して、
    各種相談会の日程等についてお尋ねください。

    同様に、筆者のようなFP(筆者はCFP)は、
    具体的な税額計算(例えば、不動産の売却をしたが、
    こんかいの譲渡所得税はいくらになるか、とか
    亡父の相続税は具体的にいくらになるか、など)
    お受けできません。

    税理士登録をしている税理士を探して御相談されてください。
    福岡県内、熊本県内、広島県三次市でしたら、
    オススメできる税理士さん存じております。

    ◆お役立ちサイトのリンク集◆

    %e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e9%9b%86

    弁護士会などの紛争解決機関
    ◆日本司法支援センター

    (国が設立した法的トラブル解決総合案内所)
    ここをクリック:法テラスのサイト

    ◆日本弁護士連合会のサイト

    最寄りの弁護士会の
    住所、電話番号、リンク先がすべて網羅されています。
    ここをクリック:日弁連/全国の弁護士会のサイト

    ◆交通事故の相談ならこちら

    (公財)日弁連交通事故相談センター
    ここをクリック:日弁連の交通事故相談のサイト

    (公財)交通事故紛争処理センター
    ここをクリック:交通事故紛争処理センター

    ◆住宅にかかわる紛争ならこちら

    (公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター
    ここをクリック:住宅の紛争処理センター

    【税理士会などのリンク】
    ◆国税庁-課税一般

    税といえばまずこちら、国税庁のホームページ
    ここをクリック:国税庁

    あなたの税金関係の疑問はここで解消するかもしれません。
    ここをクリック:国税庁・タックスアンサー

    ◆日本税理士会連合会のサイト

    最寄りの税理士会、関連団体の
    住所、電話番号、リンク先がすべて網羅されています。
    ここをクリック:日税連/全国の税理士会、関連団体のサイト

    【消費者に役立つ情報提供機関】
    ◆消費者に生ずる各種トラブル

    国民生活センター
    ここをクリック:国民生活センターのサイト

    消費者問題のADR(裁判外紛争解決手続)
    ここをクリック:消費者問題のADRのサイト

    消費者庁のホームページ
    ここをクリック:消費者庁の公式サイト

    被害に遭ったときの消費者ホットライン
    ここをクリック:消費者ホットラインのサイト

    消費者の生活情報が満載です
    ここをクリック:消費者生活情報あいち暮らしweb

    【その他士業団体のサイト】
    ◆不動産の鑑定ならこちら

    ここをクリック:公益財団法人日本不動産鑑定士協会連合会

    ◆不動産の権利関係登記(所有権移転登記など)ならこちら

    ここをクリック:日本司法書士会連合会

    ◆許認可申請、その他町の身近な法律家ならこちら

    ここをクリック:日本行政書士会連合会

    ◆不動産の表示登記(表題部など)や測量ならこちら

    ここをクリック:日本土地家屋調査士会連合会

    ◆労務、その他社会保険に関することなどはこちら

    ここをクリック:全国社会保険労務士会連合会

    ◆特許、知的財産権などはこちら

    ここをクリック:日本弁理士会のサイト

    ◆日本FP協会の公式サイトはこちら

    ここをクリック:日本FP協会のサイト

 


各種botの友達申請や友達登録はこちら~☆


現在、みろくが提供しています各種botは
LINEが4種、FBメッセンジャーが1つです。

ルノルマンカードは全36枚+スペシャル3枚、
オラクルカードは全44枚+スペシャル3枚、
おみくじ的に引け、今日の運勢にも使える占いbot!

ぼっとdeチェック(相続)は、質問に答えていくと、
法定相続人とその割合が調べられます。
また、豆知識がアトランダムに表示されるコーナーも!

ぼっとde健康(アロマ/東洋医学)は、
季節か体調からぴったりの精油や
東洋学的養生方法や漢方が調べられます!

是非、ご活用くださいませ♪


★★ルノルマンカードbot

友だち追加

登録できる人数
残12名さま

 

 

 


★★オラクルカードbot

友だち追加

登録できる人数
残18名さま

 


★★ぼっとdeチェック
(相続/豆知識あり)

友だち追加

登録できる人数
残47名さま


★★ぼっとde健康
(アロマ/東洋医学)

友だち追加

登録できる人数
残46名さま


★★FBのメッセンジャーbot
【ここをクリック】

こちらは、マークと数字を
自分で選ぶタイプ、
より自分の潜在意識と繋がる系です。

【ここをクリック】すると
メッセンジャーが起動しますので、

スタートボタンを押し、
順次クリック/タップして
リーディングを楽しんでください。

★★LINEbotの登録方法などの簡単な動画です☆


奥の院-過去・現在を俯瞰して、想像を超えた未来を創造する


%e5%a5%a5%e3%81%ae%e9%99%a2

老後安心駆け込み寺の「奥の院」

こちらは、老後安心駆け込み寺みろく庵の「奥の院」です。

世界で一番リアル(現実社会)に近いスピリチュアル

を語る場としていきます。%e7%8f%be%e5%ae%9f%e3%81%b8%e3%81%ae%e6%89%89%e3%80%80%e3%83%9f%e3%83%8b

何やら妙なところに
迷い込んでしまった・・・

現実社会に戻りたいあなたは、
こちらの扉からどうぞ


多くの人が抱える老後の不安、
今現在に対して抱える漠然とした不安、
その根っこは、
実はお金の問題ではない、ということが多い・・・
と私は考えています。

なぜなら、「お金は愛の方向に流れたがっている」
(by リン・ツイスト氏)

あなたが自己愛、自己肯定感で満たされていれば、
豊かさは、必ずあなたの元にやってくるはずだからです。


私には何もない・・・本当ですか?

%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af3
自分には取り立てて誇れるものは何もない・・・
たいしたものを人に与えられない・・・
そうした無力感を感じる人も多いですよね。

あなたもそう感じますか?

自分は、価値のあるものを
何も持っていない・・・と嘆く人に、

「それじぁ、あなたの目をください、幾らでも支払いますから」

「それは渡せません、私にとってお金に代えられないものです」

「じゃぁ、あなたは価値のあるものをすでに持っているんですね」

という話を読んだことがあります。

そうなんですよね・・・
あなたも、私も、お金に換算できないものを
すでに沢山持っています。

上のたとえ話でも出てきたように、
こうしてこの画面を見てくれている目もそうですね。

アロマセラピストの学科試験で
解剖生理学を学んだとき、

体のありとあらゆるパーツは、
本当に見事に連動して私たちの肉体を構成して、
動かしてくれていることに、
改めて、神秘性と感動を覚えました。

あなたの家族、友人関係、
生活の糧を得ている仕事や会社
インターネットにつながる環境、
日々の食事、交通機関etc…

ありとあらゆるものに価値があり、
値段のつけられない価値があるものに
私たちは囲まれている。
数え上げると、きりがないんですよね。

何より・・・
あなたの存在自体が、この世界を構成する
かけがえのない存在なんですよね。

なんだか・・・綺麗ごとじゃないの?
そう思いますか?
・・・確かに、そうとれるかもしれないですね?

でも、私たちは一人ひとりの存在そのものが
やっぱりギフト、私はそう思います。

あなたの人生も、私の人生も
priceless(プライスレス、お金で買えない)な
precious(プレシャス、貴重な)ものなんですよね☆

そして、何より大切なのは・・・
あなた自身が、自分自身の価値を、
自分の人生の価値、素晴らしさを認められること。

あなた以上にそれを出来る人はいないのです。

それを腑に落としていくのが、
私が2016年8月~12月に学んでいる
時空力プログラムの手法です。

自分の価値は他人への立証は不要なんです。


あなたは、家族、特に親御さんとの関係は良好ですか?

%e3%82%aa%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b81
ずっと私が疑問だった、
「なぜ私は、彼女(母)の娘として産まれたのか?」について、
掘り下げていって、
改めて気づいたことがあったんですね。

ここを訪問してくれたあなたの参考になるかもしれません。
ちょっとシェアします。

2001年1月、まだ私が30歳になる前、
母は頭を強打して、軽い高次脳機能障害になりました。
母は高知に住んでいたのですが、
母を福岡の自分の部屋に呼び寄せることにしました。

怪我してすぐの入院・退院、福岡への引越しは
叔母がすべて取り仕切ってくれたんですが・・・
叔母は、入院時のとある事実を一つ、私に隠していたんですね。

頭を強打して救急車で運ばれた母が
意識が戻って翌朝、
見舞いにきた叔母と話したときの出来事です。

母は、可愛がっていた
わんこ2匹の存在と名前は覚えていました。
妹である叔母の存在と名前も、まぁ覚えていました。
母である祖母の存在と名前も、一応覚えていました。

ふふふ、もうお分かりですね。

母曰く・・・「私。。。確か娘が居たよね?」
私の存在はかろうじて
でも名前は。。。思い出せなくて、
自分で思い出してみる、ということで
かなり時間がかかってから、思い出したんだそうです。

私の名前を忘れられていたことを私が知ったのは
もう10年以上経ったあとでだったので、

「なんだよ、それ
私ってそんな位置づけだったのかよ・・・」と
がっかり?はしたけど、

まぁ、そんな状態からよくここまでたどり着いた・・・
と有難い・・・という気持ちの方が大きかった。

でも、もし母を引き取ってすぐに
その話を聞いていたら・・・

「私の名前を忘れてるような人の面倒、
私が見なきゃいけないわけっ!?
なんで、こんな迷惑をかけられなきゃいけないっ!?
冗談じゃないっ、出てけっ」って
怒りの炎に油を注いだかもしれないですね。

少なくとも、口げんかをしたついでに
そういう言葉は出してしまったでしょうね、当時の私なら。

私と母は見た目もあまり似ていませんが、
本当に親子か?と思うぐらいに性格も生き方も違います。

私は、中学校から寮がある学校に行き、
大学以降も県外、
私が母と暮らしたのは、小学校6年生以来、
16年ぶりぐらいだったんですね。

もともと性格が違うところにもってきて、
母は記憶力がきわめて怪しくなっていて、
話のつじつまが合わない。

彼女が今よりも良くなるようにと
私がアドバイスすることも、なかなかやらない、
もともと料理が好きな人じゃないところにもってきて、
頭がすっきりしない状態だから、
作る料理もかなり美味しくない・・・

私は毎日イライライライラ・・・
堪忍袋の緒が切れて、怒鳴ることもしばしばでした。

あれから15年、
2年前から母は一人暮らししています。
パートも2つ掛け持ちできるぐらいに良くなりました。

でも、母の本質も私の本質も変わらないので、
久しぶりに会うと衝突していたんですね。

衝突といっても、私がかなり一方的に攻め立てる感じ。
ひとつ間違えると私はモラハラじゃないか?
今思うと、ですけどね。

つい先日も、
彼女の用事で、彼女に一部分やってもらう必要があって、
何度もなんども頼んでいたことがあったんですが、
のーらり、くーらり、やってくれなかった。

結局何度も頼んで、確認出来なかったから
二度手間、三度手間になったので、
久しぶりに私の怒りが爆発しました。

いっつも、このパターンの
コミュニケーションしちゃう、ここには
私が見直すべき何かがあるとは思っていて、
でもずっと変えられなかった。

そこで、彼女との関係性を
今学んでいる手法で、何度か掘り下げていきました。

改めて気づいたこと、それは、
私は彼女が理解できない、
そもそも理解するつもりがない・・・という前提があり、
彼女が理解できるような言葉で
彼女に語りかけてこなかった、ということ。

これはもちろん無意識で、です。

そして、私が彼女と親子という関係性になったのは、
理解しにくい関係性を
もっとも関係性が近いところで体験することで、
私は人を理解できる器を広げることを学ぶ、
そのためではないか?ということに思い至りました。

よく子供は親を選んで産まれてくる・・・といいますが、
それが正しいとして、
私はずっとそれが腑に落ちませんでした。

「なぜ私は彼女を母に選んだのか?」

でも、私が人とのコミュニケーションを学ぶのに、
彼女以上に適した人はいないかもしれない、
今はそう感じています。

価値観が理解しにくい相手、
言葉が伝わりにくい相手だからこそ、
深めることができる、背理のようですが、
今、私はこういう視点で彼女との関係を見ています。

この視点を持ったこれからの私の
母とのコミュニケーションが
きっと変わっていくと思います。
また、その話はこちらでシェアしたいと思います。
——————————————–

後日談です。
今日、久しぶりに母と会いました。
叔母も交えてだったんですが。

ふとした母の一言
「そうやって私を悪く言うんやね、いっつも」
彼女は常にこういう無価値感を
私や叔母の発言から植えつけられてきたのかもしれません。

これからは無価値感を植えつける要素を少なくする
コミュニケーションしていくことが課題と思っています。
——————————————–

更なる後日談です。

無価値感を植えつけるのではなく、
あなたには価値がある(当然私にも価値がある、なのですが)
という前提でのコミュニケーション・・・トライ。

私がかけてもらいたい言葉を相手にもかけてみる、
ということを意識して先週の土日、
たまたま2日連続で私のところに用があった母と
会話をしてみました。

非常に穏やかな会話の時間でしたね。

土曜日は私のところに寄った後、
天神(福岡の繁華街)で買い物をして、
祖母のところに寄ったそうですが、
非常にご機嫌だったそうです。
(母の通常コミュニケーションは、
本人は認識してないけど、かなりぶっきらぼう系)

そして、日曜日も穏やかに会話をして、
私も頼みごとをして
(彼女は洋服のちょっとした飾りつけなどが得意)
必要とされている、という事実を
受け取りやすいようにしてみました。

無価値感、無力感と裏腹の関係にある、
人の役に立てる喜び、
身近なところから広げていきたいと思ったのでした。
——————————————–

更に後日談です。
すごいですね、私が変わると人は変わる、
これをここまで体感するとは!という感じでしたね。

なんと、
2016年8~12月に参加した時空力プログラムでの学びについて
彼女と話したんですよ。
彼女も彼女なり、意味するところを理解するとは!

私が彼女は理解できない、って決めていただけだったんですね。

イライラ、他人への非難はどこからくるのか?

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc5
結論から言えば、

自分の無価値観、自己肯定感の低さから来る・・・

ということになると思います。

イライラは内側から湧いてくる感じが強いものなので、
なんとなく納得できるかもしれませんね?

でも、他人への批判、非難は、
まず他人の言動という外側からの何かありき、
という感じがするので、
何となく、自分の無価値観や自己肯定感の低さから来る・・・

というのは分かりにくいかもしれない、とも思います。

自分の無価値観、自己肯定感の低さって
実は、自分が認識できているものとは
ちょっと異なると思うんですね。

私なんて・・・とか
誰だれさんはすごいから・・・私はとてもそんな・・・
誰さんには出来るけど、私には出来ないもん・・・とか

そういう半分謙遜も混じったような、
嫉妬も混じったような、自分が認識している感情って

自分の無価値観や
自己肯定感の低さそのものではない、って気がします。

それはそうした無価値観や自己肯定感の低さを
守るために外にある鎧やバリケード的なものかな、と。

続きはcoming soon…

一般的にあなた/私が正しいときの落とし穴

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b31
これって、実に難しいですよね、
その正しさから離れるというのは。

自分も相手もどっちも正しいかもね?と思える場合、
そんなに正しさに執着ってしませんけれども。

例えば、お金を貸したのに返してくれない、
夫(or妻、父、母)が暴力を振るう(身体的/言語的)
夫(or妻)が不倫をしている
詐欺を働かれた/物を盗まれた
飲酒運転の車にひかれたetc…

どう考えても被害者と加害者がぱっきり分かれて、
加害者が悪い、一般的には、ですね。

そんなとき、加害者に対して責任をとれ!
謝れ!損害賠償をしろ!
そういうことは法的に認められています。

ただ、人としての、魂としての学び・・・という観点からは、
法的な正しさというのは、必ずしも一致しないですよね。

自分が正しい時ほど、
その正しさにしがみついていないか?
その正しさを振りかざしていないか?
振り返ることが重要です。

そうでなければ、エネルギーが滞ってしまうんです。

以前、スピ系の方がメルマガで書いていた話も印象的でした。
幼くして病気で亡くなったりするお子さんっていますよね。

そういう事態の意味は一体何なのか?という話でした。

当然、ご家族にとっては
「なぜうちの子が?」という疑問がどうしてもぬぐえません、
傷も癒されないわけです。

でも、宇宙の法則としては、
つじつまがあっているそうなんですね。

もちろん、亡くなったお子さんの魂自体の課題であったり、
その周囲の人間が許しを学ぶためであったり、
いろいろとパターンはあるそうなんですが。

どうしても許せない、どうしても納得できない、
そういう気持ちが出てくる場合、
おそらくはその執着を手放す
ということを一つの課題として持っているんだと思います。

そして、その課題を腑に落としてクリアにしない限り、
手を変え、品を変え、別の形で同じ課題を出してきます。

どこかの時点でその課題をクリアしなかったら
次に持ち越しなんですよね。

私も、鋭意自分の前提というような課題に
まずは気づいて、そしてクリアにしていっているところです。

まだ、気付いていない課題もあるでしょう。
ただ、ちょうど人生の折り返し地点において、
こういう風に心から考えられるようになったこと、
そのことも時空力プログラムに参加したことの収穫です。

満たすべきは・・・まず自分

%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af4
まずは自分のカップにコーヒーをなみなみ注ぐ・・・

注ぎきったら・・・
溢れてくる、その部分が周囲に広がっていく愛である

そういうお話を
あなたも聴いたことがあるのではないでしょうか?

そうだよね!と速攻で納得できるあなたは、
多分とっても素直・・・
だから、色々な学びを実践して
効果を出すのもとても早いと思います。

が・・・

そうかもしれないけど・・・
「けど」とか「でも」が入ったあなた、

私の類友かもしれませんね。

私もこの話を最初に聞いたときには、
頭ではそうだろうと思ったんですよ。

でも実際に実行するのが簡単じゃあるまい?と
心の声がしたもの事実。

自分で腑に落とすまで、なかなか時間が
かかるちょっと斜に構えたタイプなんですよ。

ところで、あなたは分かりますか?

なんで自分からまず満たしましょうって
言われるんでしょうかね?

その答え、自分なりに持っておくと
これから先のココロのあり方、
対人関係とかもちょっと変わるかもしれません。

こういうココロとかマインドとかの世界って
正解は必ず1つ、ではないと思うんですよね。

いや、そもそ も正解という発想が
違うのかもしれない、とも思います。

答えを求めるから苦しいんでしょうからね。人生って。
自分で創り出すものですから、
答えを探すものでは多分ないんですよね。

それで、

私が考える「先ず自分から満たしましょう」の意味って。
これはあくまで現在そう考えている、
ということだから、また変わるかもしれないのですが。

自己信頼感、自己肯定感を持っている以上に
人を信頼も肯定もできないから、かなと思います。

これって、私は母国語と外国語の話っぽいなって思いました。

それは、外国語を勉強す るときに、
母国語の力以上に外国語が伸びるということはない
母国語がベースになる、
だから、母国語のベースをしっかり作ること、

って言われますよね。それと同じ感じがします。

時空力プログラムの佐藤さんがDNAに刻まれた
人類共通の怖れと喜びの話をしていたんですよね。

これはメルマガの読者さんにもシェアさせてもらった話です。

人類のDNAに刻まれた怖れって何だと思いますか?

無価値観、無力感なんですって。

これを直視することになると
人は立っていられないほどの深い絶望感を味わうのだそうです。

だから、直視しないようにする。

直視しないようにする方法としては
「逃げる」「守る」があるというんですね。

あなたの人生で滞っている部分があるとすれば、
あなたは、どういう無力感、無価値観から
逃げているか自分を守っているか、

そこを見るようにするとだんだん自分の本音が
見えてくるって思います。

私が見えてきた本音、逃げ、守りは、
このページの「ワークをしてみて気づいた私の備忘録」
のところでシェアしていこうと思います。

内観をより深めやすいワークは
Inspire for Spireal Lifeという
私の無料コミュニティ(SPI)でシェアしてるので、
関心があるあなたは、招待希望とお知らせくださいね。

勘のよい方は、SPIで私がシェアしているワークで
大きく人生を変えられること確実です。

招待希望を知らせる

では、人類共通の喜びって何だと思いますか?

これって「人の役に立てる」なんだそうです。
無力感/無価値観と表裏の関係ですよね。

上でも書いたんですが・・・
まず自分を満たす、というのは、言葉を変えると、
自分が自分の価値を最大限認める、ということだと思うのです。

自分が自分の価値を最大限認めることができると、
認めた以降の未来への選択肢も変わるけど、
それは自分が過去の自分、過去の体験への
見方が変えられたことによるもの、なんですよね・・・

私が繋がりたい人たち、その人たちと繋がれる私

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc2
2016年10月現在の私がつながりたい人は、

・幸せにフォーカスできる人
・+αを実現できる人
・価値の循環ができる人

じゃあ、私自身は、
私がつながりたい人たちが繋がりたいような
人間でいるでしょうか?
常に意識しておきたいと思ってる点です。

11月に入って・・・
・感性に共感し合える人
・相互にインスパイアされる人
・バランスを重視している人
・ないではなく、あるにフォーカスできる人
・魂の学びに気づける、気づきたい人
そういう人たちとの間で価値を循環していきたいです。

その循環のさせ方として、
必要とする人が集まるコミュニティを作って、
私がこれまで体験してきたこと、得てきた智恵、
そういうものを、必要な人に必要なものをアレンジして、
縦横無尽に、自由自在に提供する、そういう世界です。

この世界を簡単に表現すると
「どらちゃんポッケ的コミュニティ」です(^^)

ワークをしてみて気づいた私の備忘録

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc4

プチシンクロ/集合的無意識体験

11月22日は「いい夫婦」の日でしたね。

お世話になっている超素敵ご夫婦に
プチギフトをお送りしたんですよ、
このご夫婦への感謝の気持ちは、お歳暮よりも、
やっぱり「いい夫婦の日」のギフトかなぁ、と思って。

そのお礼メールで、面白いお話を教えて頂きました☆
なんと、今年に入って購入した車のナンバー
11月22日という
「いい夫婦の日」にちなんだナンバーにされたんだそう。

これも「集合的無意識だわぁ~
なんかプチシンクロで楽しい&嬉しい☆」
と思った出来事でした(^。^)

中学校の部活での出来事についての気付き

イライラする人に対して、
「どうして私はその人に対してイライラするのか?」
みたいなことを内観していたときに、
中学校の部活の先輩後輩関係で一つ気づきがありました。

私がよくイライラしていた人というのは、
大体次のパターンに当てはまっていました。

・仕事を頑張らない人(親とか他人頼み、人生なめてる?系?)
・気が利かない人

そこで、内観の最初の方で気付いたのが、
イライラする相手は、
中学時代の部活で
私が先輩から言われていたこととの鏡ということでした。

私は小学校のとき極めて大柄で
(今も標準より大きめだけど、
モデルのように背があるわけでも、
格闘技をする人のような体格でもない)、
中学校に入ったときも、
よく年齢を偽っているとからかわれていました。

小学校のときもランドセルは身体に入らなくなり(壊れた(笑))
普通のバッグで登校していましたし、
バスに乗っても乗務員の人が「こいつ年齢詐称じゃないか?」
という目でよく見られていました。

極め付けは、私にミシンの営業をされたこと。
母親を呼んでこいということかな?と思っていたら、
真剣に私に営業をされていたのでした・・・

さて、このような小学生らしくない小学生だったので、
中学校に入ったときの私も引き続き、
中1らしくない中1だったようです。

部活では、体格もあってか
動作がのろかった(本人は自覚なし)ようで、
とあるあだなを付けられました。

本当にその呼び名が不愉快で、
正直、先輩のことが大嫌いでしたし、

自制心があってよかったと、今になっては思うけれど、
殺傷沙汰になってもおかしくないぐらいの
(いわゆる週刊誌で「少女B子」とか書かれる事件を起こしかねない)
暗く重いどす黒い感情をその人たちには抱いていました。

どうも、私はそのことをずっと引きずっていたようなんですよね。
何時からでしょうか?
そのあだ名を絶対に見返してやるというような感じで、
真逆のキャラクターになっていきました。

もちろん、社会人になって、
その真逆のキャラクター(気が利く、テキパキ子)は
実に有効で、重宝したわけですが、
パンドラの箱のような形で
私の心の奥底にしまわれていたように思います。

内観をしていて気づいたのは、私がイライラする人たちは、
当時先輩がからかっていたような私、
気が利かない、動作がのろい(うすのろ?)人、
そういう人を見ると私の奥底にしまった箱が
開きそうになるので、
私はイライラしていたんだろうな、ということでした。

過去自分が嫌いだった人や
許せない人を許すみたいなワークを続けて
今でも別にその先輩たちを
好きという気持ちにはならないですが、
なんか、その人たちのことはどうでもよくなりました。

私は部活当時の自分を許容できたんでしょうね。
その不快な、ダークな気持ちになる体験をわざわざしたのは、
その後の人生で真逆の私になるきっかけを得るため、
そんな風にも思えるようになったのでした。

しかし、それで解決しなかったんですね。
特定の人に対するイライラが・・・
それは「これこそが鏡の法則-腑に落ちたこと」
のところに続きます。

あなたは24時間○○してますか?

この話はコミュニティでご紹介したんですが、
実は二通りあるということに気付いたんですね。

その1:他人がうらやましいとき
その2:他人に不快感を持ったとき

私がこの「24時間セコムしてますか?」を実感したのは
その2の方なんですが、

その1でも同じことなので、ここで少し書いてみたいと思います。

そもそも、人をうらやましい・・・と
嫉妬の感情を持つときって
自分がそのようになりたい、とか
そうなる価値があるはずなのに叶わないって
思っているときなんですよね。

例えば、私がアカデミー賞をとった女優さんをうらやましいとか、
世界新記録を樹立したスポーツ選手をうらやましい、とは
なかなか思わないように、
現実離れしたことってうらやましい、という感情ではなく、

どっちかというと、すごいなぁとか、カッコいいなぁとか、
Wow!という感情であって、嫉妬にはなかなか至らない。

ですが、高校や大学の同級生や近所の人が、
○○した、という話の場合、同じ土俵にいたことがある人なので、
なんであっちばっかり、
私は・・・という卑屈な感情が湧きやすい、
こういうカラクリだったりします。

だから、嫉妬って本当の自分の願いに気付く、
一つのチャンスでもあったりするわけですよね。

でも、そうはいっても、他人と比較してしまうこと自体
自分を蔑ろにしている部分がある
ということを否定できないわけで。

ふと、「あ、いいなぁ・・・」
とジェラシーに近い感情をもったとき、
私が思い浮かべるのが「24時間セコムしてますか?」
ということなんですね。

ジャラシーを覚える人の生活を24時間体制ではりついて
見ているわけではない、
ということは、見えていない部分も沢山あるわけですよね。

もしかすると、
心に抱える虚しさを外に出さないように我慢している、かもしれない。
うらやましく他人が思うことが、
その人にとって結構どうでもいいことで、
本当に望むことは叶っていないのかもしれない。
etc…

分からないんですよね、
生活も24時間体制で知りえないばかりか、
心の内側など知りえない。

そんなことに自分の気持ち、エネルギーをとられるよりも、
今日の自分は昨日の自分よりも
自分が願う形に近づいているのか?みたいなことに
フォーカスすることの方がよほど生産的だったりします。

次に、その2、不快感をもったときのお話。
これは実体験で、改めてそう思ったという話なのですが。

同じ職場ではないければ、
同じフロアに引っ越してきた会社の人が
実に感じが悪かったんですよね。

まぁ、一緒に働いているわけではないので、いいようなものの、
やっぱり朝会うとなんとなく気分が悪い。

会わなければラッキーみたいな感じでした。

いっとき、その感じ悪さが軽減したかと思いきや、
パワーアップしたんですね。

それで、益々、顔を合わさなければラッキーみたいな
かなり心の狭い状況が数日続きました。

そうこうしているうちに、何やら片づけとか
荷物を搬出したりという作業が始まったんですよ。

そうなんです、退去されることが決まったんですね。
引っ越してきて、1年も経ってなかったと思います。

つまりその人にとっては職場がなくなることですから、
そりゃ、もともと笑顔ってタイプの人じゃないから
益々不機嫌な顔をしていたわけです。

そのとき私が24時間セコムの話を思い浮かべていれば、
「何かあんのかもね?」と思えたはず。

そうすれば、私も朝から、ムムムという不要なエネルギーを
とられずに済んだわけですよね。

些細なことですけども、自分の在り方を振り返るのに、
「24時間セコムしてますか?」
これは私の一つの便利なフレーズとなっています。

これこそが鏡の法則-腑に落ちたこと

同僚との関係性で気付きが深まったんですよね・・・

中学時代の先輩後輩関係の気付きで
イライラすること自体は減ったわけですが、
まだ残っていたんですね、特定の人に対して。

ブロック解放などを他の方に提供していますから、
そういうこともやってみると、しばらくはOKですが、
またイライラが頭をもたげてくる、
これは一体何なのか?ということが
ずっと分からないままでした。

その後、2016年8月から12月まで佐藤由美子さんの
時空力プログラム3期というのに参加させてもらったんですが、
その中で人間関係のワーク等、
いくつかワークをしていったんですね。

そこで、少しは解消されたのですが、まだ決定的な
解消には至らなかったのです。
ところが、思いがけないことで、
私は自分の心の謎に気付いたんですよ。

それは、人の怖れに関する話を聴いたときに気付いたことで
DNAに刻み込まれた怖れとして、
自己肯定感の欠如や無力感、無価値観がある、
見ないふりをして逃げる、また守ろうと攻撃をする、
イライラの原因がそこにあったということだったんですね。

これだけだと分かりにくいと思うのですが、
私は、ずっと自分の自分の価値を立証するように生きてきました。

これは、幼い頃の家族の仕事が人から最悪後ろ指、
そこまでいかずとも
全く尊敬を集めることがない仕事だったことによるものだと
気づいたんですよね。

ただ、これ自体、私にとってかなりショッキングでした。
というのも、私は、
家族の仕事をそういう風に感じているつもりもなく、
彼女たちが一生懸命やっていることを知っているつもりでしたから。

しかし、心の奥底では私はそこに価値を見出せておらず、
結果、私ががんばることでしか生きている価値を証明できない、
そんな感じの刷り込みをしてしまっていた、
それは間違いないことだったんですよね、振り返ってみると。

一方、私がイライラする人というのは
仕事どうでもいい系とか、
大人になっても親のすねかじり系の人。

その人の無力感、無価値観を見ないようにする、
または守る、逃げるの行動としては、

お金にゆとりがある(同じ条件の人と比較して)、
少ない労働時間にしても生活ができる、
仕事であくせくしない、
趣味に時間もお金も避けているetc….
ということなわけですよね。

具体的に外に現れている行動が全く違うので、
同じ根っこから派生しているものとは思っていなかったんですね。

そして、その行動を見せられる度に、
無意識下で、私は自分の無力感、無価値観を追体験というか、
感じさせられていた、だからイライラしていたんだな、
そう気づいたんですね。

それからは、以前は目にするとイライラのもとであった
あくせくしなーい、仕事はぼちぼちでいい、
どうやってさぼるかを考える~みたいな行動を目にしても
あぁ、その根っこの行動をしてるんだね、また、と思うだけで
イライラしなくなったんですよ、実に不思議なことですが。

私が今回の肉体をもって生まれた理由(わけ)

続きは、coming soon